KAKEHASHIプロジェクト / 郷人(福島県)

2014年3月実施の派遣事業

第5陣・高校生
郷人(福島県)

日程:2014年3月16日~3月29日
地方訪問先:ポール・パブリック・チャータースクール(ワシントンD.C.)
参加人数:24名

プログラム記録写真

ラ・コナー高校 学校交流 の写真
ラ・コナー高校 学校交流

ラ・コナー高校 学校交流 (プレゼンテーション) 1の写真
ラ・コナー高校 学校交流
(プレゼンテーション)

ラ・コナー高校 学校交流 (プレゼンテーション) 2の写真
ラ・コナー高校 学校交流
(プレゼンテーション)

ラ・コナー高校 学校交流 (授業参加) の写真
ラ・コナー高校 学校交流
(授業参加)

シアトル福島県人会訪問 (地元の文化理解) の写真
シアトル福島県人会訪問
(地元の文化理解)

ホストファミリーと対面の写真
ホストファミリーと対面

全米さくらまつり(パフォーマンス披露) 1の写真
全米さくらまつり
(パフォーマンス披露)

全米さくらまつり(パフォーマンス披露) 2の写真
全米さくらまつり
(パフォーマンス披露)

ポール・パブリック・チャータースクール学校交流 (授業参加)1 の写真
ポール・パブリック・チャータースクール
学校交流 (授業参加)

ポール・パブリック・チャータースクール学校交流 (授業参加)2の写真
ポール・パブリック・チャータースクール
学校交流 (授業参加)

ポール・パブリック・チャータースクール学校交流 の写真
ポール・パブリック・チャータースクール
学校交流

ポール・パブリック・チャータースクールコミュニティイベントの写真
ポール・パブリック・チャータースクール
コミュニティイベント

ピックアップ プログラム参加者の声

1. 今回の米国での日本の魅力発信を通じて、もっとも印象に残ったことについて意見を記入してください。

  • プレゼンテーションをするたび外国人の人達の反応がすごくて日本ではあまり見られない「スタンディングオベーション」など歓声もすごく多くて踊っている自分自身もびっくりしてしまいました。その時に少しでも思いが伝わったんだと確信し感動が生まれました。
  • アメリカ人は日本をとても美しい国とみていたし、何よりも「食」が良いと言っていて、とても嬉しかったです。結構日本の事を知っている人が多かったし、何よりも日本語がとても難しいことがわかりました。

2. 帰国後、地域や学校等で伝えていきたいことについて意見を記入して下さい。

  • KAKEHASHIプロジェクトとはどのようなものだったか、私たちの"よさこい"はアメリカにも伝わったのかなど根本的なところから具体的なとこまで一つもかける事なく伝えたいです。そしてこの日本に日本人に足りないと自分なりに感じたとこなども伝えなければいけないと思いました。日本人の消極的なところなども改善する為に、私たちが見てきたアメリカ人の積極性なとこを伝えることが必要だと思いました。
  • 今回のKAKEHASHIプロジェクトを通して多くのことを学びました。フレンドリーなところや積極性など、日本人はまだまだ不足している部分がたくさんあると感じました。その不足している部分を伝えていき、アメリカに負けないように日本人も頑張っていきたいと思いました。

3 . 参加者の感想(自由記述)

  • 今回このプロジェクトに参加できて良かったです。日本で演舞している時とは違う、満足感や達成感を味わうことができ、良い刺激になりました。この刺激を、今後の演舞に生かしていきたいです。 また、学校の授業でやる英会話とは全く違う、生の英語に触れることができたので、文法だけでなく日常英会話使えるフレーズなども覚えたいです。今回はあまり英語で自分の思いを伝えることができなかったので、またいつかアメリカで今の日本のことや自分の考えをしっかり伝えられたらなと思います。
  • KAKEHASHIプロジェクトを通して世界の文化・生活・歴史を学び、国境を越えた出会いもあり、一緒にプロジェクトに参加した仲間と出会い、たくさんの事をこのプロジェクトで得ることができました。プロジェクトを企画していただいた方々にとても感謝の気持ちでいっぱいです。本当に最高の思い出をありがとうございました。

関連リンク

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール : infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る