KAKEHASHIプロジェクト / 和歌山県立新宮高等学校(和歌山県)

2014年3月実施の派遣事業

第5陣・高校生
和歌山県立新宮高等学校(和歌山県)

日程:2014年3月16日~3月29日
地方訪問先:リバティー高校(ワシントン州)
参加人数:25名

プログラム記録写真

米国オリエンテーション(プレゼンテーション練習) の写真
米国オリエンテーション
(プレゼンテーション練習)

シアトル港湾局訪問 (地元の産業理解) の写真
   シアトル港湾局訪問   
(地元の産業理解)

ショアライン・コミュニティ・カレッジ 学校訪問 (キャンパスツアー) の写真
ショアライン・コミュニティ・カレッジ 学校訪問
(キャンパスツアー)

ショアライン・コミュニティ・カレッジにて シアトル総領事館によるレセプションの写真
ショアライン・コミュニティ・カレッジにて
シアトル総領事館によるレセプション

ブロードビュー・トムソン学校 学校交流 (プレゼンテーション)1の写真
ブロードビュー・トムソン学校 学校交流
(プレゼンテーション)

ブロードビュー・トムソン学校 学校交流 (プレゼンテーション)2の写真
ブロードビュー・トムソン学校 学校交流
(プレゼンテーション)

レッドモンド高校でのイマージョンキャンプ訪問1の写真
レッドモンド高校での
イマージョンキャンプ訪問

レッドモンド高校でのイマージョンキャンプ訪問2の写真
レッドモンド高校での
イマージョンキャンプ訪問

リバティー高校 学校交流(プレゼンテーション)1の写真
リバティー高校 学校交流
(プレゼンテーション)

リバティー高校 学校交流(プレゼンテーション)2の写真
リバティー高校 学校交流
(プレゼンテーション)

リバティー高校 学校交流(プレゼンテーション)3の写真
リバティー高校 学校交流
(プレゼンテーション)

ジョージア工科大学にて報告会の写真
ジョージア工科大学にて報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. 今回の米国での日本の魅力発信を通じて、もっとも印象に残ったことについて意見を記入してください。

  • プレゼンテーションなどを通してアメリカの人たちが日本の文化やアニメ、食べ物にとても興味を持ってくれたことが印象的でした。僕たちの学校では、和菓子やアニメや着物についてプレゼンテーションをする班があり、そこで実際に和菓子やお茶を見てもらったところ、アメリカの生徒たちが身をのりだして興味をもつほど日本に関心をもってくれたことが嬉しかったです。
  • 渡航前、現地で日本のサブカルチャーの紹介をするにあたって、現地の学生達が興味や関心を持ってくれるか、どんな反応があるか心配でしたが、北米へ行って実際にプレゼンすると、とても反応がよくて(特にアニメ)安心したのと同時に、日本の文化は自分が思っている以上に外国でも受け入れられていて、愛されているんだなと分かって日本人として嬉しく思いました。

2. 帰国後、地域や学校等で伝えていきたいことについて意見を記入して下さい。

  • アメリカでは積極的に自分の意見を述べたり、自分の考えにしっかりとした理由を持っていたりと人が自立していく上で大切なものを小さい時から身につけていました。そういったことは日本の学生は苦手意識が強いと思うので、もっと自分の意見をはっきり言えるようになるのが大切だと伝えたいです。
  • まずは私達が学んだ事や経験した日本と違うライフスタイルなど北米の魅力を伝えたいです。そして、色んな方に"外国に行ってみたい"という気持ちを持ってもらいそこから積極的になってもらいたいです。自分自身、今回のプロジェクトのおかげでかなり積極的になりました。自分を変えるいい機会になることも伝えていきたいです。

3 . 参加者の感想(自由記述)

  • このプロジェクトに参加できて本当に良かったと思います。行く前は不安と緊張でいっぱいでしたが、行ってみたら現地の雰囲気にも早く慣れ、すべてが初めての経験でしたが、どれもが楽しく自分にとってとても価値のあるものになりました。将来、外国で働きたいという気持ちが大きくなり、そのために必要なことを改めてしっかり考え直す機会にもなりました。この経験を忘れず、将来に生かせていけたらと思います。
  • 色々な場所を訪れ沢山の人と出会い交流し、こんな素敵な経験ができたことは私の人生においてとても大きな事だと思います。このプロジェクトの間に自分を改めて考えることができ「これからはもっとこうしていこう」という部分を沢山見つけ出すことができました。これは私にとってとても大きな成長だと思います。私は将来世界でも有名な経営者になるのが夢です。その夢の実現のためにも、この経験を無駄にしないように一日一日を大切にしていこうと思います。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール : infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る