KAKEHASHIプロジェクト / 佐賀県立致遠館高等学校(佐賀県)

2014年3月実施の派遣事業

第5陣・高校生
佐賀県立致遠館高等学校(佐賀県)

日程:2014年3月16日~3月29日
地方訪問先:リバーウッド国際高校(ジョージア州)
参加人数:25名

プログラム記録写真

ノースウェスト大学 学校交流 (プレゼンテーション) の写真
ノースウェスト大学 学校交流
(プレゼンテーション)

ノースウェスト大学 学校交流の写真
ノースウェスト大学 学校交流

カミアク高校 学校交流の写真
カミアク高校 学校交流

リッジビューチャーター中学校にてウェルカムイベントの写真
リッジビューチャーター中学校にて
ウェルカムイベント

リバーウッド国際高校 学校交流 (プレゼンテーション) 1の写真
リバーウッド国際高校 学校交流
(プレゼンテーション)

リバーウッド国際高校 学校交流 (プレゼンテーション) 2の写真
リバーウッド国際高校 学校交流
(プレゼンテーション)

リバーウッド国際高校 学校交流 (プレゼンテーション) 3の写真
リバーウッド国際高校 学校交流
(プレゼンテーション)

リバーウッド国際高校 学校交流 (授業参加) 1の写真
リバーウッド国際高校 学校交流
(授業参加)

リバーウッド国際高校 学校交流 (授業参加) 2の写真
リバーウッド国際高校 学校交流
(授業参加)

リッジビューチャーター中学校にて コミュニティイベント の写真
リッジビューチャーター中学校にて
コミュニティイベント

リッジビューチャーター中学校にて ホームステイ先出1の写真
リッジビューチャーター中学校にて
ホームステイ先出発

リッジビューチャーター中学校にて ホームステイ先出2の写真
リッジビューチャーター中学校にて
ホームステイ先出発

ピックアップ プログラム参加者の声

1. 今回の米国での日本の魅力発信を通じて、もっとも印象に残ったことについて意見を記入してください。

  • 実際に現地でプレゼンテーションを行うまで、日本の文化に対してどんな反応をされるか不安でした。しかし、現地の大学生や高校生の中には日本について勉強している人も多く、すでに知っていることには大きなリアクションを見せてくれ、さらに知らないことにも好奇心旺盛に私たちのプレゼンテーションを楽しんでくれました。日本人の生徒よりも恥ずかしがらず素直にリアクションしたり自分の意見を述べたり質問したりする積極的な姿が特に印象に残っており、その盛り上がった空間でお互いの異文化の理解を深められたことがとてもいい経験になったと思っています。
  • 訪問先の学校で、プレゼンテーションを行い、その際アメリカの学生さんたちがとても熱心に聞いてくれて、私はとてもうれしい気持ちでいっぱいでした。興味を持ったことには、どんどん質問をしてくれて、積極性を感じました。しかし、私たちに与えられた質問に答えられないこともあったので、その点はしっかり日本の文化を知るべきだと思いました。他国の人に文化をつたえる際はまず、自国の文化をしっかり調べて学習してから伝えるべきだと思いました。

2. 帰国後、地域や学校等で伝えていきたいことについて意見を記入して下さい。

  • 世界には多くの人が住んでおり、国外に出ればより多くの人々の行き方や考え方を吸収することができると思いました。外国語を習得しより多くの人と接し国際交流を行っていくことが重要だと伝えていきたいと思います。また、アメリカ国内での貧富の差や人種差別などまだまだ残っていることが分かったので、これからの将来私たちがどうするべきかを今回の研修で学んだことを踏まえ、みんなで考えて行きたいと思います。
  • まずは私達が学んだ事や経験した日本と違うライフスタイルなど北米の魅力を伝えたいです。そして、色んな方に"外国に行ってみたい"という気持ちを持ってもらいそこから積極的になってもらいたいです。自分自身、今回のプロジェクトのおかげでかなり積極的になりました。自分を変えるいい機会になることも伝えていきたいです。

3 . 参加者の感想(自由記述)

  • アメリカに来てから、今まで感じたことのない驚き、新鮮な雰囲気、出会ったことのないような人々に出会い、本当に夢のような10日間で濃い日々の連続でした。次アメリカへ行くときはもっと長い間滞在して、アメリカのさらに深い素晴らしさ、怖さ、そして新しさを経験したいという気持ちでいっぱいです。そのためにはまず、もっともっと自分の英語を磨かなければなりません。英語を話せるのと話せないのとでは、やっぱり人生が変わってくると思います。そして現地の人々ともっと深い会話をして、いろんな考え方や視点を自分の中に吸収したいです。
  • 本当に今回のプロジェクトでたくさんのことを学びました。現地の高校生との架け橋を掛けることもでき、今後の交流も楽しみです。そして、この旅行で新たな夢もできました。この夢を追いかけながら、もっと大きな掛け橋をつなぎたいです。二週間の経験を通じて、まだまだ多くの課題があるな、と気づくことができました。何が自分に足りていないのか、そしてそれをどのように補っていくのか、これからの毎日が充実したものになるよう、時間を大切に使いたいです。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール : infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る