KAKEHASHIプロジェクト / 宮城学院女子大学(宮城県)

2013年11月実施の派遣事業

第2陣・中学生・高校生・大学生 混成
宮城学院女子大学(宮城県)

  

日程:2013年11月1日~11月14日
地方訪問先:リバーサイド・コミュニティ・カレッジ・ディストリクト(カリフォルニア州)
参加人数:25名

プログラム記録写真

シカゴ文化センター(米国の文化理解) の写真
シカゴ文化センター
(米国の文化理解)

米国オリエンテーション(プレゼンテーション練習) の写真
米国オリエンテーション
(プレゼンテーション練習)

ルーズベルト大学 学校交流 (プレゼンテーション) の写真
ルーズベルト大学 学校交流
(プレゼンテーション)

ルーズベルト大学 学校交流 (交流会) の写真
ルーズベルト大学 学校交流
(交流会)

DIRTT社 グリーンラーニングセンター(地元の産業理解) の写真
DIRTT社 グリーンラーニングセンター
(地元の産業理解)

マスダ・フナイ法律事務所 (米国社会理解) の写真
マスダ・フナイ法律事務所
(米国社会理解)

リバーサイド・コミュニティ・カレッジ学校交流(プレゼンテーション)1の写真
リバーサイド・コミュニティ・カレッジ
学校交流(プレゼンテーション)

リバーサイド・コミュニティ・カレッジ学校交流(プレゼンテーション)2の写真
リバーサイド・コミュニティ・カレッジ
学校交流(プレゼンテーション)

リバーサイド・コミュニティ・カレッジ学校交流(プレゼンテーション)3の写真
リバーサイド・コミュニティ・カレッジ
学校交流(交流会)

リバーサイド・コミュニティ・カレッジ学校交流 の写真
リバーサイド・コミュニティ・カレッジ
学校交流

アーランザコミュニティセンター(プレゼンテーション) の写真
アーランザコミュニティセンター
(プレゼンテーション)

スタンフォード大学 学校交流 (授業参加) の写真
スタンフォード大学 学校交流
(授業参加)

ピックアップ プログラム参加者の声

1. 今回の米国での日本の魅力発信を通じて、もっとも印象に残ったことについて意見を記入してください。

  • 私たちのプレゼンテーションの中で震災について発表したグループがいました。その時にある男の子が、「自分達に何かできることはありますか?」と尋ねてきました。私はこの言葉がもっとも印象に残っています。国も言語も違う人が、私たち数人の数分のプレゼンテーションを聞いて、興味や関心を抱いてくれたこと、私たちのために一生懸命考えてくれたことが嬉しかったです。私たちは「ぜひ宮城県を訪れてほしい、プレゼンテーションを聞いて日本の魅力を、家族や友達に伝えてほしい」と伝えました。
  • 私たち日本人には、昔から伝統的に歌われている童謡を歌うことで、自分の故郷や景色を思い出し、あたたかい気持ちになった経験が誰しもにあると思います。それは、日本で小さい頃から童謡を歌ったり、祖母がうたってくれたりした背景があるからこそ、その気持ちが生まれます。このような言葉にできない文化を伝えたいと思い、五感を用いて日本の文化を知ってもらう方法を考えました。選んだ曲は『浜辺の歌』でした。歌う時に頭に浮かぶものが表現できるよう、小豆を使って波の音、風鈴を使って風の雰囲気を出しました。歌は英語の歌詞にし、一緒に歌いました。童謡を歌う日本人の心を伝えきれたとは思いませんが、一緒にうたってくれた学生の中で、手を自分の胸にあて、何かを感じているような様子も見られたので、ほんの少し理解してもらえたのではないかと感じました。

2. 帰国後、地域や学校等で伝えていきたいことについて意見を記入してください。

  • 姉妹都市のリバーサイドで観たマーチングブラスバンドで、ある学校が世界の悲しい出来事への祈りや願いを込め、「We will never forget」と看板を立て、日本の津波へのメッセージを掲げていました。私たちが知らない場所でも、日本のために何かしている人がいるということを皆に教えたいなと思いました。
  • 日本を誇りに思い、その素晴らしさを発信していってほしい、またそのために自国のことをもっと知って欲しい、ということを伝えたいです。私はこのプレゼンテーションでステーショナリーを題材として、日本の技術の素晴らしさ、面白さを伝えました。想像以上に相手国の方々の反応が良く、多くの方が日本のステーショナリーはすごい、日本の技術はすごい、と言ってくれました。私たちが当たり前のように日々使っているものにも、日本の高い技術が盛り込まれていて、それは私たちの誇るべき文化だと思いました。

3 . 参加者の感想(自由記述)

  • このような素晴らしい経験をさせていただいたことに、感謝の気持ちでいっぱいです。色々な面で成長することができました。日本の魅力を発信しましたが、言葉足らずですべてを完全に出し切ることはできずに悔しい場面もありました。そして、現地の方との交流を通して、やはり国境を越えた交流は、自分にとって本当に楽しく興味深いものでした。この悔しさと楽しさから私はまた米国へ行き、日本の発展に貢献できるような職に就きたいと思うようになりました。夢に向かって一生懸命勉強したいです。本当にありがとうございました。
  • アメリカに行く前に、「日本のことを伝える」「お互いの文化を知る」「個人間でのつながりを作る」「楽しむ」という4つの目標を立てたのですが、全部達成することができました。そしてこのプロジェクトに参加して、もうひとつ新しい目標ができました。それは「つながりをつくる手助けをする」です。このプロジェクトでつながり(かけはし)をつくる大切さや面白さを実感し、同時にこれを作り上げた方々と話すことで、自分もつながりをひろげる活動をしたいと強く感じました。私にとってこのプロジェクトは、決して日本のことをアメリカの人々に伝えるといった一面的なことにとどまらず、将来にもつなげていきたいと思うような、たくさんの意味をもった旅になりました。

関連リンク

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール : infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る