KAKEHASHIプロジェクト / 秋田県立大館鳳鳴高等学校(秋田県)

2014年1月実施の派遣事業

第3陣・高校生・高専生
秋田県立大館鳳鳴高等学校(秋田県)

日程:2014年1月12日~1月25日
地方訪問先:ランパート高校(コロラド州)
参加人数:25名

プログラム記録写真

東京オリエンテーションの写真
東京オリエンテーション

ロサンゼルス国際空港到着の写真
ロサンゼルス国際空港到着

国際交流基金ロサンゼルス日本文化センター訪問 の写真
国際交流基金ロサンゼルス
日本文化センター訪問

ラ・ブレア・タール・ピッツ・ペイジ博物館 (米国の歴史・文化理解) の写真
ラ・ブレア・タール・ピッツ・ペイジ博物館
(米国の歴史・文化理解)

米国オリエンテーション(プレゼンテーション練習) の写真
米国オリエンテーション
(プレゼンテーション練習)

Los Angeles Center For Enriched Studies学校交流(両校の合唱披露) の写真
Los Angeles Center For Enriched Studies
学校交流(両校の合唱披露)

Los Angeles Center For Enriched Studies学校交流 の写真
Los Angeles Center For Enriched Studies
学校交流

全米日系人博物館でのレセプション(プレゼンテーション) の写真
全米日系人博物館でのレセプション
(プレゼンテーション)

マウント・セント・メリーズ・カレッジ 学校交流 の写真
マウント・セント・メリーズ・カレッジ 学校交流

ホストファミリーと対面の写真
ホストファミリーと対面

空軍士官学校訪問 の写真
空軍士官学校訪問

コミュニティイベント(プレゼンテーション)の写真
コミュニティイベント
(プレゼンテーション)

ランパート高校 学校交流 (授業参加) の写真
ランパート高校 学校交流
(授業参加)

成田空港到着 帰国 の写真
成田空港到着 帰国

ピックアップ プログラム参加者の声

1. 今回の米国での日本の魅力発信を通じて、もっとも印象に残ったこと

  • ロサンゼルス総領事も出席していたレセプションでのプレゼンテーションは、本当に貴重な経験となりました。聴衆のうなずきがとても多く、相手に理解してもらえたという達成感と大勢の前で英語で話す度胸がついたように思いました。
  • 私達と同年代の高校生の前でプレゼンテーションをして気付いたのは、アニメやマンガにとても興味を持っているということでした。お祭りも着物も日本文化ですが、日本のようなアニメやマンガの文化は、他の国では絶対に見られない日本文化であると思います。このような文化をもっと他の国に発信していけたらなと思いました。

2. 帰国後、地域や学校等で伝えていきたいことについて

  • 外国の文化を理解するには、実際にその国を訪れることが一番効果的であることを伝えたいです。また、実際に訪れることで新たな魅力を見つけることができます。自国だけではなく、海外にも広く視野を広げることはとても大切であり、楽しいことです。新たな発見をすることは本当に楽しく、自分の価値観をも変えるということも伝えたいです。
  • 自分の意見を持ち、口に出すことを恐れずに行うということを伝えていきたいです。自分たちの学校の授業にも積極的に取り入れ、授業をもっと有意義にしていこうと思いました。

3 . 参加者の感想(自由記述)

  • 今回のプロジェクトで自分の将来の視野を広げることができたので、英語を上達させて、いつかまたアメリカを訪れたいと思います。このプロジェクトでできた友達はきっと一生の友達になると思います。この素晴らしいプロジェクトに参加できたことを本当に嬉しく思います。本当に充実した2週間でした。このプロジェクトで経験したことをこれからの生活に活かしていけるように頑張ります。
  • 文化や言語の違いという大きな壁を越えて、コミュニケーションを取ることはとても大変でしたが、それ以上に私は伝えることの大切さと楽しさを知ることができました。上手く伝えたいことを伝えられなかったので、もっと英語を学んでまたホストファミリーに会いに行って、今回話せなかったことを話したいです。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール : infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る