KAKEHASHIプロジェクト / 山口県立下関南高等学校及び山口県立華陵高等学校(山口県)

2014年3月実施の派遣事業

第5陣・高校生
山口県立下関南高等学校及び山口県立華陵高等学校(山口県)

日程:2014年3月16日~3月29日
地方訪問先:ノーザン・ヴァリー地区高校区(オールド・タッパン校、デマレスト校)(ニュージャージー州)
参加人数:25名

プログラム記録写真

テオチョコレート社 企業訪問 (地元の産業理解) の写真
テオチョコレート社 企業訪問
(地元の産業理解)

ワシントン高校 学校交流の写真
ワシントン高校 学校交流

ワシントン高校 学校交流 (プレゼンテーション) 1の写真
ワシントン高校 学校交流
(プレゼンテーション)

ワシントン高校 学校交流 (プレゼンテーション) 2の写真
ワシントン高校 学校交流
(プレゼンテーション)

ワシントン高校 学校交流 (プレゼンテーション) 3の写真
ワシントン高校 学校交流
(プレゼンテーション)

ノーザン・ヴァリー地区高校区 学校交流 (交流会) の写真
ノーザン・ヴァリー地区高校区 学校交流
(交流会)

ノーザン・ヴァリー地区高校区 学校交流 (プレゼンテーション) の写真
ノーザン・ヴァリー地区高校区 学校交流
(プレゼンテーション)

ノーザン・ヴァリー地区高校区 学校交流の写真
ノーザン・ヴァリー地区高校区 学校交流

ノーザン・ヴァリー地区高校区 学校交流 (交流会) の写真
ノーザン・ヴァリー地区高校区 学校交流
(交流会)

ジョージア州経済開発局訪問 (地元の産業理解)1の写真
ジョージア州経済開発局訪問
(地元の産業理解)

ジョージア州経済開発局訪問 (地元の産業理解)2の写真
ジョージア州経済開発局訪問
(地元の産業理解)

ジョージア工科大学にて報告会 の写真
ジョージア工科大学にて報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. 今回の米国での日本の魅力発信を通じて、もっとも印象に残ったことについて意見を記入してください。

  • 最も印象に残ったことは、アメリカ人の真摯さと紳士さです。アメリカの方々はいつでも、私たちの発表を真剣に、時に反応や質問に対する回答をはさみながら聴いてくださいました。正直どこまで受け入れてもらえるか不安でしたが、発表していて楽しかったです。
  • 特に感じたのは、文法よりコミュニケーション力だと感じました。用意してあったプレゼンテーションは皆聞いてくれて良かったのですが、その後の質問に答えるのに時間がかかったりして悔しかったです。単語一つでも言えれば、理解してもらえそうなことでも勇気がない日本人の消極的な部分が出てしまい、それをバネに日々勇気を出すことができて、伝える努力というものを身につけました。

2. 帰国後、地域や学校等で伝えていきたいことについて意見を記入して下さい。

  • アメリカの学生は授業中、間違いを恐れずに発言していました。日本人の学生でそういうことができる人は少なく、私たちもアメリカの学生を見習って、授業を活発にすることが大切だと思いました。
  • アメリカの方たちの優しさやフレンドリーで積極的なところを伝えたいと思います。私は想像していた以上にホストファミリーや地元高校の人たちが温かく迎えてくれ、さらに盛大なレセプションなどたくさん準備してくれていました。どれも本当に嬉しく感謝の気持ちでいっぱいです。またアメリカの良さを知ることで日本の良さにも改めてたくさん気づけました。アメリカの方たちが日本についてどのように思っているか伝えていきたいです。

3 . 参加者の感想(自由記述)

  • 期待していた以上に楽しかったです。最初はプレゼンテーションの練習などでとても忙しいと思っていましたが、他校と交流したり、見学したりしてすごくいい思い出がたくさんできました。ホームステイも充実しており、問題もありませんでした。アメリカでできる貴重な体験ができました。
  • 私はKAKEHASHIプロジェクトに参加して視野が広がり、またもっと英語を学んで世界で働く人になりたいと思いました。同じ高校生でもすでに英語が話せる人やNASAの宇宙飛行士などといった大きな夢を抱いている人がいて、私も追いつきたいととても良い刺激を受けました。私は現地で日本語のない生活の中で学びたいので留学も考えています。新たな目標を持つことができ夢も広がりました。

関連リンク

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール : infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る