KAKEHASHIプロジェクト / 岩手県立花巻農業高等学校(岩手県)

2013年10月実施の派遣事業

第1陣・高校生
岩手県立花巻農業高等学校(岩手県)

日程:10月25日~11月7日
地方訪問先:アーカソンソー理化学高校 (アーカンソー州)
参加人数:25名

プログラム記録写真

ワシントン・ダレス国際空港到着の写真
ワシントン・ダレス国際空港到着

ホワイトハウス(米国の政治理解) の写真
ホワイトハウス
(米国の政治理解)

ワシントンメトロポリタン高校 学校交流 (プレゼンテーション) の写真
ワシントンメトロポリタン高校 学校交流
(プレゼンテーション)

アーカンソー州リック・クロフォード議員 事務所 表敬訪問 (米国の地方政治・文化理解) の写真
アーカンソー州リック・クロフォード議員 事務所 表敬訪問
(米国の地方政治・文化理解)

ジョージ・ワシントン大学 学校交流 (プレゼンテーション) の写真
ジョージ・ワシントン大学 学校交流
(プレゼンテーション)

アーカソンソー理化学高校 学校交流 (ハロウィーン行事体験) 1の写真
アーカソンソー理化学高校 学校交流
(ハロウィーン行事体験)

アーカソンソー理化学高校 学校交流 (ハロウィーン行事体験) 2の写真
アーカソンソー理化学高校 学校交流
(ハロウィーン行事体験)

南北戦争時代国立公園 (米国の歴史理解) の写真
南北戦争時代国立公園
(米国の歴史理解)

コミュニティイベント(プレゼンテーション) 1の写真
コミュニティイベント
(プレゼンテーション)

コミュニティイベント(プレゼンテーション) 2の写真
コミュニティイベント
(プレゼンテーション)

中部アメリカ科学博物館 (米国の科学技術理解) 1の写真
中部アメリカ科学博物館
(米国の科学技術理解)

中部アメリカ科学博物館 (米国の科学技術理解) 2の写真
中部アメリカ科学博物館
(米国の科学技術理解)

マーティン・ルーサー・キング アカデミックマグネット高校 学校交流 (プレゼンテーション)1 の写真
マーティン・ルーサー・キング
アカデミックマグネット高校 学校交流
(プレゼンテーション)

マーティン・ルーサー・キング アカデミックマグネット高校 学校交流 (プレゼンテーション)2の写真
マーティン・ルーサー・キング
アカデミックマグネット高校 学校交流
(プレゼンテーション)

ピックアップ プログラム参加者の声

1. 今回の米国での日本の魅力発信を通じて、もっとも印象に残ったこと

  • ドームステイ先の生徒達が自分達と年齢が変わらないのにすごく大人びていて、自分達をリードしてくれた事と、プレゼンテーション発表で予想以上にアメリカの学生が盛り上がってくれた事が印象に残っています。発表や交流を通じて積極的になることが出来たし、日本の文化をアメリカへ伝え、アメリカの文化を日本へ伝えることができたので、とても有意義な研修になったと思います。
  • もっとも印象に残ったことは学校交流です。私のグループでは、日本の伝統的なおもちゃについて紹介し、そのおもちゃを使って一緒に体験してもらいました。真剣に、時には楽しそうにプレゼンテーションを聞いてくれ、その時の笑顔は今でも忘れることができません。私はアメリカ人の反応の良さや笑顔が一番印象に残っています。

2. 帰国後、地域や学校等で伝えていきたいことについて

  • アメリカ人の寛大さや優しさ、また外国の人と交流する楽しさや文化の違い、プレゼンテーション発表を自分達で計画・作成し、成功した時の達成感などを伝え、地域や学校の人達がアメリカへ興味を持ってくれて、日米の交流がもっと盛んになれば良いと思います。
  • 10日間アメリカに滞在して、街を歩けば所々から「Thank you」、「You're welcome」と言う声が聞こえてきました。いつも感謝の気持ちや人に思いやりを持てる国がアメリカだと感じました。また、夢や目標を持って日本語を学んでいるアメリカ人に沢山出会うことができました。将来、日本を担っていく私達はもっと国際社会を意識していかなければいけないと思います。

3 . 参加者の感想(自由記述)

  • KAKEHASHIプロジェクトに参加して、英語の大切さが分かりました。もっと話せて、聞きとれるよう英語の勉強を今後頑張ろうと思いました。アメリカ人はとても優しく、何事にも積極的でした。その中で一緒に生活できて、積極性を身に付けられたと思います。
  • 私は飛行機に乗るのも初めてで、何をするにも初めての体験ばかりでした。また、これからの将来に役立つ事が沢山あり、色々な体験ができて本当に良かったです。

関連リンク

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール : infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る