KAKEHASHIプロジェクト / 岐阜県立大垣北高等学校(岐阜県)

2013年10月実施の派遣事業

第1陣・高校生
岐阜県立大垣北高等学校(岐阜県)

日程:10月25日~11月7日
地方訪問先:リチャードソン高校/ロイド・V・バークナー高校(テキサス州)
参加人数:25名

プログラム記録写真

キング牧師記念碑 (米国の歴史・文化理解) の写真
キング牧師記念碑
(米国の歴史・文化理解)

National 4-H Youth Conference Center(ワシントンDC宿泊先) の写真
National 4-H Youth Conference Center
(ワシントンDC宿泊先)

ポールパブリックチャーター高校 学校交流 (プレゼンテーション) の写真
ポールパブリックチャーター高校 学校交流
(プレゼンテーション)

ウェストフィールド高校 学校交流 (プレゼンテーション)1 の写真
ウェストフィールド高校 学校交流
(プレゼンテーション)

ウェストフィールド高校 学校交流 (プレゼンテーション)2の写真
ウェストフィールド高校 学校交流
(プレゼンテーション)

ウェストフィールド高校 学校交流 (ハロウィーン行事体験) の写真
ウェストフィールド高校 学校交流
(ハロウィーン行事体験)

リチャードソン高校 学校交流 (プレゼンテーション) の写真
リチャードソン高校 学校交流
(プレゼンテーション)

リチャードソン高校 学校交流 (ハロウィーン行事体験) の写真
リチャードソン高校 学校交流
(ハロウィーン行事体験)

ロイド・V・バークナー高校 学校交流 (授業参加) の写真
ロイド・V・バークナー高校 学校交流
(授業参加)

リチャードソン高校 学校交流の写真
リチャードソン高校 学校交流

リチャードソン高校/ロイド・V・バークナー高校 (Host Studentとのお別れ) の写真
リチャードソン高校/ロイド・V・バークナー高校
Host Studentとのお別れ)

スミルナ高校 学校交流 (プレゼンテーション) の写真
スミルナ高校 学校交流
(プレゼンテーション)

ピックアップ プログラム参加者の声

1. 今回の米国での日本の魅力発信を通じて、もっとも印象に残ったこと

  • プレゼンテーションを聞く姿勢を見て、日本に興味を持ってくれる人が沢山いることに非常に感激しました。日本について海外に向けて発信しただけでなく、日本がどれほどの影響を与え得るのかも同時に理解できました。
  • 日本を知っている人もいれば、全く知らない人もいました。日本は先進国ですが、もっと自覚と責任を持ち世界に出て活躍し、私達自身の活動や行動で日本の魅力をアピールしていきたいと感じました。

2. 帰国後、地域や学校等で伝えていきたいことについて

  • 国際交流は身近であるということを学び、より多くの人にそのことを伝えていきたいです。学校の報告会ではKAKEHASHIプロジェクト参加者全員で学んだことを発表しました。その後、色んな人からもっと詳しく聞きたいと言われたので、自分が学んだことと自分の考えを伝えていきたいです。
  • 日本人とアメリカ人では、時間や自分の周りにいる人に対する考え方が違っていました。どちらの考え方も納得できる点があり、またその違いがとても面白かったので、家族や友達にも発信していきたいです。外国と自国の文化の違いを認め合えるような世界を作っていきたいと思いました。

3 . 参加者の感想(自由記述)

  • 今回参加させて頂いて、非常に自分に自信がつきました。英語能力のみではなく、外国人と触れ合ったり友達になったりと、今までの世界を越えて新たな経験ができたことです。一生涯忘れられない貴重な経験ができました。
  • 日本の代表、学校の代表としてアメリカへ行くのは責任を感じましたが、本当に良い経験だったと思います。楽しかったという感想だけで終わらず、これからの生活に活かせてこそ、価値あるものになると思いました。

関連リンク

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール : infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る