「多文化共生都市セミナー 2011年東京の多文化共生を考える 〜ヨーロッパの『インターカルチュラル・シティ』を参考に〜」報告

この度の東日本大震災では日本人だけでなく、多数の外国人の方々も被災されました。その中には、旅行者だけでなく、長くこの国に住まわれていた方もいらっしゃいました。我々が「がんばろう日本」と言う時、こういった方々の日本への思い、地域への思いも充分汲み取ったものであることを願ってやみません。

国際交流基金では、今後の日本社会のあり方を考えるひとつの視点として、「インターカルチュラル・シティ」(多文化共生都市)」を取り上げ、欧州の都市が多様な文化をいかにまちの活性化に役立ててきたか学ぶと共に、日本各地に存在する「多文化共生」の実例を海外に発信して参りました。今後、この国のあらたな「かたち」を考える上で、忘れてはならない視点と考えています。 以下はその一環として実施した事業とセミナーの報告です。

「多文化共生都市セミナー 2011年東京の多文化共生を考える ~ヨーロッパの『インターカルチュラル・シティ』を参考に~」の写真

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

ページトップへ戻る