KAKEHASHIプロジェクト / 福島県立いわき総合高等学校(福島県)

2013年11月実施の派遣事業

第2陣・中学生・高校生・大学生 混成
福島県立いわき総合高等学校(福島県)

日程:2013年11月1日~11月14日
地方訪問先:ブルーミントン北高校(インディアナ州)
参加人数:25名

プログラム記録写真

米国オリエンテーション(プレゼンテーション練習) の写真
米国オリエンテーション
(プレゼンテーション練習)

ミレニアムパーク(米国の文化理解) の写真
ミレニアムパーク
(米国の文化理解)

日系アメリカ人市民同盟(JACL) (プレゼンテーション) 1の写真
日系アメリカ人市民同盟(JACL
(プレゼンテーション)

日系アメリカ人市民同盟(JACL) (プレゼンテーション) 2の写真
日系アメリカ人市民同盟(JACL
(プレゼンテーション)

日系アメリカ人市民同盟(JACL) (プレゼンテーション) 3の写真
日系アメリカ人市民同盟(JACL
(プレゼンテーション)

シカゴ日米協会 (プレゼンテーション) の写真
シカゴ日米協会
(プレゼンテーション)

スタインメッツ高校 学校交流 (歓迎式) の写真
スタインメッツ高校 学校交流
(歓迎式)

ブルーミントン北高校 学校交流 (ハロウィーン飾り作り) の写真
ブルーミントン北高校 学校交流
(ハロウィーン飾り作り)

ブルーミントン北高校 学校交流 (授業参加) の写真
ブルーミントン北高校 学校交流
(授業参加)

ブルーミントン北高校 学校交流 (プレゼンテーション) の写真
ブルーミントン北高校 学校交流
(プレゼンテーション)

デンバー自然科学博物館 (米国の自然文化理解) の写真
デンバー自然科学博物館
(米国の自然文化理解)

報告会の写真
報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. 今回の米国での日本の魅力発信を通じて、もっとも印象に残ったことについて意見を記入して下さい。

  • 私が最も印象に残った事は、プレゼンテーションをしているときの学生達の態度でした。最初は静かに私達のプレゼンテーションを聞いているのですが、こちら側のセリフである問いかけに素直に"そうだ"と答えてくれたのです。そんな積極的な相手達に私はもっとたくさん発表したいと思いました。 そして"どうして積極的なのか"とも考えました。結果見つけた答えが授業風景です。今回私達がアメリカにいた期間中、2ヶ所の学校に行きましたが、その2つの学校に共通して言えるのは生徒が授業の中で積極的に発言をする事でした。普段からの生活で人の性格や態度は変わり、こうして他の人にも良い刺激を与えるのだと私は思いました。
  • ホームステイが最も印象に残りました。ホームステイ初日は、英語を聞き取ることも伝えることもままならなくて、自分の英語力のなさにショックを受けました。しかし、ホストファミリーがやさしく私を受け入れてくれ、単語を思い出せず電子辞書で検索しているときも、やさしく笑顔で待ってくれました。

2. 帰国後、地域や学校等で伝えていきたいことについて意見を記入して下さい。

  • 今回の体験において、何より苦労したことは人とのコミュニケーションで用いる「英会話力」でした。英会話の経験が少なかった自分にとって、伝えたいことを伝えられないくやしさを知り、「英語」の重要さを改めて知ることができたので、友達にはいかに英語が必須かを伝えたいと思います。また、人と人とのつながりの大切さも学びました。積極的に人に話しかけることにより、世界への視野が大きく広がり、人脈が広がることが分かりました。これからもレセプションなどの交流活動には積極的に参加していき、また多くの人脈を広げることを心がけたいと思います。
  • 私はアメリカの学校での授業で、日本との違いを多く見つけました。その一つが授業中の積極的な態度です。日本の学生の授業態度は受け身であり、あまり自分からなにかをしようというものがありませんが、アメリカの学生はどの学校も積極的に授業に参加し、何かをちゃんと学んでいるという態度でした。このことに、私も影響を受け、自分の生活態度を見直そうと思いました。また私の身近な友達にもこのことを伝えて、授業じゃなくても何かに対して積極的になって欲しいと思い、このことを伝えていきたいと思いました。

3 . 参加者の感想(自由記述)

  • アメリカでの交流を通して、日本のよさも改めて感じることが出来ました。アメリカでの生活は、日本にはない物だらけだったので、とても勉強になりました。日本では当たり前なことも、アメリカでは常識ではなくて、アメリカでのマナーも日本では聞いたことのないものでした。文化の違い、生活習慣、物価、すべてにおいて初めてのことが多く、そのことも伝えて、今後の英語の学力もあげてまたアメリカに行きたいです。
  • このプロジェクトを通して、グローバル化の大切さを学びました。その国に行かないと分からなかったことが沢山あると思いました。普通の観光では、学校訪問やホームステイは出来ません。学校訪問で現地の生徒と交流することで文化の違いや国民性を知ることができました。私は将来、世界中を飛びまわるような仕事に就きたいので、とても勉強になり自分自身、沢山のことを気付かされる二週間でした。このプロジェクトに参加でき、本当に良かったです。ありがとうございました。

関連リンク

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール : infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る