KAKEHASHIプロジェクト / 千葉大学(千葉県)

2014年3月実施の派遣事業

第4陣・大学生
千葉大学(千葉県)

日程:2014年3月2日~3月15日
地方訪問先:ライス大学(テキサス州)
参加人数:24名

プログラム記録写真

ニューヨークに到着の写真
ニューヨークに到着

ニューヨーク市内視察の写真
ニューヨーク市内視察

ニューヨーク市立大学バルーク校 大学交流(プレゼンテーション)の写真
ニューヨーク市立大学バルーク校 大学交流
(プレゼンテーション)

ニューヨーク市立大学ハンター校 大学交流(プレゼンテーション)の写真
ニューヨーク市立大学ハンター校 大学交流
(プレゼンテーション)

ニューヨーク市立大学ハンター校 大学交流(日本語の授業に参加)の写真
ニューヨーク市立大学ハンター校 大学交流
(日本語の授業に参加)

ニューヨーク市立大学ハンター校 大学交流(プレゼンテーション)の写真
ニューヨーク市立大学ハンター校 大学交流
(プレゼンテーション)

ニューヨーク市立大学ハンター校 大学交流(プレゼンテーション)の写真
ニューヨーク市立大学ハンター校 大学交流
(プレゼンテーション)

ニューヨーク市立大学ハンター校 大学交流(交流会)の写真
ニューヨーク市立大学ハンター校 大学交流
(交流会)

ニューヨーク市立大学ハンター校 大学交流(交流会)の写真
ニューヨーク市立大学ハンター校 大学交流
(交流会)

ヒューストン市役所訪問(表敬訪問)の写真
ヒューストン市役所訪問
(表敬訪問)

ライス大学 大学交流(キャンパスツアー)の写真
ライス大学 大学交流
(キャンパスツアー)

ライス大学 大学交流(プレゼンテーション)の写真
ライス大学 大学交流
(プレゼンテーション)

ピックアップ プログラム参加者の声

1. 今回の米国での日本の魅力発信を通じて、もっとも印象に残ったことについて意見を記入してください。

  • 私たちのプレゼンテーションの後で、「もっと日本について知りたくなったし、日本に行きたくなった」というアメリカの学生の発言が、私にとって最も印象深かったです。
  • プレゼンテーション後の学生交流で、私たちは英語で話そうとし、訪問先の学生は日本語で話そうとする場面が多かったことが、印象に残りました。私たちと訪問先の学生達が、お互いの文化や言語に興味を持って、交流しようとしていることが感じられました。

2. 帰国後、地域や学校等で伝えていきたいことについて意見を記入して下さい。

  • 言葉が通じなくても、笑顔があれば相手とのコミュニケーションは可能であるということを伝えていきたい。
  • 発信することの重要性と、今の環境・自分のいる場所にもっと興味を持つことを伝えたいです。世の中が発達していく中で、どんなふうに育ってきたか等の個人個人のバックグラウンドも多様化していくと思います。その中で、自ら発信しお互いの価値観を受け入れ合える環境作りが大切だと感じました。

3 . 参加者の感想(自由記述)

  • カケハシ・プロジェクトへの参加を通し、多面的に考えることの重要性を学びました。いろいろな人がいろいろな考えを持っていて、そのどれも尊重すべきものであると考えるようになりました。
  • 必ずと言っていいほどグローバルな活動が増えてくる将来、今回の経験は必ず役に立つと思いますし、最大限生かしていきたいと思っています。そして、このような素晴らしい機会を是非後輩達に受け継いでいって欲しいと思います。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る