KAKEHASHIプロジェクト / お茶の水女子大学(東京都)

2014年11月実施の派遣事業

第6陣・大学生
お茶の水女子大学(東京都)

日程:2014年11月5日~11月15日
地方訪問先:西マサチューセッツ5大学連合(マサチューセッツ州)
参加人数:25名

プログラム記録写真

非営利教育支援団体 グローバル・キッズ訪問の写真
非営利教育支援団体 グローバル・キッズ訪問
 

ニューヨーク市立大学ハンター校 大学交流(プレゼンテーション)の写真
ニューヨーク市立大学ハンター校 大学交流
(プレゼンテーション)

在ニューヨーク日本国総領事公邸(合同レセプション)の写真
在ニューヨーク日本国総領事公邸
(合同レセプション)

在ニューヨーク日本国総領事公邸(合同レセプション)の写真
在ニューヨーク日本国総領事公邸
(合同レセプション)

エリス島訪問(米国の文化理解)の写真
エリス島訪問
(米国の文化理解)

西マサチューセッツ5大学連合 大学交流(オリエンテーション)の写真
西マサチューセッツ5大学連合 大学交流
(オリエンテーション)

西マサチューセッツ5大学連合 大学交流(プレゼンテーション)の写真
西マサチューセッツ5大学連合 大学交流
(プレゼンテーション)

西マサチューセッツ5大学連合 大学交流(キャンパスツアー)の写真
西マサチューセッツ5大学連合 大学交流
(キャンパスツアー)

Barnes & Thornburg法律事務所訪問(企業訪問)の写真
Barnes & Thornburg法律事務所訪問
(企業訪問)

ノースイースタン・イリノイ大学 大学交流(プレゼンテーション)の写真
ノースイースタン・イリノイ大学 大学交流
(プレゼンテーション)

在シカゴ日本国総領事館(合同報告会)の写真
在シカゴ日本国総領事館
(合同報告会)

成田空港に到着の写真
成田空港に到着
 

ピックアップ プログラム参加者の声

1. 今回の米国での日本の魅力発信を通じて、もっとも印象に残ったことについて意見を記入してください。

  • 今回私は、もともと日本に興味を持っている人に対してプレゼンテーションや交流で日本の魅力を発信する機会が多かった。日本に関心を持ってくれていることはとても嬉しく、こちらも積極的に発信できたと感じている。しかしより印象に残っているのは、日本に興味がないどころか具体的なイメージさえも持っていない人々と出会ったことであり、米国ではむしろそのような人のほうが大多数なのだろうということを認識した。関心がある人により好きになってもらうこともとても重要なことであるが、日本の魅力を発信、世界に広げていくためには、今興味のない人たちにも振り向いてもらうことが必要かと考える。しかしそれはとても難しいことでもある。まず、自分自身がもう一度日本の魅力、なぜそれを発信したいのかを見つめ直す必要がある。そして一方的な発信ではなく、相手の国、文化を理解し、魅力を感じた上でそれに合わせた発信をするという、互いに発信、受信の双方向のやりとりができると、より広く日本の魅力を発信できるのではないかと考えた。
  • 私は日本の食文化についてプレゼンテーションを行ったが、「日本食と聞いて何を想像しますか?」という問いに「お好み焼き」「ラーメン」といった回答が多く驚いた。ステレオタイプな日本食として天ぷらと寿司を用意していた私たちの方こそ、ステレオタイプな考えを持っているのかもしれない。

2. 帰国後、地域や学校等で伝えていきたいことについて意見を記入して下さい。

  • 今私が最も伝えたいことは、国際交流は楽しく多くのことを学べるものだということだ。今回アメリカへ行き、主に現地の大学生と交流をしたのだが、その時間は大変有意義なものであった。異文化の人とのコミュニケーションは新たな発見の連続だからである。自分が知らないアメリカの文化に触れることもできたし、また彼らは我々とは異なる目線から日本文化を見ていることがあるため、そのようなことからも新たな発見をすることができた。そしてそれは私自身を刺激し、視野を広げてくれるものであることを実感した。これは絶対に有益なものになるはずである。これは私にとって大変素晴らしいことであり、このようなKAKEHASHI projectにおける国際交流がいかに素晴らしく、私に大きな影響をもたらしたかということを伝えたい。また、私が経験したこのようなことを多くの人にも体験してもらいたいと思っている。先ほど述べたように国際交流は大変有益なものであると実感したからであり、人々の考えを刺激し、それによってグローバル化が進む中でも進んだ考えを持つことができると思うからである。そしてそれは他人からの情報共有だけでは味わうことのできないものだ。だからこそ同じように体験してもらいたいと感じた。国際交流の魅力を伝えるとともに国際交流をすることも勧めたいと思った。
  • 見聞きしたことを伝えるというよりも、自分が交流を通じて感じた「人的交流の可能性、重要性」を伝えていきたいと思っている。そして、自分をオープンにしてちょっとしたミスを恐れずに話しかけてみることに挑戦してほしい。質問することの大切さを覚えて実践してほしい。質問は、相手の説明不足を指摘するのではなく、相手に対して「私はあなたのこと、あなたの話したことに関心がありますよ」という意志表示である。そして、皆の時間を使った発言は、皆と有益な情報を共有する大事なチャンスととらえてほしい。自分が思ったことを他者が思っているとは限らない。ならば、全体で共有する意義があるということだ。

3 . 参加者の感想(自由記述)

  • 今回はこのような貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。NYでの市内視察、ボランティア団体の訪問、総領事館でのお話、アマーストでの5 大学との交流、シカゴの企業訪問、全てが濃く、有意義なものでした。毎日のアメリカの食事、生活スタイルでさえもとても勉強になりました。特に、UMASSを始めとする5大学生との交流は、心に残りました。6月に私たちの大学に来てもらい、ディスカッションをしたりゲームをしたりして楽しんだ仲間との再会はとても感動的でした。1日しか会わなかったですし、それまで4ヶ月間も離れていたのにもかかわらず、これほどにもすぐに打ち解け、今回の訪問でさらに仲良くなることができ、とても嬉しかったです。今回築くことが出来た絆は本当に宝物です。
  • 今回の研修は私にとって初めてのアメリカ訪問であり、心が踊り、毎日が斬新でエキサイティングであり、今までに経験した事のない感動に何度も出会える、非常に実りの多いものとなりました。この研修は単なる旅行とは違い、普段訪れる事のできない場所を次々と視察する機会で溢れており、私は本当に満足&感動しています。この10日間が私に与えた影響は多大で、自分の将来をも変える、人生の大きな分岐点となっていくでしょう。学部生3年生という、就職や院進学に悩むこの時期に訪問する事ができたのも非常に有意義だったと思います。大学生活2年半を振り返る機会になったとともに、残された時間をどう過ごしたいのか、じっくり考える機会になりました。これから社会進出までに残された日々を英語の勉強やよりよい人格形成に向け過ごし、将来は次世代を代表する女性リーダーとして、世界をまたに掛けて仕事をしていきたいと考えています。このたびは、貴重な機会を与えてくださり、本当にありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです。将来活躍できるよう、日々精進していきますので、これからもよろしくお願いします。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る