KAKEHASHIプロジェクト / 南山国際高等学校・中学校(愛知県)

2014年3月実施の派遣事業

第5陣・高校生
南山国際高等学校・中学校(愛知県)

日程:2014年3月16日~3月29日
地方訪問先:エドワードW.クラーク高校(ネバダ州)
参加人数:25名

プログラム記録写真

米国オリエンテーション(英語レッスン) の写真
米国オリエンテーション
(英語レッスン)

米国オリエンテーション(プレゼンテーション練習) の写真
米国オリエンテーション
(プレゼンテーション練習)

デイビスライトトレメイン法律事務所企業訪問(地元の産業理解) の写真
デイビスライトトレメイン法律事務所
企業訪問
(地元の産業理解)

ショアライン・コミュニティ・カレッジ学校訪問 の写真
ショアライン・コミュニティ・カレッジ
学校訪問

ショアライン・コミュニティ・カレッジにてシアトル総領事館によるレセプション の写真
ショアライン・コミュニティ・カレッジにて
シアトル総領事館によるレセプション

スカイバレー教育センター 学校交流(プレゼンテーション) 1の写真
スカイバレー教育センター 学校交流
(プレゼンテーション)

スカイバレー教育センター 学校交流(プレゼンテーション) 2の写真
スカイバレー教育センター 学校交流
(プレゼンテーション)

スカイバレー教育センター 学校交流(授業参加)の写真
スカイバレー教育センター 学校交流
(授業参加)

エドワード・W・クラーク高校コミュニティイベント(プレゼンテーション) の写真
エドワード・W・クラーク高校
コミュニティイベント
(プレゼンテーション)

エドワード・W・クラーク高校コミュニティイベント の写真
エドワード・W・クラーク高校
コミュニティイベント

エドワード・W・クラーク高校 学校交流(交流会) 1の写真
エドワード・W・クラーク高校 学校交流
(交流会)

エドワード・W・クラーク高校 学校交流(交流会) 2の写真
エドワード・W・クラーク高校 学校交流
(交流会)

ピックアップ プログラム参加者の声

1. 今回の米国での日本の魅力発信を通じて、もっとも印象に残ったことについて意見を記入してください。

  • プレゼンテーションによって日本の魅力を発信していて最も印象に残ったのはアメリカ人のプレゼンテーションを聞くときの姿勢です。聞くというよりは自分も参加して楽しもうとする姿勢が、日本人の静かに聞こうという姿勢と違っていたことが印象的でした。リアクションも大きく、私達の問いかけに対して積極的に答えてくれて嬉しかったです。日本での練習や自主練習では得ることのできない反応が得られ、戸惑うこともありましたが楽しくプレゼンテーションをすることができました。
  • 他校のプレゼンテーションと自分達のプレゼンテーションを聞いて、改めて日本は魅力的な国だなと実感しました。色々な目線から日本を見ると、まだまだ海外に発信するべき日本のことがたくさんあるなと気がつきました。それぞれの都道府県がそこの土地にあった様々な文化があることによって日本が成り立っていることを学び文化、産業ともに日本は発展していることを誇りに思いました。でもこれは日本だけの力ではなくてもちろんアメリカ、他の国と協力し合って今の日本があることを学び、このことが一番印象に残っています。

2. 帰国後、地域や学校等で伝えていきたいことについて意見を記入して下さい。

  • アメリカでは学校の子もホームステイ先の家族も町を歩いている今回の事業とは全く関係ない人でも見ず知らずの私にとても親切にしてくださいました。アメリカの方の心の広いところや優しいところ、大胆なところなど、アメリカで見つけたアメリカの良いところを伝えたいと思います。
  • 私は現地でアメリカの学校の教育方針に驚きました。アメリカでは授業の種類に多様性があり、先生も生徒を積極的に授業に参加させようとします。アメリカでは主要科目におけるレベル分けが多く、飛び級もあり、自分にあった教育が受けられるようになっています。このようなフレキシブルな教育方針を日本に広め、地域や学校の向上へ繋がれば良いと思います。

3 . 参加者の感想(自由記述)

  • KAKEHASHIプロジェクトに参加させていただき、僕は日本という国の魅力を知り日本を誇りに思い、日本人で良かったと思う反面、アメリカという国の偉大さ、迫力、開放感などを体感し、ますますアメリカという国の多くの魅力に興味を持ち始めました。若者にとって国際交流はとても素晴らしいものだと思います。これからももっともっとこのような機会を与えて下さい。
  • KAKEHASHIプロジェクトではとても貴重な体験をさせていただきました。短い期間でしたが、3都市を訪問し、自分達だけではできないことが経験できました。特に法律事務所で国際的に活躍されている女性のお話をきけたことが印象に残っています。アメリカで現地の人と交流しこれからの日本が国際的に進展していくために必要なことが少しわかった気がします。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール : infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る