KAKEHASHIプロジェクト / 神奈川県立横浜国際高等学校(神奈川県)

2014年3月実施の派遣事業

第5陣・高校生
神奈川県立横浜国際高等学校(神奈川県)

日程:2014年3月16日~3月29日
地方訪問先:ウォルトウィットマン高校/ブーンズボロ高校(メリーランド州)
参加人数:25名

プログラム記録写真

ウォルトウィットマン高校 学校交流(校長と対面)の写真
ウォルトウィットマン高校 学校交流
(校長と対面)

ウォルトウィットマン高校 コミュニティイベント(プレゼンテーション)の写真
ウォルトウィットマン高校 コミュニティイベント
(プレゼンテーション)

ウォルトウィットマン高校 コミュニティイベント(パフォーマンス披露)の写真
ウォルトウィットマン高校 コミュニティイベント
(パフォーマンス披露)

ウォルトウィットマン高校コミュニティイベントの写真
ウォルトウィットマン高校
コミュニティイベント

ブーンズボロ高校コミュニティイベントの写真
ブーンズボロ高校
コミュニティイベント

ブーンズボロ高校 コミュニティイベント(プレゼンテーション)の写真
ブーンズボロ高校 コミュニティイベント
(プレゼンテーション)


ブーンズボロ高校 学校交流(プレゼンテーション)4の写真
ブーンズボロ高校 学校交流
(プレゼンテーション)

ブーンズボロ高校 学校交流(プレゼンテーション)5の写真
ブーンズボロ高校 学校交流
(プレゼンテーション)

ノースコブ高校 学校交流の写真
ノースコブ高校 学校交流

ノースコブ高校 学校交流(プレゼンテーション)1の写真
ノースコブ高校 学校交流
(プレゼンテーション)

ノースコブ高校 学校交流(交流会)の写真
ノースコブ高校 学校交流
(交流会)

ノースコブ高校 学校交流(プレゼンテーション)2の写真
ノースコブ高校 学校交流
(プレゼンテーション)

ピックアップ プログラム参加者の声

1. 今回の米国での日本の魅力発信を通じて、もっとも印象に残ったことについて意見を記入してください。

  • 日本人は完璧に暗記して台本通りのプレゼンをしようとするけれど、アドリブややり取りがある実際の会話のような聞き手が参加できるようなプレゼンの方が楽しんでくれると分かりました。
  • アメリカ人の反応が意外と大きかったので、日本に興味を持ってくれて有難いと思いました。私は日本の自動販売機についてプレゼンしましたが、バラエティーの多さに彼らが驚いていたので(例えばアイスクリームやタバコの自販機)いかに日本の日常に、たくさんのすぐれた技術が入り込んでいるのかを痛感しました。

2. 帰国後、地域や学校等で伝えていきたいことについて意見を記入して下さい。

  • 私はアメリカ国内の様々な地域へ行き、アメリカの人にとっての日本という国の存在の大きさに驚きました。D.C.ではちょうど桜の開花の時期ということで、博物館で桜や日本について書かれたパネルがありました。また現地の高校生も日本についてすごく詳しく知っていて驚きました。私は帰国後、私の周りにいる人へ日本は本当に素晴らしいことや海外からも高く評価され、様々な人々から好かれている国だということを伝えたいです。
  • 今回のプレゼンテーションを通して“伝えることの大切さ”を学びました。どんなに発音がよくても文章がまとまっていても“どこを伝えたいのか”ということがちゃんと分かっていないと相手に響くようなプレゼンはできないのだと思います。だからこれから学校でプレゼンがあるときは“うまく読む”のではなく、“自分の気持ちをしっかりと表現する”ということに気をつけ、またそれを友達に伝えていきたいです。

3 . 参加者の感想(自由記述)

  • 学校そして国を代表し、KAKEHASHIプロジェクトに参加できて、とてもいい体験をすることができました。学校交流やホームステイなどの機会は、アメリカの文化を知るという意味でも貴重な体験でした。今回のプロジェクトを通して学んだことを、今後は友達や家族だけでなく、様々な人に発信していきたいです。
  • プレゼンテーションの準備は大変でしたが、観客に質問して、コミュニケーションをとりながら進めるという技術や大勢の人の前で話す度胸がつきました。また今回は私にとって初めてのアメリカだったのですが、3都市を訪問し、それぞれの名所を観光することで、その街ごとの魅力を知ることができました。またホームステイ先や交流した高校では、たくさんの素敵な人達と出会うことができました。彼らと楽しく会話できたことで、自分の英語にも少し自信が持てるようになりました。とても貴重な体験をさせていただき感謝しています。

関連リンク

  • 神奈川県立横浜国際高等学校HP「3/24 海外派遣が次々と出発します」

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール : infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る