KAKEHASHIプロジェクト / 新潟県立燕中等教育学校(新潟県)

2014年3月実施の派遣事業

第5陣・高校生
新潟県立燕中等教育学校(新潟県)

日程:2014年3月16日~3月29日
地方訪問先:ミルズ高校(カリフォルニア州)
参加人数:25名

プログラム記録写真

米国オリエンテーション(プレゼンテーション練習)の写真
米国オリエンテーション
(プレゼンテーション練習)

マシコ日本食レストラン 企業訪問(地元の産業理解)の写真
マシコ日本食レストラン 企業訪問
(地元の産業理解)

ショアライン・コミュニティ・カレッジ 学校訪問(キャンパスツアー)の写真
ショアライン・コミュニティ・カレッジ 学校訪問
(キャンパスツアー)

レントン高校 学校交流(プレゼンテーション)の写真
レントン高校 学校交流
(プレゼンテーション)

レントン高校 学校交流(交流会)の写真
レントン高校 学校交流
(交流会)

レントン高校 学校交流(歓迎会)の写真
レントン高校 学校交流
(歓迎会)

ミルズ高校 学校交流(ウェルカムパーティー)の写真
ミルズ高校 学校交流
(ウェルカムパーティー)

ミルズ高校 学校交流(授業参加)の写真
ミルズ高校 学校交流
(授業参加)

ミルズ高校 学校交流(プレゼンテーション)の写真
ミルズ高校 学校交流
(プレゼンテーション)

ミルズ高校 学校交流(パフォーマンス披露)の写真
ミルズ高校 学校交流
(パフォーマンス披露)

ミルズ高校 コミュニティイベント(プレゼンテーション)の写真
ミルズ高校 コミュニティイベント
(プレゼンテーション)

ジョージア工科大学にて報告会の写真
ジョージア工科大学にて報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. 今回の米国での日本の魅力発信を通じて、もっとも印象に残ったことについて意見を記入してください。

  • アメリカの高校生は日本の文化について深く知ろうとする姿勢が強いということが印象的でした。例えばプレゼンテーションの中で彼らに問いかけるとすぐに答えが返ってきました。プレゼンテーションを通してどうすれば相手がよりよく理解されるかまた楽しんでもらえるかを考えることが身につきました。
  • 私はこの研修でアメリカ人も積極的に日本の文化を知ろうとしてくれていることを知りました。特にホームステイ先では、教育の方針や授業の仕方はアメリカと日本ではどう違うのか、東日本大震災の規模はどの程度だったかなどと質問を多くしてくれました。

2. 帰国後、地域や学校等で伝えていきたいことについて意見を記入して下さい。

  • 現地の人々が自分の国や学校等に誇りを持っていたことを伝えたいです。外に出れば必ずどこかに国旗があったりアセンブリーで国歌を歌ったり、授業前に忠誠心を誓うといった内容のものを何も見ることなく生徒や先生がスラスラ言っていたことを、また学校のロゴが書いてある服を着ていたり、自分の学校の競技チームの応援に力をいれたり、そういったシーンから自分にまつわるものに対して愛が大きいと感じました。
  • アメリカの高校は教科選択の幅が広く、個性を活かせる環境が整っていました。日本の高校と違うところが多くあったので、伝えたいと思います。またアメリカ人には「外国人」という考え方があまりなく、初対面の私たちにも気軽に話しかけてくれたのでこのことを伝えていきたいです。

3 . 参加者の感想(自由記述)

  • アメリカの授業の進行の仕方がとても新鮮でした。先生が話している間にも生徒が何人も手を上げていて質問がたくさんでていたのでとても印象的でした。更にはその質問から授業がより発展していくので、より深く学べるのだと思います。
  • このような素晴らしい機会をくださりありがとうございました。プレゼンテーションの準備に追われ忙しい日々を過ごしましたが、その結果最高のプレゼンテーションをすることができました。またこれにより、スピーチとは違う話し手と聞き手の細かい反応のやりとりができるというプレゼンテーションの良さを知ることができ本当に嬉しく思っています。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール : infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る