ジャーナリスト・嶌信彦講演会「第3の国難に立ち向かう日本」 〜日本・ウズベキスタン外交関係樹立二十周年記念

日本ウズベキスタン外交関係樹立20周年ロゴ

国際交流基金 (ジャパンファウンデーション) は、在ウズベキスタン日本国大使館と共催で、嶌信彦氏 (日本ウズベキスタン協会会長、ジャーナリスト) を講師に、東日本大震災後の日本社会がどこに向かうのかをテーマとした講演「第3の国難に立ち向かう日本」を、タシケント (11月24日) 、サマルカンド (11月26日) でそれぞれ開催いたします。

長期に及ぶ不況や、少子高齢化などの課題が山積する中で起きた2011年3月の東日本大震災から立ち直ろうとしている現代日本を、江戸時代末期の近代国家建設、第二次世界大戦後の混乱期になぞらえ、国難を乗り越える可能性について論じるとともに、ウズベキスタンの方々と意見交換を行います。

「をちこちMagazine」に嶌信彦氏による寄稿を掲載しました。
伝えたかった国難に向かう覚悟~嶌信彦、ウズベキスタンで講演 をちこち

サマルカンド

概要
日時 2012年11月24日 (土) 14時
場所 サマルカンド国立外国語大学講堂 (93 Bustonsaroi street, Samarqand)
主催 国際交流基金、在ウズベキスタン日本国大使館
協力 サマルカンド国立外国語大学
備考 講演は日本語で行われます (ウズベク語通訳あり) 。

タシケント

概要
日時 2012年11月26日 (月) 15時30分
会場 国際ビジネスセンター9階 コーカンド・ホール
(International Business Center, 107-B, Amir Temur Street, Tashkent)
主催 国際交流基金、在ウズベキスタン日本国大使館、ウズベキスタン・日本人材開発センター
備考 講演は日本語で行われます (ロシア語通訳あり) 。
申込方法 入場無料、要事前申込
ウズベキスタン日本人材開発センター宛にお申込ください。
(お名前と連絡先となる電話番号をお伺いします。)
Tel: +998-71-120-7394/95

嶌 信彦 (しま のぶひこ)

1967年から毎日新聞記者として経済分野を中心に取材、ワシントン特派員を経て87年退社。その後、コメンテーターとしてTBSテレビに出演するなど、フリージャーナリストとして活躍する傍ら、98年に日本ウズベキスタン協会を設立、会長となり、留学生支援や文化行事の開催を通じて日本とウズベキスタンの友好促進に貢献している。

嶌 信彦

お問い合わせ

独立行政法人 国際交流基金
日本研究・知的交流部 欧州・中東・アフリカチーム
担当:高口
電話:03-5369-6071

ページトップへ戻る