平成25年度日印交流事業:講演会 「岐路に立つインド―インド政治・経済の潮目を読む」 プラタープ・バーヌ・メータ(政策研究センター所長)

プラタープ・バーヌ・メータ ※定員に達したため申し込みを終了いたしました

2014年春に予定されているインド連邦会議下院の総選挙まで半年を切り、予測不可能な混戦が続く中、インド政治の行方に世界が注目しています。本講演では、インド屈指のシンクタンク所長であり、メディアでの論考も多いメータ氏に、2期10年間に及んだ、マンモハン・シン首相率いるインド国民会議派政権の総括をしていただくと同時に、来る総選挙に対する見解と、それが意味するものについてお話しいただきます。また、岐路に立つインド政治が、今後同国の外交や経済に与える影響について、日本との関連にも触れながら、現在のインドの立ち位置について巨視的な観点からお話しいただきます。

「をちこちMagazine」に、講演会をまとめた記事を掲載しました。

開催概要

日時 2014年1月16日(木曜日)18時30分
会場 国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール アクセス
会費 無料(要予約)
用語 英語/日本語(同時通訳付き)
共催 国際交流基金、国際文化会館
申し込み ※定員に達したため申し込みを終了いたしました
プラタープ・バーヌ・メータ

インドで最も権威のあるシンクタンクの一つ、政策研究センターの所長。研究分野は政治理論、憲法、インドの社会政治、ガバナンス、政治経済学、国際情勢など。これまでハーバード大学やニューヨーク大学の客員教授を務めたほか、インド国家安全諮問委員や世界経済フォーラムの委員も務める。インディアン・エクスプレス紙の客員論説委員としても活躍し、氏の論説は、フィナンシャル・タイムズやテレグラフ、ザ・ヒンドゥー、アウトルックなどの各紙で国内外を問わず取り上げられている。2011年にはインフォシス社会学・政治学賞を受賞。

[お問い合わせ]

国際交流基金 日本研究・知的交流部
アジア・大洋州チーム
電話:03-5369-6070 ファックス:03-5369-6041

ページトップへ戻る