KAKEHASHIプロジェクト / 横浜国立大学(神奈川県)

2014年3月実施の派遣事業

第4陣・大学生
横浜国立大学(神奈川県)

日程:2014年3月2日~3月15日
地方訪問先:ジョージ・メイソン大学(ヴァージニア州)
参加人数:25名

プログラム記録写真

ニューヨーク市内視察の写真
ニューヨーク市内視察
 

NPO法人 AD JaNet社訪問(企業訪問)の写真 1
NPO法人 AD JaNet社訪問
(企業訪問)

NPO法人 AD JaNet社訪問(企業訪問)の写真 2
NPO法人 AD JaNet社訪問
(企業訪問)

タイムズ・スクエア訪問(米国の文化理解)の写真
タイムズ・スクエア訪問
(米国の文化理解)

国立アメリカ・インディアン博物館(米国の文化理解)の写真
国立アメリカ・インディアン博物館
(米国の文化理解)

Sony Wonder Technology Lab(米国の文化理解)の写真
Sony Wonder Technology Lab
(米国の文化理解)

在ニューヨーク日本国総領事公邸(合同レセプション)の写真 1
在ニューヨーク日本国総領事公邸
(合同レセプション)

在ニューヨーク日本国総領事公邸(合同レセプション)の写真 2
在ニューヨーク日本国総領事公邸
(合同レセプション)

ジョージ・メイソン大学 大学交流(プレゼンテーション)の写真 1
ジョージ・メイソン大学 大学交流
(プレゼンテーション)

ジョージ・メイソン大学 大学交流(プレゼンテーション)の写真 2
ジョージ・メイソン大学 大学交流
(プレゼンテーション)

ジョージ・メイソン大学 大学交流(交流会)の写真 1
ジョージ・メイソン大学 大学交流
(交流会)

ジョージ・メイソン大学 大学交流(交流会)の写真 2
ジョージ・メイソン大学 大学交流
(交流会)

ピックアップ プログラム参加者の声

1. 今回の米国での日本の魅力発信を通じて、もっとも印象に残ったことについて意見を記入してください。

  • 日本人は、日本人であるがゆえに、日本の文化を当たり前だと思ってしまっており、日本の文化を客観的に考えることができていないために、日本のことに詳しくない国民となってしまっているように感じた。
  • 一対一の会話の中で、大いに、日本の良さを発信していけるのだと改めて認識できたことです。一人一人が日本をアピールする大使になれるのだと実感しました。

2. 帰国後、地域や学校等で伝えていきたいことについて意見を記入して下さい。

  • このプロジェクトが他の何にも代えがたいほど素晴らしい機会だったことを伝えたい。アメリカの都市を訪ね、アメリカの文化を知る機会を作ることは私的な旅行でも出来るかもしれないが、各地方の大学を訪れて、日本の文化を伝える機会というものはなかなか得難いものだと思うのだ。
  • 異文化コミュニケーションの場において大事なのは、発音や文法の正しさだけではなく伝えようとしたり理解しようとする姿勢だということ。

3 . 参加者の感想(自由記述)

  • 帰国してからは、楽しかったアメリカでの日々を思い出しながら、KAKEHASHIはつくって終わりではないよなぁ、これからもその橋を行ったり来たりして使ってこそ、本当のKAKEHASHIだよなぁと考えています。その橋は同じ人だけではなくてどんどん新しい人を迎え入れたりするだろうし、どんどん安定したものになっていくと思っています。
  • 海外に出るのが初めての私にとっては、一秒一秒が新鮮で刺激的で貴重な経験でありました。今回のプロジェクトを通して自分の中で決定的に変わったものがあります。それは夢のなかった私に、新たな夢ができたことです。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashijpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る