平成23年度日印交流事業:公開シンポジウム(1) 「アジア・ルネサンス−渋沢栄一、J・N・タタ、岡倉天心、タゴールに学ぶ 」

概要
日時 2011年12月5日月曜日 15時 から 18時
会場 国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール アクセス
会費 無料(要予約)
用語 日本語・英語(同時通訳あり)
主催 国際交流基金、国際文化会館
申し込み 106-0032 東京都港区六本木5-11-16
財団法人 国際文化会館 企画部内
Tel: 03-3470-3211 Fax: 03-3470-3170

19世紀末から20世紀初頭にかけ、日本とインドの間では、アジアを舞台に、現在では想像もつかないような壮大な交流が行われていました。「グローバリゼーション」という言葉が生まれる100年以上も前に、タゴールや岡倉天心は、アジアが「グローバル」な存在であることを大前提に交流を深め、タタ・グループの初代会長であるJ・N・タタや渋沢栄一は、欧州勢が独占する海上貿易にアジアから風穴をあけるべく、手を携えました。こうした先人たちの偉大な夢とビジョンを振り返りながら、日本とインドが軸となって、いかにグローバリゼーションの中心の一つであるアジアを創造していくかを考えます。

パネリスト

梶 正彦 (タタ コンサルタンシー サービシズ ジャパン代表取締役社長)

梶 正彦氏 (タタ コンサルタンシー サービシズ ジャパン代表取締役社長)の写真

1947年生まれ。上智大学理工学部、同経済学部を卒業。シティ銀行東京支店、アブダビ国立銀行、オーストラリア・ニュージーランド銀行を経て、1998年、ASBインターナショナル(プラスチック製品・金型製造メーカー、日精エー・エス・ビー機械株式会社のインド現地法人)社長。2001年10月タタ コンサルタンシーサービシズ日本総支配人に就任し、04年1月より現職。現在、India International School in Japan理事、在日インド商工会議所理事などを務める。ヒマラヤ遠征を6回行うなど、アルピニストとしても知られる。

ブリジ・タンカ(デリー大学東アジア学部教授、龍谷大学客員教授)

ブリジ・タンカ氏 (デリー大学東アジア学部教授、龍谷大学客員教授)の写真

専門は日本近代史。主な著書に、Narratives of Asia: From India, Japan and Asia (共著, Sampark, 2005) 、Kita Ikki and the Making of Modern Japan: A Vision of Empire (Global Oriental, 2006)など。早稲田大学、一橋大学などで客員教授を務め、2011年10月より龍谷大学客員教授(~2012年2月)。

ジョーティルマヤ・シャルマー(ハイデラバード大学教授)

ジョーティルマヤ・シャルマー (ハイデラバード大学教授)氏の写真

発展途上社会開発センターおよびインド高等研究機関の研究員、ハイデルベルクのルプレヒト・カール大学南アジア研究所にて民主主義思想の客員教授などを歴任。Times of India紙やThe Hindu紙のシニア編集担当者を務めた経験もあり、現在もコラムニストとして複数の新聞や学会誌に寄稿。2008年度アジア・リーダーシップ・フェロー・プログラム(ALFP;国際文化会館、国際交流基金共催)フェロー。

渋沢 雅英(公益財団法人渋沢栄一記念財団 理事長)

渋沢 雅英氏 (公益財団法人渋沢栄一記念財団 理事長)の写真

東京大学農学部卒業。現在、財団法人MRAハウス代表理事(1964年~)、日本外国語研究所(Language Institute of Japan)代表理事(1968年~)、イースト・ウェスト・セミナー代表理事(1970年~)、日米欧委員会委員(1970年~)を務める。1997年より現職。1994年から2003年まで学校法人東京女学館理事長・館長を務めたほか、英国王立国際問題研究所客員教授、アラスカ大学国際経営センター客員教授、ポートランド州立大学経営学部客員教授なども歴任。主な著書に、『父・渋沢敬三』(実業の日本社、1966年)、『太平洋に架ける橋――渋沢栄一の業績』(読売新聞社、1970年)、『太平洋アジア――危険と希望』(サイマル出版会、1991年)などがある。

モデレーター

ウルワシ・ブタリア(Zubaan Books代表)

ウルワシ・ブタリア氏 (Zubaan Books代表)の写真

1973年デリー大学で文学修士号取得。ジェンダー研究の領域では国内のみならず国際的にも高い評価を受けている。アジアで初めてのフェミニズム系出版社『女たちのカーリー』を創設。インドの性差別問題及び宗派間対立などのテーマに関しての鋭い社会批評でも知られ、女性の視点からインド現代史の再評価を行った『沈黙の向こう側』はベストセラーとなった。2003年からは、『女たちのカーリー』から発展したZubaan Booksの代表を務める。2003年、第8回日経アジア賞(文化部門)、2010年、インドの文化功労章にあたるPadma Shri を受章。2000年度アジア・リーダーシップ・フェロー・プログラム(ALFP;国際文化会館、国際交流基金共催)フェロー。

竹中 千春(立教大学教授)

竹中 千春氏(立教大学教授)の写真

東京大学法学部卒業。東京大学法学部助手(1979-1983年)、東京大学東洋文化研究所助手(1984-1989年)、立教大学法学部助手(1990-1992年)、明治学院大学国際学部助教授(1992-2000年)、教授(2000-2008年)を経て、現在、立教大学法学部教授。専門はインド政治、国際政治史。

ページトップへ戻る