日独シンポジウム 「東日本大震災と新旧メディアの役割 〜日独における地震報道に関する比較の視座」

3月11日に発生した東日本大震災は、地震・津波被害の甚大さに加え、原子力発電所事故も併発し、未曾有の大震災である。短期的には地震津波警報が市民の安全に直接の影響を与え、また安否確認にテレビや電話などの既存メディアに加え、携帯電話やインターネットを利用した災害伝言板など新たなツールが使用される局面もあった。その後、募金の呼びかけや放射能情報がツイッターやフェイスブックで大きなうねりとなって人々を動かすなど、情報伝達は新しい局面を見せた。さらに、海外と日本では報道ぶりの違いがあった。本シンポジウムは、各種メディアが災害時に果たした役割、また現在果たしている役割を検証し、海外と日本での報道の差異を概観した上で、今後、情報の送り手と受け手にはどのような課題があるかを日欧の実務家、専門家が議論し今後の展望を探るものである。

概要
日時 2011年7月7日(木)9時~18時
場所
使用言語 日本語・ドイツ語(同時通訳)
共催 国際交流基金、ベルリン日独センター
参加者 80名程度
プログラム(予定) セッション1:基調講演、メディアの役割と日独における現状
セッション2:情報伝達とコミュニケーションのための各種メディアの役割
セッション3:日本、ドイツ、および各国での災害報道の国際比較
まとめ・ディスカッション:メディアの役割と責任
パネリスト 今井義典 (立命館大学客員教授、元NHK副会長)
津田大介 (メディアジャーナリスト)
沢村亙  (朝日新聞社ヨーロッパ総局長)
三好範英 (読売新聞ベルリン支局)
イルメラ・日地谷=キルシュネライト(ベルリン自由大学、日本研究者)
Prof. Dr. Alexander GÖRKE(ベルリン自由大学)
Matthias NAß (Die Zeit)  ほか
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

[お問い合わせ]

ページトップへ戻る