KAKEHASHIプロジェクト / 聖和学園高等学校(宮城県)

2014年3月実施の派遣事業

第5陣・高校生
聖和学園高等学校(宮城県)

日程:2014年3月16日~3月29日
地方訪問先:ホールデール高校(メイン州)
参加人数:25名

プログラム記録写真

米国オリエンテーション(プレゼンテーション練習) の写真
米国オリエンテーション
(プレゼンテーション練習)

宇和島屋 企業訪問 (地元の産業理解) 1の写真
宇和島屋 企業訪問
(地元の産業理解)

宇和島屋 企業訪問 (地元の産業理解) 2の写真
宇和島屋 企業訪問
(地元の産業理解)

チャールズ・ライト・アカデミー 学校交流 (授業参加) の写真
チャールズ・ライト・アカデミー 学校交流
(授業参加)

チャールズ・ライト・アカデミー 学校交流 (プレゼンテーション)1 の写真
チャールズ・ライト・アカデミー 学校交流
(プレゼンテーション)

チャールズ・ライト・アカデミー 学校交流 (プレゼンテーション)2の写真
チャールズ・ライト・アカデミー 学校交流
(プレゼンテーション)

ホールデール高校 学校交流 (交流会) の写真
ホールデール高校 学校交流
(交流会)

ホールデール高校 学校交流 (プレゼンテーション)1の写真
ホールデール高校 学校交流
(プレゼンテーション)

ホールデール高校 学校交流 (プレゼンテーション)2の写真
ホールデール高校 学校交流
(プレゼンテーション)

ホールデール高校 学校交流 (プレゼンテーション)3の写真
ホールデール高校 コミュニティイベント
(プレゼンテーション)

ターナーフィールド訪問 (地元の産業理解) の写真
ターナーフィールド訪問
(地元の産業理解)

ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港 帰国 の写真
ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ
国際空港 帰国

ピックアップ プログラム参加者の声

1. 今回の米国での日本の魅力発信を通じて、もっとも印象に残ったことについて意見を記入してください。

  • プレゼンテーションをしているときに、聞き手のリアクションがあったことです。日本にいる間も練習を含め、何度も発表してきましたが、日本人からの特に目立った反応はありませんでした。聞き手から何かしらのリアクションや質問を投げかけられたことで、きちんと発表できている、伝わっているということが実感できたためだと思われます。
  • プレゼンテーションを通してアメリカの生徒の皆さんに日本のことについて話を聞けたことがとても良かったと思います。現地で、日本を伝えたことで直にアメリカとの違いを感じることができました。ほかの国からみた日本について聞けたことが最も印象に残っています。

2. 帰国後、地域や学校等で伝えていきたいことについて意見を記入して下さい。

  • 私が伝えていきたいことは自分の意見を持つことが大切ということです。たとえ自信がなくても、しっかりと「自分」を持って、積極的に意見を言えるようになればよりよくなると思いました。
    また、アメリカは、結果ではなく、努力した「過程」を重視する国だと知り、結果ばかり追い求めるのではなく、たとえ結果が出なくても、努力したという過程を認め、より自分を成長させていければいいと思いました。
  • まずは私自身が米国訪問にあたって一番の衝撃、いわゆるカルチャーショックを受けた場所について伝えたいと考えています。その場所がどこかは沢山の候補があるため決定できていませんが、何故こんな作りにしたのだろう、こんな設置の仕方は日本では考えられない、日本にはあるのにアメリカにはない、またはその逆など、様々な発見をしたため、その衝撃を伝えていきたいです。

3 . 参加者の感想(自由記述)

  • 今回のこのプロジェクトを通して、アメリカ人から多くのことを学ぶことができました。
    その中でも一番関心した行動が、現地の高校を訪問したときに、外国人の私たちに何の迷いもなく、明るく、もともと友達だったかのような様子で話しかけてくれたことです。日本人だと、外国人や初対面を目の前にするとどうしても積極的に話してみようという気持ちが薄れ、内面的になってしまっているので、そのことに比べるとほんとに外国人はすごいと思いました。
  • 今回、このプロジェクトに参加できてとてもうれしかったです。
    こういった機会に海外の人たちとの交流を多く交えたり、ほかの地域に住む日本学生さんとも話す機会がもてて、自分にとって、とてもいい経験となりました。 海外に行くという経験は、めったに経験できないことなので、いい時間が過ごせたと思いますし、学ぶこともたくさんあって、勉強になりました。自分の英語力も上げることができてよかったです。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール : infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る