KAKEHASHIプロジェクト / 八戸工業大学第二高等学校(青森県)

2013年10月実施の派遣事業

第1陣・高校生
八戸工業大学第二高等学校(青森県)

日程:10月25日~11月7日
地方訪問先:キャロウェイ・カウンティ高校(ケンタッキー州)
参加人数:25名

プログラム記録写真

ワシントン・ダレス国際空港到着の写真
ワシントン・ダレス国際空港到着

キング牧師記念碑 (米国の歴史・文化理解) の写真
キング牧師記念碑
(米国の歴史・文化理解)

リンカーン記念館 (米国の歴史・文化理解) の写真
リンカーン記念館
(米国の歴史・文化理解)

国立航空宇宙博物館 (米国の最先端技術・産業理解) の写真
国立航空宇宙博物館
(米国の最先端技術・産業理解)

ホワイトハウス(米国の政治理解) の写真
ホワイトハウス
(米国の政治理解)

ジョージ・メイソン大学 学校交流 (プレゼンテーション) の写真
ジョージ・メイソン大学 学校交流
(プレゼンテーション)

マッキンリーテクノロジー高校 学校交流 (プレゼンテーション)1の写真
マッキンリーテクノロジー高校 学校交流
(プレゼンテーション)

マッキンリーテクノロジー高校 学校交流 (プレゼンテーション) 2の写真
マッキンリーテクノロジー高校 学校交流
(プレゼンテーション)

ホストファミリーと対面の写真
ホストファミリーと対面

キャロウェイ・カウンティ高校 学校交流 (プレゼンテーション) 1の写真
キャロウェイ・カウンティ高校 学校交流
(プレゼンテーション)

キャロウェイ・カウンティ高校 学校交流 (プレゼンテーション) 2の写真
キャロウェイ・カウンティ高校 学校交流
(プレゼンテーション)

キャロウェイ・カウンティ高校 学校交流 (交流会) の写真
キャロウェイ・カウンティ高校 学校交流
(交流会)

ピックアップ プログラム参加者の声

1. 今回の米国での日本の魅力発信を通じて、もっとも印象に残ったこと

  • 皆とても親切で、ホームステイが最も印象に残っています。日本の魅力をホームステイ先に伝える際、興味を持って聞いてくれていて良かったです。アメリカの文化も沢山学ぶことができました。日米の相互理解を深め、将来日本とアメリカの架け橋になりたいと思いました。
  • 英語でのコミュニケーションは大事ですが、言葉以外でもジェスチャーを使ってコミュニケーションをとることができました。顔の表情からでも相手の気持ちを読みとって、会話をすることができると確信できました。日本の文化は意外と米国にも浸透していて、日本の魅力に改めて気付くことができました。

2. 帰国後、地域や学校等で伝えていきたいことについて

  • 私は英語が苦手で、正直不安がありました。でも、皆優しく、私の下手な英語も必死に聞き取ってくれ、私に伝えたいことがあるとゆっくりと分かりやすい言葉に変えて話してくれました。コミュニケーションを取ることは難しいけど、とても素晴らしいことだと思います。自分はできないからやらないのではなく、一歩踏み出すことで新しい発見があると思います。
  • 日本では食事の前後には食べ物に感謝を込めたあいさつをしますが、アメリカにはそのような文化はなく、ご飯の時間になったらそのまま食べます。食べ物に感謝をするというのは良い習慣であると思うので、日本の良さについて伝えていきたいです。

3 . 参加者の感想(自由記述)

  • このプログラムに参加して、他県の参加者との英語力の差やプレゼンテーションの工夫の仕方など刺激を受けることが多かったです。言語は、言葉ではなく気持ちであるというのは間違いではないですが、やはり言語力も大事だと思います。今回色々なことに気付くことができたので、これからの将来のために活かしていきたいと思います。
  • KAKEHASHIプロジェクトに参加できて、本当に良い体験ができました。アメリカ人はどういった人達で日本とどのような点が違うのかなど、自分で直接触れて体験してきて、自分で気付けたということが一番感動できました。

関連リンク

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール : infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る