KAKEHASHIプロジェクト / 筑波大学(茨城県)

2014年3月実施の派遣事業

第4陣・大学生
筑波大学(茨城県)

日程:2014年3月2日~3月15日
地方訪問先:ウィスコンシン州立大学オシュコシュ校(ウィスコンシン州)
参加人数:25名

プログラム記録写真

ニューヨークに到着の写真
ニューヨークに到着
 

タイムズ・スクエア訪問(米国の文化理解)の写真
タイムズ・スクエア訪問
(米国の文化理解)

米国陸軍アカデミー訪問(オリエンテーション)の写真
米国陸軍アカデミー訪問
(オリエンテーション)

米国陸軍アカデミー訪問(昼食会)の写真
米国陸軍アカデミー訪問
(昼食会)

米国陸軍アカデミー訪問(プレゼンテーション)の写真
米国陸軍アカデミー訪問
(プレゼンテーション)

米国陸軍アカデミー訪問(資料館視察)の写真
米国陸軍アカデミー訪問
(資料館視察)

ニューヨーク市内視察(米国の文化理解)の写真
ニューヨーク市内視察
(米国の文化理解)

ウィスコンシン州立大学オシュコシュ校 大学交流の写真
ウィスコンシン州立大学オシュコシュ校
大学交流

ウィスコンシン州オシュコシュ校 大学交流(交流会)の写真
ウィスコンシン州オシュコシュ校
大学交流
(交流会)

ウィスコンシン州オシュコシュ校 大学交流(テレビ会議システムを使ったディスカッション)の写真
ウィスコンシン州オシュコシュ校
大学交流
(テレビ会議システムを使ったディスカッション)

ウィスコンシン州オシュコシュ校 大学交流(プレゼンテーション)の写真
ウィスコンシン州オシュコシュ校
大学交流
(プレゼンテーション)

サンタモニカ市内視察の写真
サンタモニカ市内視察
 
 

ピックアップ プログラム参加者の声

1. 今回の米国での日本の魅力発信を通じて、もっとも印象に残ったことについて意見を記入してください。

  • 「あなたたちのプレゼンテーションを聞いて、よくわからなくて行こうと思っていなかった日本に絶対行くって決めたわ」と言ってもらえたこと。
  • 日本が好きな人々にプレゼンテーションをして興味を持ってもらうのは簡単だったが、日本に対して特に印象を持っていない人々に興味を持ってもらうのは難しいんだなぁと感じた。マンガ・アニメやサムライ文化など、ありきたりな日本のイメージだけではなく、新しい洗練された文化でこれらの人々を惹きつけることが、今後の日本の課題なのでは?と思った。

2. 帰国後、地域や学校等で伝えていきたいことについて意見を記入して下さい。

  • 英語は単なるツールであると言われているけれども、結局自分の可能性を大きく広げるものであり、貪欲に勉強すべき。
  • 自信を持つことの重要性です。普段は「私の街なんて・・・」「日本なんて・・・」という風に思いがちですが、日本には本当にコンテンツがたくさんあります。しかも、一つ一つがとっても魅力的です。にもかかわらず、それを十分に発信しきれていないように思います。見つけて、伝えて、つなげることの重要性を感じたプログラムだったことを伝えていきたいです。

3 . 参加者の感想(自由記述)

  • このような機会をもっと増やしていただきたい。一日本国民として、教育・研究に予算を惜しむべきではないと考える。
  • KIZUNA Projectに参加したアメリカの男子学生のお母様と話をした時、「KIZUNAに参加して息子の人生が変わったのよ」と語ってくれた。私も、そのお母様に、「私の人生も変わりそうです」と答えることができた。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashijpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る