国際シンポジウム ソーシャル・ファームを中心とした日本と欧州の連携

概要
日時 2011年1月30日 日曜日 10時 から 16時30分
会場 全国社会福祉協議会・灘尾ホール
千代田区霞が関3丁目3番2号 アクセス
主催 国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
協力 財団法人 日本障害者リハビリテーション協会

趣旨

情報通信技術の発展、バリアフリーの進展、障害者権利条約の発効など、障害のある人々の社会参加のための環境が整備されつつあり、これまでの障害者福祉の領域を超えた新しい障害者の雇用形態としてソーシャル・ファームが注目されている。ソーシャル・ファームとは、社会的企業の一つであり、障害者など就業に不利のある人々の雇用を目的としながらも、一般の市場で活動する企業である。ソーシャル・ファームは、世界的に広がりをみせており、わが国においても、ソーシャル・ファーム・ジャパンが設立され、障害者の雇用に対する新しい取り組みがはじまっている。
本セミナーでは、欧州の専門家を招聘し、各国での経験と日本国内のフィールド調査をもとに、ソーシャル・ファーム発展のための具体的な方策と今後の日欧の連携の可能性について、日本の専門家とともに検討する。

【基調講演】「日本のソーシャル・ファームの発展にむけて」

炭谷茂
社会福祉法人 恩賜財団済生会理事長、ソーシャルファームジャパン理事長 厚生省社会・援護局長、環境省官房長等、環境事務次官を経て現職。国家公務員在職中から障害者、 ホームレス、引きこもりの若者、刑余者などへの就労支援、貧困地域のまちづくりなど社会貢献活動に従事。社会的にハンディを持った方々の働く場のひとつとして、日本におけるソーシャル・ファームの展開を提唱。2008年12月、ソーシャルファームジャパンを立ち上げる。

海外パネリスト

国内パネリスト

大山泰弘 (日本理化学工業株式会社 会長)
寺島彰 (浦和大学こども学部 教授)
宮嶋望 (農事組合法人共働学舎新得農場代表 NPO共働学舎副理事長)
上野容子 (東京家政大学人文学部教育福祉学科学科長・教授)

総合ファシリテーター

参加申し込み方法
定員 200名(定員になり次第締切)
情報保障 日英同時通訳、要約筆記付き。手話通訳・点字資料・磁気ループが必要な方は お申込みの際にご記入ください。
参加対象者 障害者福祉・高齢者福祉関係者、当事者、一般の方々
参加費 無料
申込締め切り 平成23年1月25日
申込方法 eメールまたはファックスにて、お名前 / ご所属 / 連絡先を明記の上、 下記にご連絡ください。
URL
参加申込先 財団法人日本障害者リハビリテーション協会 担当:有田・野村
〒160-0052東京都新宿区戸山1丁目22番1号
電話: 03-5273-0796 ファックス: 03-5273-0615
eメール: dinf-j@dinf.ne.jp

申込用紙 【Word:25KB】

ページトップへ戻る