KAKEHASHIプロジェクト / 北海道帯広柏葉高等学校(北海道)

2013年11月実施の派遣事業

第2陣・中学生・高校生・大学生 混成
北海道帯広柏葉高等学校(北海道)

日程:2013年11月1日~11月14日
地方訪問先:キャッスルビュー高校(コロラド州)
参加人数:25名

プログラム記録写真

米国オリエンテーションの写真
米国オリエンテーション

米国オリエンテーション(プレゼンテーション練習の時の昼食) の写真
米国オリエンテーション
(プレゼンテーション練習の時の昼食)

フィールド博物館 (米国の歴史・文化理解)の写真
フィールド博物館
(米国の歴史・文化理解)

シカゴ科学産業博物館 (米国の最先端技術・産業理解) 1の写真
シカゴ科学産業博物館
   (米国の最先端技術・産業理解)

シカゴ科学産業博物館 (米国の最先端技術・産業理解) 2の写真
シカゴ科学産業博物館
(米国の最先端技術・産業理解)

シカゴ日米協会 (プレゼンテーション) 1の写真
シカゴ日米協会
(プレゼンテーション)

シカゴ日米協会 (プレゼンテーション) 2の写真
シカゴ日米協会
(プレゼンテーション)

キャッスルビュー高校 学校交流 (交流会) 1の写真
キャッスルビュー高校 学校交流
(交流会)

キャッスルビュー高校 学校交流 (交流会) 2の写真
キャッスルビュー高校 学校交流
(交流会)


キャッスルビュー高校 学校交流  (授業参加) の写真
 キャッスルビュー高校 学校交流 
(授業参加)

キャッスルビュー高校 学校交流 (プレゼンテーション) の写真
キャッスルビュー高校 学校交流
(プレゼンテーション)

セントメリーズアカデミー(プレゼンテーション)の写真
セントメリーズアカデミー
(プレゼンテーション)

ピックアップ プログラム参加者の声

1. 今回の米国での日本の魅力発信を通じて、もっとも印象に残ったことについて意見を記入してください。

  • 日本と北海道について興味をもってくれている人が多かったと思うのでとてもうれしく思いました。英語を勉強することも大切ですが、日本の情報をしっかりと頭に入れ、伝える事はとても大切なのだと思いました。アメリカの学校はほとんど部活動がなく、宿題が多く出るという事や、朝のはじまりが早く、下校も早いという面で大きく違ってとても驚きました。
  • 日本のアニメやマンガについてです。アメリカでもたくさんの人が楽しんでいます。私はマンガが好きなので、それらについてたくさん話をしました。彼らは本当に日本のマンガが大好きで、日本の子供たちと同じように好きなキャラクターを描いたり、真似をしたりしていました。私は英語が完璧ではなかったし、相手も日本語が話せませんでしたが、マンガの話をするときは一言一句違わずに互いの言っていることが理解できたと確信しています。

2. 帰国後、地域や学校等で伝えていきたいことについて意見を記入してください。

  • 英語を勉強での英語ととらえるのではなく、言語であると考えるべきだと思います。文法は確かに大切ですが、文法は必ずしも正確である必要はないと思います。伝えようとする気持ちさえあれば相手に伝わります。英語に嫌悪感を抱かないでと伝えたいです。
  • 様々な言語、宗教、生活様式があるように、様々な考えを持った人がいるということ。私はアメリカで出逢った人たちとたくさん話しをしたり、文化やその土地での生活を体験して感じたのは、本当に人間は人それぞれの価値観をもっているのだなということ。 日本人だけじゃないかもしれないけど、私の周りの人は自分の価値観にとらわれすぎている気がします。自分が絶対にあり得ないと思っていることは、もしかしたら他人にとってはあたりまえなのかもしれないので、少しずつ他人を受け入れようとする気持ちを持てば、もう少し毎日が楽しくなる気がします。

3 . 参加者の感想(自由記述)

  • 私はこのKAKEHASHIプロジェクトに参加できたことを心から嬉しく思っています。プレゼンテーションの練習は大変でしたし、はじめてのことに不安が募ることもありましたが、それ以上の達成感をおぼえることができました。また私の夢にも一歩近づくことができたと思います。今後は英語をもっと向上させ、この派遣がもっとプラスにつながるような行いをしていきたいです。そしてこのプロジェクトに関わったすべての人たちへの感謝も忘れず頑張りたいと思っています。
  • プレゼンテーションを作ることで自分たちの今の生活をより深く理解することができたし、英語力の向上にもつながりました。2週間という派遣期間の中で、たくさんの出会いがあり、たくさんのすばらしい経験をしました。今回の派遣で私は個人的に英語でも母国語のように自分の伝えたいこと、気持ちをより正確に細かく伝えることができるように、もっと英語を勉強したいと思いました。 いつか英語を流暢にしゃべれるようになって私が日本とアメリカの【KAKEHASHI】になりたいと思います。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール : infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る