KAKEHASHIプロジェクト / 福島大学(福島県)

2014年3月実施の派遣事業

第4陣・大学生
福島大学(福島県)

日程:2014年3月2日~3月15日
地方訪問先:ウィスコンシン州立大学マディソン校(ウィスコンシン州)
参加人数:25名

プログラム記録写真

ニューヨークに到着の写真
ニューヨークに到着
 
 

ウィスコンシン州立大学マディソン校 大学交流(プレゼンテーション)の写真 1
ウィスコンシン州立大学マディソン校
大学交流
(プレゼンテーション)

ウィスコンシン州立大学マディソン校 大学交流(プレゼンテーション)の写真 2
ウィスコンシン州立大学マディソン校
大学交流
(プレゼンテーション)

ウィスコンシン州立大学マディソン校 大学交流(プレゼンテーション)の写真 3
ウィスコンシン州立大学マディソン校
大学交流
(プレゼンテーション))

ウィスコンシン州立大学マディソン校 大学交流(プレゼンテーション)の写真 1
ウィスコンシン州立大学マディソン校
大学交流
(プレゼンテーション)

ウィスコンシン州立大学マディソン校 大学交流(プレゼンテーション)の写真 2
ウィスコンシン州立大学マディソン校
大学交流
(プレゼンテーション)

ウィスコンシン州立大学マディソン校 大学交流(交流会)の写真 1
ウィスコンシン州立大学マディソン校
大学交流
(交流会)

ウィスコンシン州立大学マディソン校 大学交流(交流会)の写真 2
ウィスコンシン州立大学マディソン校
大学交流
(交流会)

ウィスコンシン州立大学マディソン校 大学交流(交流会)の写真 3
ウィスコンシン州立大学マディソン校
大学交流
(交流会)

ウィスコンシン州立大学マディソン校 大学交流(交流会)の写真 4
ウィスコンシン州立大学マディソン校
大学交流
(交流会)

ウィスコンシン州立大学マディソン校 大学交流(キャンパスツアー)の写真 1
ウィスコンシン州立大学マディソン校
大学交流
(キャンパスツアー)

ウィスコンシン州立大学マディソン校 大学交流(キャンパスツアー)の写真 2
ウィスコンシン州立大学マディソン校
大学交流
(キャンパスツアー)

ピックアップ プログラム参加者の声

1. 今回の米国での日本の魅力発信を通じて、もっとも印象に残ったことについて意見を記入してください。

  • 東日本大震災後の子供と教育についてプレゼンテーションをしました。オーディエンスのほとんどの方は深くうなずきながら真剣に聞いてくださり、交流の中で「本当に感動しました。それしか言えない。自分の学業のモチベーションになりました。」と涙ぐみながら話してくれたウィスコンシン大学の学生の方もいました。
  • 大学生や日本からの留学生、また現地で活躍する日本人の方とお会いすることで、それぞれの人がそれぞれに自分の果たすべき目標をもって、勉強や様々な活動に励んでいる姿を見ることができ、とても感動した。

2. 帰国後、地域や学校等で伝えていきたいことについて意見を記入して下さい。

  • 私が皆さんに伝えたいことは、一人の力ではどうしようもなくても、同じ意思を持った人が集まって行動すれば多くの人の心を動かすことができることです。私たちのプレゼンテーションを見て「福島に行ってみたくなった」と言ってくれた方が何人もいました。
  • 「世界、また、社会とのつながり」 それに加えて、「人材育成」「情報発信」「若い力」 この四つの視点から(福島の)復興を推し進めることが大事だと伝えたい。

3 . 参加者の感想(自由記述)

  • 3月11日をアメリカで過ごし、黙とうをしましたが、3年前の絶望感を思い出し、まさか3年後の同じ日にこんな幸せな経験ができるなんて思ってもいなかった、と感慨深い気持ちになりました。
  • このプロジェクトでしか経験できない事がたくさんあって、本当に参加して良かったです。とても貴重な経験になりました。新しいつながりを大切にして、これからは自分から新しい橋を作って行きたいです。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashijpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る