KAKEHASHIプロジェクト / 鹿児島玉龍高等学校(鹿児島県)

2014年3月実施の派遣事業

第5陣・高校生
鹿児島玉龍高等学校(鹿児島県)

日程:2014年3月16日~3月29日
地方訪問先:マイアミ・パルメット高校(フロリダ州)
参加人数:25名

プログラム記録写真

宇和島屋 企業訪問 (地元の産業理解)の写真
宇和島屋 企業訪問
(地元の産業理解)

ショアライン・コミュニティ・カレッジ学校訪問の写真
ショアライン・コミュニティ・カレッジ
学校訪問

ジュアニタ高校 学校交流(授業参加)の写真
ジュアニタ高校 学校交流
(授業参加)

ジュアニタ高校 学校交流(授業参加)の写真
ジュアニタ高校 学校交流
(授業参加)

ジュアニタ高校 学校交流(授業参加)の写真
ジュアニタ高校 学校交流
(授業参加)

ジュアニタ高校 学校交流の写真
ジュアニタ高校 学校交流

マイアミ・パルメット高校コミュニティイベント(プレゼンテーション)の写真
マイアミ・パルメット高校
コミュニティイベント(プレゼンテーション)

マイアミ・パルメット高校コミュニティイベントの写真
マイアミ・パルメット高校
コミュニティイベント

マイアミ・パルメット高校コミュニティイベントの写真
マイアミ・パルメット高校
コミュニティイベント

マイアミ・パルメット高校コミュニティイベントの写真
マイアミ・パルメット高校
コミュニティイベント

ラニア高校 学校交流(プレゼンテーション)の写真
ラニア高校 学校交流
(プレゼンテーション)

ラニア高校 学校交流(プレゼンテーション)の写真
ラニア高校 学校交流
(プレゼンテーション)

ピックアップ プログラム参加者の声

1. 今回の米国での日本の魅力発信を通じて、もっとも印象に残ったことについて意見を記入してください。

  • ホストファミリーとの会話やプレゼンテーションなどにより、日本特有の文化や習慣、豊かな自然などの魅力を発信しました。日本の魅力を発信すると、皆素直に喜び感心していました。そこからそれらの日本の魅力がいかに素晴らしく僕たちが誇りに思うべきことであるかがわかり、その中でも鹿児島のおはら節の紹介をしていた時にほとんどの人がとても積極的に参加してくれて心から楽しんでくれていたことが心に残りました。
  • 私が米国に最も伝えたかったことは日本のおもてなし精神や、日本の礼儀作法だったのですが、実際アメリカに行ってみて感じたのが、日本よりも礼儀正しく、おもてなし精神はアメリカ人ももっているのではないかということです。目が合ったとき、すれ違ったときに、あいさつや笑顔を交わすアメリカ人は日本の魅力に勝るものでした。アメリカのことを知ってから日本を紹介すべきだと感じました。

2. 帰国後、地域や学校等で伝えていきたいことについて意見を記入して下さい。

  • 私はアメリカ人の心の広さを是非伝えたいです。アメリカは笑顔が溢れていました。目が合うとニコッと笑ってくれたり、挨拶をすれば笑顔で返してくれました。またみんな親切でした。ホームステイ先では本当に家族の一員のように接してくださり、多くの経験をさせてもらいました。学校訪問ではたくさんの人が声をかけてくれて、別れの時は涙を流してくれました。
  • アメリカに行って生活を体験したことによって、日本の良さがたくさん見えてきました。食べ物を大切にする心や次使う人のことを考えて物を大切に使う日本のよさについて伝えていきたいです。
    また英語を完璧に話せなくても心が通じ合えた自分の体験を元に間違いを恐れずにトライしてみることの大切さを伝えたいです。文法が十分でなくても単語だけでも最低限のことは伝わるので、まず自信がなくても言葉を発してみることがコミュニケーションに欠かせないことを伝えていきたいです。

3 . 参加者の感想(自由記述)

  • 米国と日本のそれぞれの良さと違いをたくさん発見できました。そして出会った人たちと多くのつながりを作ることができました。もっと多くの世界を見てみたいと思います。この事業を通して少しでも日本と米国のかけはしとなれたら嬉しいです。今回学んだことを無駄にせず、自分の人生に生かしていけるように頑張りたいです。
  • 本当に充実した人生を変えるとても貴重な体験でした。この2週間で私は自分から発言することもできるようになりました。発言すること、自分の意見を周りに伝えることの大切さを学ぶことができました。このプロジェクトに携わってくださったすべての方々に本当に感謝します。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール : infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る