講演会 - ウズベキスタン国立歴史博物館副館長による文化財保護最新事情解説− 「ウズベキスタンの文化財保護事情-ウズベキスタン国立歴史博物館の活動及び日本との共同事業を中心に-」

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、国際交流基金知的交流フェローとして来日中のウズベキスタン国立博物館副館長アリプトジャノフ・オタベック氏の講演会を開催します。ウズベキスタンの文化財保護の最新事情をご紹介するとともに、国際交流基金が今年9月にウズベキスタンにて実施した文化遺産保存修復実習 【PDF:97KB】など日本との共同作業を通じた人材育成について語ります。

概要
講師 アリプトジャノフ・オタベック氏 (ウズベキスタン国立歴史博物館副館長)
日時 2011年11月26日土曜日15時から16時30分
会場 サンシャインシティ文化会館7階会議室710室
東京都豊島区東池袋3-1-4
(古代オリエント博物館と同じ7階。エレベーターを降りて右側)
使用言語 ロシア語(日本語通訳付)
共催 古代オリエント博物館
料金 無料(博物館に入館される方は博物館入館料が必要です)
対象 どなたでも

アリプトジャノフ・オタベック氏の写真

【アリプトジャノフ・オタベック氏】

ウズベキスタン国立歴史博物館副館長。
国立ウズベキスタン大学、ウズベキスタン科学アカデミー歴史学研究所にて中央アジア考古学を専攻。同博物館修復部長を経て2009年より現職。現在、奈良文化財研究所にて「象牙、骨、角等の修復基礎技術」の研究を行っている。

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

[お問い合わせ]

国際交流基金 日本研究・知的交流部
欧州・中東・アフリカチーム
高口 真法 E-mail
Tel:03-5369-6071  Fax:03-5369-6041

ページトップへ戻る