小渕国際交流基金フェローシップ成果総括シンポジウム

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、沖縄県及び(財)沖縄県国際交流人材育成財団の協力のもと、沖縄において、「小渕国際交流基金フェローシップ成果総括シンポジウム」を開催します。

「小渕国際交流基金フェローシップ」プログラムは、小渕沖縄教育研究プログラムの1つとして2000年に創設されました。県内の教育研究機関、行政、メディア、経済団体、NGO等で活動する研究者・実務家・専門家を対象に、米国ハワイ州に所在する国際教育研究機関「東西センター(East West Center)」を受入先とする研究奨学金を支給し、幅広い分野の研究を行なう事業です。シンポジウムでは、フェローOBが活動について報告を行ない、プログラムの成果を概観するとともに、沖縄にとって、ひいては日米関係の発展にどのような成果がもたらされたのか、また、今後の沖縄にとっての意味や沖縄から世界へ向けた発信についても有識者と共に議論します。

概要
日時 2009年11月20日 金曜日 15時から17時
会場 ロワジールホテル&スパタワー那覇(沖縄県那覇市西3-2-1) 会場「てぃーだ」 アクセス
テーマ
  • 「小渕国際交流基金フェローシップ成果総括シンポジウム」
  • 第一部 『フェローの体験~東西センターにおける研究・滞在を通して』
  • 第二部 『フェローの経験を沖縄に活かし世界に向けて発信するためには』
協力 沖縄県
財団法人沖縄県国際交流人材育成財団
主要参加者
  • 尚弘子(琉球大学名誉教授)
  • 山里勝己(琉球大学教授)
  • ロバート・エルドリッヂ(元大阪大学大学院国際公共政策研究科准教授 )
  • 沖縄県内教育機関・自治体・マスコミ等所属のフェローOB
  • 小川忠(ジャパンファウンデーション日本研究・知的交流部部長)
言語 日本語
参加費 入場無料
お申し込み方法 ※沖縄県那覇市で開催されるイベントです。
ご参加希望の方は、タイトルを「小渕フェローシップ成果総括シンポジウム参加希望」として、氏名、住所、職業、所属、電話番号 Fax番号を明記の上、メール(E-mail)またはFax(03-5369-6041)でお申し込みください。
定員(100名)となり次第締め切りとさせていただきます。
お問い合わせ 国際交流基金(ジャパンファウンデーション) 日本研究・知的交流部 米州チーム
小渕シンポジウム担当: 武田 E-mail
電話: 03-5369-6069 / ファックス: 03-5369-6041

このシンポジウムは、ジャパンファウンデーションの知的交流支援の一環として行なわれます。

ページトップへ戻る