KAKEHASHIプロジェクト / いわき生徒会長サミット(福島県)

2013年11月実施の派遣事業

第2陣・中学生・高校生・大学生 混成
いわき生徒会長サミット(福島県)

日程:11月1日~11月14日
地方訪問先:エルキンズポイント中学校(ジョージア州)
参加人数:25名

プログラム記録写真

米国オリエンテーション(プレゼンテーション練習) の写真
米国オリエンテーション
    (プレゼンテーション練習)    

シカゴJET同窓会 (プレゼンテーション)の写真
シカゴJET同窓会
(プレゼンテーション)

シカゴ日米協会 (プレゼンテーション) の写真
シカゴ日米協会
(プレゼンテーション)

ジェーンアダムズ中学校 学校交流 (プレゼンテーション) 1の写真
ジェーンアダムズ中学校 学校交流
(プレゼンテーション)

ジェーンアダムズ中学校 学校交流 (プレゼンテーション) 2の写真
ジェーンアダムズ中学校 学校交流
(プレゼンテーション)

エルキンズポイント中学校 学校交流 (歓迎式)の写真
エルキンズポイント中学校 学校交流
(歓迎式)

エルキンズポイント中学校 学校交流 1の写真
エルキンズポイント中学校 学校交流

エルキンズポイント中学校 学校交流 2の写真
エルキンズポイント中学校 学校交流

エルキンズポイント中学校 学校交流 (交流会) の写真
エルキンズポイント中学校 学校交流
(交流会)

セレスティアル・シーズニングス社工場 (地方の産業理解) の写真
セレスティアル・シーズニングス社工場
(地方の産業理解)

ルックアウト山 (地方の自然理解) の写真
ルックアウト山
(地方の自然理解)

デンバー国際空港 出発の写真
デンバー国際空港 出発

ピックアップ プログラム参加者の声

1. 今回の米国での日本の魅力発信を通じて、もっとも印象に残ったことについて意見を記入してください。

  • 私はホームステイがもっとも印象に残りました。初めは家の中にいても何をしていいか分からず、だまってしまいました。しかし、そんな私にホストファミリーはたくさんアメリカについて話してくれて私も日本について、福島、いわきについて話しをすることができました。他にも食事のときの細かいマナーや、ホストファミリー以外のアメリカ人との接し方を教えてくれて、アメリカについてたくさん学ぶことができた素晴らしいホームステイとなりました。
  • 私のグループは金閣・銀閣、富士山、米、七夕についてプレゼンテーションをしましたが、アメリカの人々が皆、私たちの発表に興味を持って目を輝かせて発表を聞いてくださったのが嬉しかったです。また私たちも発表を重ねるごとに自信がついて、どうしたら分かりやすく伝わるか、英語のイントネーションに気をつけたり、ジェスチャーを取り入れたり、各々が様々な工夫をこらした発表ができるようになったのもうれしく、心に残っています。

2. 帰国後、地域や学校等で伝えていきたいことについて意見を記入してください。

  • ホームステイなどを体験し、人とのコミュニケーションについて今までよりも理解できました。何かを伝えるという事は、言語の違いではなく、伝える気持ちとその表現だと思います。伝えたいと思うからこそ、初めて自分の気持ちがわかってもらえると思いました。この事を中心にいろいろな食べ物、アメリカと日本の文化の違いなども伝えたいと思います。
  • アメリカの人々は皆、自分なりの強い意志を持っているということ。また、アメリカでの学校生活は、日本とはまるでルールが違っていますが、自由な生活の中でも皆、場をわきまえた行動ができ、授業にも積極的だということ。そして、アメリカの学生は就寝時間が早いために、授業中寝ている人は全くいないということ。日本の学生は消極的な生徒が多いと感じるので、アメリカの学生はこんなにも授業に積極的で、学校生活を楽しんでいるということを伝えていきたいです。

3 . 参加者の感想(自由記述)

  • 私はアメリカに恐いイメージしかありませんでしたが、行ってみるととても楽しくて、経験してみないとわからないということを学びました。また事前説明会のときに先生が、伝えようという気持ちがあれば伝わるといっていましたが、私は正直あまり信じていませんでした。でも話している言語が違っても、本当に伝わったのは驚きました。このようなことを気付かせてくれたのは先生方や、事業にご協力いただいた方々のおかげだと思うので本当に感謝しています。
  • 私にはほとんどが人生初の体験ばかりで、とまどう場面もありましたが、いろいろな方法を使い、なんとか乗り切れたと思います。私たちが無事に2週間旅を終えられたのも多くの人々の支えと協力、安全に旅をさせてくれたガイドの人々、引率の先生方のおかげで、感謝を忘れずにいたいと思います。この2週間の出来事を忘れず、さらに経験を増やし、将来いろいろな分野でリーダーシップを発揮できるよう、頑張りたいと思います。

関連リンク

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール : infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る