KAKEHASHIプロジェクト / 神戸市立工業高等専門学校(兵庫県)

2014年1月実施の派遣事業

第3陣・高校生・高専生
神戸市立工業高等専門学校(兵庫県)

日程:2014年1月12日~1月25日
地方訪問先:ロビンズデール・アームストロング高校(ミネソタ州)
参加人数:25名

プログラム記録写真

東京オリエンテーション(プレゼンテーション練習) の写真
東京オリエンテーション
(プレゼンテーション練習)

国際交流基金ロサンゼルス日本文化センター訪問 の写真
国際交流基金ロサンゼルス
日本文化センター訪問

ラ・ブレア・タール・ピッツ・ペイジ博物館 (米国の歴史・文化理解) の写真
ラ・ブレア・タール・ピッツ・ペイジ博物館
(米国の歴史・文化理解)

米国オリエンテーション(英語レッスン) の写真
米国オリエンテーション
(英語レッスン)

南カリフォルニア大学 学校交流 (プレゼンテーション) の写真
南カリフォルニア大学 学校交流
(プレゼンテーション)

全米日系人博物館でのレセプションの写真
全米日系人博物館でのレセプション

ロバートフロスト中学校 学校交流 (プレゼンテーション) の写真
ロバートフロスト中学校 学校交流
(プレゼンテーション)

ロバートフロスト中学校 学校交流 の写真
ロバートフロスト中学校
学校交流

ヒューストン宇宙センター(米国の最先端技術・産業理解) の写真
ヒューストン宇宙センター
(米国の最先端技術・産業理解)

ライス大学でのコミュニティイベント(プレゼンテーション) の写真
ライス大学でのコミュニティイベント
(プレゼンテーション)

ホストファミリーと対面の写真
ホストファミリーと対面

ロビンズデール・アームストロング高校 学校交流 の写真
ロビンズデール・アームストロング高校
学校交流

成田空港到着 帰国 の写真
 成田空港到着 帰国 

ピックアップ プログラム参加者の声

1. 今回の米国での日本の魅力発信を通じて、もっとも印象に残ったこと

  • プレゼンテーションを発表し、日本について知りたいという姿を見ることができて嬉しかったですし、自分も同じように外国について知らなければと感じました。難しい表現も使わず、分かりやすいプレゼンテーションを心掛けて、全部自分達で制作をして発表するという貴重な体験ができました。
  • 日本の文化やアニメは海外でも評価されていると思いました。アニメに限らず、今自分が学校で学んでいる技術や日本の良いところをもっと海外の人に知って欲しいと思いました。そのためにしっかりと今勉強をし、日本のことをもっと知り、それを表現するだけの英語力が必要だと思いました。

2. 帰国後、地域や学校等で伝えていきたいことについて

  • アメリカ人の親しみやすく社交的な性格などアメリカの素晴らしさと、日本人の優しさやおもてなしの心などを改めて感じ、日本の素晴らしさを伝えたいです。
  • いかに米国の学生たちが勉強や部活動に熱心に取り組んでいるのか伝えたいと思います。日本の学校に比べて米国の学校は勉強の科目が多く、何よりも授業に取り組む姿勢が全く異なると感じました。米国の生徒は貪欲に知識を吸収しようとし、真剣に先生の話を聞き、自分が納得いくまで手を挙げて先生に聞く姿勢は、これからを担う私たちには必ず必要なものであると思いました。

3 . 参加者の感想(自由記述)

  • ホストファミリーに親切にしていただき、人と人との繋がりに感謝することがとても多かったです。帰国後は、普段から家族や先輩や友達、多くの人に見えないところで支えられているということに気づきました。今までお世話になった全ての方に感謝して、この経験を活かし、人との架け橋を作っていきたいです。
  • プレゼンテーションの練習や本番の緊張、言葉の壁や食べ物など大変なことも多かったですが、全て良い経験になりました。このKAKEHASHIプロジェクトに関わって下さった全ての人に、感謝の気持ちで一杯です。今後もっと英語を勉強し、グローバルに活躍できるような人間になり、日本だけでなく世界に貢献したいです。

関連リンク

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール : infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る