シンポジウム 「新しいMuseology(美術館・博物館学)―文化遺産と現代文化の融合を求めて」

チラシ画像
「新しいMuseology(美術館・博物館学)―文化遺産と
現代文化の融合を求めて」チラシ 【PDF: 264KB】
*クリックするとPDFファイルが
開きます

英国の大英博物館(British Museum)で昨年開催された『縄文土偶展』では、人気漫画家星野之宣氏の原画展を併設し、氏の作品キャラクターで世界中の文化遺産の謎に迫る『宗像教授』を大英博物館に登場させるなど、アニメ・マンガブームに沸くヨーロッパの若者の関心を集める工夫を随所に凝らすことで、大成功を収めました。現代文化を活用して効果的に文化遺産を紹介した事例を、「仕掛け人」であるセインズベリー日本藝術研究所がご案内します。
また、日本国内からも、文化遺産を活用した「まちおこし」を進める青森県立美術館の事例をご紹介し、美術館・博物館における展示手法のイノベーション、文化遺産と現代文化の融合について考えます。美術館・博物館の社会的に果たすべき役割はなにか、Museology(美術館・博物館学)はこれから何処へ向かおうとしているのか、日英の専門家が議論します。

概要
日時 2010年9月13日 月曜日 13時 から 16時
会場 会場:アキバホール
〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフト秋葉原ビル5階
JR秋葉原駅より徒歩2分、東京メトロ秋葉原駅より徒歩3分
主催 国際交流基金(ジャパンファウンデーション)、セインズベリー日本藝術研究所(英国)
後援 東京国立博物館、ブリティッシュ・カウンシル
参加費 無料
パネリスト ジョン マック(イーストアングリア大学世界芸術学及び博物館学部長、大英博物館顧問)
ニコル ルーマニエール(セインズベリー日本藝術研究所所長)
星野 之宣(漫画家、『宗像教授異考録』作者)
塩田 純一(青森県立美術館 美術統括監)
松田 陽(セインズベリー日本藝術研究所研究員(博士))
お申し込み方法 件名を「9/13シンポジウム参加希望」として、(1)お名前、(2)ご所属、(3)ご連絡先(電話番号、FAX又はメールアドレス)を明記の上、Eメール(E-mail)またはFAX(03-5369-6041)でお申し込みください。
お申し込みは2010年9月9日 木曜日まで受け付けますが、定員180名と席数に限りがあるため、先着順とさせて頂きますので、お早めにお申し込み頂ければ幸いです。

お問い合わせ先

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
日本研究・知的交流部 欧州・中東・アフリカチーム
Tel: 03-5369-6071 / Fax: 03-5369-6041

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

ページトップへ戻る