KAKEHASHIプロジェクト / 福井大学(福井県)

2014年3月実施の派遣事業

第4陣・大学生
福井大学(福井県)

日程:2014年3月2日~3月15日
地方訪問先:ピッツバーグ大学(ペンシルヴェニア州)
参加人数:13名

プログラム記録写真

ニューヨーク市内視察(米国の文化理解)の写真
ニューヨーク市内視察
(米国の文化理解)

Koko Architecture + Design社訪問(企業訪問)の写真
Koko Architecture + Design社訪問
(企業訪問)

メーカーズシャツ鎌倉社訪問(企業訪問)の写真 1
メーカーズシャツ鎌倉社訪問
(企業訪問)

メーカーズシャツ鎌倉社訪問(企業訪問)の写真 2
メーカーズシャツ鎌倉社訪問
(企業訪問)

バッテリー・パーク訪問(米国の文化理解)の写真
バッテリー・パーク訪問
(米国の文化理解)
 

ニューヨーク市立ジョン・ジェイ法科大学 大学交流(プレゼンテーション)の写真
ニューヨーク市立ジョン・ジェイ法科大学
大学交流
(プレゼンテーション)

ピッツバーグ大学 大学交流の写真
ピッツバーグ大学 大学交流
 

ピッツバーグ大学 大学交流(キャンパスツアー)の写真 1
ピッツバーグ大学 大学交流
(キャンパスツアー)

ピッツバーグ大学 大学交流(キャンパスツアー)の写真 2
ピッツバーグ大学 大学交流
(キャンパスツアー)

ピッツバーグ大学 大学交流(プレゼンテーション)の写真
ピッツバーグ大学 大学交流
(プレゼンテーション)

ピッツバーグ大学 大学交流(交流会)の写真
ピッツバーグ大学 大学交流
(交流会)

ロックフェラー・センター訪問(米国の文化理解)の写真
ロックフェラー・センター訪問
(米国の文化理解)

ピックアップ プログラム参加者の声

1. 今回の米国での日本の魅力発信を通じて、もっとも印象に残ったことについて意見を記入してください。

  • 日本人や日本の物のレベルの高さがとても評価されていて、海外に出ることで日本や日本人ということに自信や誇りが持てる。その意味をこのプロジェクトの中でひしひしと感じられて、新たな発見というか自分の国に誇りを持つ体験ができたのがとても印象的でした。
  • 一番印象に残っていることは、現地で交流した大学生たちが日本にとても興味を持ってくれていて、プレゼンテーションも真剣に、そして楽しそうに聞いてくれていたことです。現地の大学生が私たちのプレゼンテーションの最中に感嘆の声を上げたり、質問に答えてくれたり、ときには笑い声をあげてくれたりしてくれたことが、とても嬉しかったです。

2. 帰国後、地域や学校等で伝えていきたいことについて意見を記入して下さい。

  • 「人と人とのコミュニケーションの基盤であり、最も大事なことは、笑顔でいること」
    私が伝えていきたいことを要約すると、この一文に尽きます。
  • みんなに海外で日本の魅力など発信したいという気持ちを、少しでも持ってもらいたいと思います。普段の生活から一歩抜け出てみると、こんなにも自分が知らない世界、人々が存在するのかということがわかるからです。

3 . 参加者の感想(自由記述)

  • 人との出会いで人生プランが変わるという、非常におもしろい経験ができました。
  • 一生ものの経験をしました。友達もたくさんできたし、自分の価値観もかわったし、一緒に行った仲間との絆もできました。KAKEHASHIプロジェクトで出会った、そして関わったすべての人に感謝したいです。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashijpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る