JF便り(過去の事業紹介)

日本研究・知的交流編
2012年5月 爆弾テロ事件をめぐる「監獄」と「楽園をちこち
2012年4月 忘れられない調査出張~東日本大震災復興と地球市民賞 をちこち
2011年11月 北京日本学研究センター訪日研究中間報告会 をちこち
2011年9月 多様な文化の中で、わたしのコミュニティは - 『絆』プロジェクト をちこち
2011年9月 平和のために文化・芸術に何ができるか?~文化・芸術と学術の協働を模索する試み~ をちこち
2011年8月 アルザス日欧知的交流事業 / 日本研究セミナー「江戸」論文集発刊のおしらせ をちこち
2011年8月 アメリカから日本の子供たちへ 米国若手ジャーナリストが届ける『元気メール』 をちこち
2011年7月 日本人は必要以上を求めすぎる贅沢病? をちこち
2011年6月 米国NPOで経験を積んだゲストをお招きして in 広島 をちこち
2011年5月 アチェ こども演劇ワークショップのくれた力 をちこち
2011年4月 NIPPONって何語を話すの?」アメリカでの草の根交流大使 をちこち
2011年4月 「気候変動」で結束したアジアの15人 をちこち
2011年2月 「ロボットは友達」か?:シンポジウムで日独比較 をちこち
2011年1月 アジアに飛び出す日本の社会起業家たち
「東アジア地域社会起業家国際シンポジウム」への社会起業家派遣事業 をちこち
2010年12月 調和的社会実現に向けた日本の取り組みを発信
ロシア・ウズベキスタンでユニバーサルファッションを紹介 をちこち
2010年10月 東アジア市民としての挑戦―日中韓次世代リーダーフォーラム2010― をちこち
21号(2010年7月) アルザス日欧知的交流事業 / 日本研究セミナー「江戸」論文集発刊のおしらせ
20号(2010年6月) 国際交流基金・欧州評議会主催「インターカルチュラル・シティと多文化共生」開催報告
19号(2010年5月) ジョン・ホールデン講演会
「国境を越える文化の価値-ひとりひとりが造る「文化外交」-」開催報告
18号(2010年5月) 『日亜交流シンポジウム』グローバリゼーションと文化的アイデンティティ
~日本・アルゼンチン交流から考える~
17号(2010年3月) 国際シンポジウム『文化と環境』から日本の国際的役割を考える
地球社会の未来のために ~文化に根ざした地球環境への取組を探る~
16号(2009年12月) 国際シンポジウム 「未来の子ども、子どもの未来:
経済危機下の子どもをめぐる政策と、市民社会の役割」開催報告
15号(2009年11月) 公開シンポジウム「世界日本研究者フォーラム ~変わりゆく日本研究:世界の現場からの報告~」開催報告
14号(2009年10月) アルザス日欧知的交流事業・日本研究セミナー「明治」開催報告
13号(2009年6月) シンポジウム 「社会的企業が拓く日韓の新たな出会い」開催報告
12号(2009年6月) 国際シンポジウム
「平和のための文化イニシャティブの役割~日独からの提言~」 開催報告
11号(2009年4月) 国際シンポジウム
「人の移動と文化的アイデンティティ~日独社会への示唆~」 開催報告
10号(2008年5月) 平成19年度日韓交流事業
「日韓両国の高齢者福祉 ~ 映画『折り梅』をめぐる対話~」
9号(2006年12月) 「アジア文化フォーラム京都2006」開催報告
8号(2006年11月) アジア・ヨーロッパ対話「民主主義の諸相―その前提、発展過程と現代の課題」
7号(2006年10月) 日豪マリン・フォーラム
6号(2006年9月) メキシコとの対話(日墨文化サミット)
5号(2006年8月) アルザス会議
4号(2006年7月) 知的交流
3号(2006年6月) アジアのパブリック・インテレクチャル、アメリカと対決
2号(2006年5月) 春樹文学は日本?
1号(2006年4月) 日本アセアン・フォーラム―東アジア共同体形成のためのパートナーシップ

ページトップへ戻る