KAKEHASHIプロジェクト / 千葉市立稲毛高等学校(千葉県)

2014年1月実施の派遣事業

第3陣・高校生・高専生
千葉市立稲毛高等学校(千葉県)

日程:2014年1月12日~1月25日
地方訪問先:ドクター・フィリップス高校(フロリダ州)
参加人数:25名

プログラム記録写真

東京オリエンテーション(プレゼンテーション練習) の写真
東京オリエンテーション
(プレゼンテーション練習)

ラ・ブレア・タール・ピッツ・ペイジ博物館 (米国の歴史・文化理解) の写真
ラ・ブレア・タール・ピッツ・ペイジ博物館
(米国の歴史・文化理解)

国際交流基金ロサンゼルス日本文化センター訪問 の写真
国際交流基金ロサンゼルス
日本文化センター訪問

サンタモニカでの夕食の写真
サンタモニカでの夕食

米国オリエンテーション(プレゼンテーション練習) の写真
米国オリエンテーション
(プレゼンテーション練習)

ロングビーチ・ポリテクニック高校学校交流の写真
ロングビーチ・ポリテクニック高校
学校交流

ヒューストン宇宙センター(米国の最先端技術・産業理解)の写真
ヒューストン宇宙センター
(米国の最先端技術・産業理解)

ライス大学でのコミュニティイベント(プレゼンテーション) の写真
ライス大学でのコミュニティイベント
(プレゼンテーション)

ヒューストンでの夕食 の写真
ヒューストンでの夕食

ホストファミリーと対面 の写真
ホストファミリーと対面

ドクター・フィリップス高校 学校交流(授業参加) の写真
ドクター・フィリップス高校 学校交流
(授業参加)

成田空港到着 帰国の写真
成田空港到着 帰国

ピックアップ プログラム参加者の声

1. 今回の米国での日本の魅力発信を通じて、もっとも印象に残ったこと

  • プレゼンテーションのグループの友達との交流を深めることもでき、他の参加校の学生とも意見交換ができて良かったです。また、ホストファミリーや現地校の学生が、日本にとても興味を持ってくれて嬉しかったです。プレゼンテーションをやるたびに実力がついていることが実感できました。
  • アメリカの高校のライフスタイルを実際に体験でき、日本の高校生活との違いを沢山発見できて、とても良かったです。プレゼンテーションを通じて、伝えることの楽しさを学べました。交流を通じては英語が余り上手く話せなくても、まず話しかけてみて伝えようとすることが大事であると学びました。

2. 帰国後、地域や学校等で伝えていきたいことについて

  • 他国の文化に触れたり、外国人と交流することは、自身の見解を広げたり、語学力の向上においてとても重要であると感じたことを伝えていきたいです。
  • 米国の色々な人にプレゼンテーションを通じて、日本の魅力や素晴らしさ、「クールジャパン」について伝えることができ、またプレゼンテーションの練習や発表をしていくなかで自分たち自身が成長できたということについても伝えていきたいです。

3 . 参加者の感想(自由記述)

  • 日本の魅力を伝えるために沢山プレゼンテーションの練習をし、発表する機会を多く頂くことができ、自分自身がとても成長することができました。また、現地の高校生や大学生、大人の方々と交流することができて本当に良かったですし、とても充実した12日間となりました。今後もこの経験を活かしていきたいと思います。
  • とても内容の濃いプログラムで、アメリカの文化を多く体験することができ、忘れられない滞在となりました。高校生の時にアメリカに行けたことは、一生の思い出となる貴重な体験だったと思います。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール : infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る