KAKEHASHIプロジェクト / 大妻女子大学(東京都)

2014年11月実施の派遣事業

第6陣・大学生
大妻女子大学(東京都)

日程:2014年11月5日~11月15日
地方訪問先:アラバマ大学(アラバマ州)
参加人数:25名

プログラム記録写真

ニューヨーク市立大学ジョン・ジェイ・カレッジ 大学交流(プレゼンテーション)の写真
ニューヨーク市立大学ジョン・ジェイ・カレッジ
大学交流
(プレゼンテーション)

Associated Press( AP通信)本社訪問(企業訪問)の写真
Associated PressAP通信)本社訪問
(企業訪問)
 

Google社訪問(企業訪問)の写真
Google社訪問
(企業訪問)

国際連合日本政府代表部訪問(業務説明)の写真
国際連合日本政府代表部訪問
(業務説明)

在ニューヨーク日本国総領事公邸(合同レセプション)の写真
在ニューヨーク日本国総領事公邸
(合同レセプション)

在ニューヨーク日本国総領事公邸(合同レセプション)の写真
在ニューヨーク日本国総領事公邸
(合同レセプション)

アラバマ大学 大学交流(歓迎パーティー)の写真
アラバマ大学 大学交流
(歓迎パーティー)

アラバマ大学 大学交流(キャンパスツアー)の写真
アラバマ大学 大学交流
(キャンパスツアー)

アラバマ大学 大学交流(プレゼンテーション)の写真
アラバマ大学 大学交流
(プレゼンテーション)

アラバマ大学 大学交流(フェアウェルパーティー)の写真
アラバマ大学 大学交流
(フェアウェルパーティー)

在 シカゴ日本国総領事館(合同報告会)の写真
在 シカゴ日本国総領事館
(合同報告会)

成田空港に到着の写真
成田空港に到着
 

ピックアップ プログラム参加者の声

1. 今回の米国での日本の魅力発信を通じて、もっとも印象に残ったことについて意見を記入してください。

  • 私たちがアメリカのことを知りたいと思っているのと同じように、アメリカには日本に興味を持ってくれている学生が想像以上にたくさんいるということが印象的でした。発表を意欲的に聞き、個人間で会話をしている際にも日本についてたくさん質問をされたりしました。しかし、日本の話になった際に自分よりも日本について詳しい学生がいたり、自分が行ったことのない場所を訪れたりしていて驚いたと同時に、いかに自分が日本を知らなすぎるかということを痛感しました。海外の人と日本の話をするのにこれでは日本人として恥ずかしいと感じました。現地の学生にオススメの場所を聞くといくつも答えてくれ、どんなところが魅力なのかを教えてくれました。私がもし逆の立場だったらこんなに答えられるだろうかと不安になってしまいました。今後は日本人として恥ずかしくないよう、もっと能動的に自国について学んでいきたいと強く思いました。
  • 1つの国でありながらも、アメリカは地域によって雰囲気が大きく違うということを肌で感じ、アラバマでの滞在がもっとも印象に残りました。私の通っている大妻女子大学は女子大学で、東京の中心にあり、敷地面積の狭い校舎です。それに対して、アラバマ大学は共学で、田舎にあり、敷地面積の大変広い大学で、私の通う大学とは正反対であり、学生がのびのびと大学生活を送っているという印象を受けました。街の雰囲気も、ニューヨークやシカゴとは違い、自然豊かでのんびりとしていて、話し方まで違うと感じました。また、交流会でKAKEHASHIプロジェクトに参加して夏に日本に訪れたことのある、アメリカ人学生に「日本に行く前の印象と行った後の印象は違いましたか?」と聞くと、「日本に行く前は日本の知識が何もなかったから、行く前の印象というのはないけど、日本はとても綺麗な国だった。」と素直に答えてくれた学生がいました。アメリカの大都市では日本の情報や文化が知られているけれど、田舎になる程、まだ日本のことが知られていないと感じました。これからも日本の魅力をより多くの人に発信していきたいと思いました。

2. 帰国後、地域や学校等で伝えていきたいことについて意見を記入して下さい。

  • 日本にいる日本人だけがすべてではない、ということを改めて私が認識したので、そのことについて伝えていければと思います。Google社や国際連合日本政府代表部訪問をはじめ、アメリカで活躍する日本人に出会う機会を通して、日本は世界の中で生きていることを強く感じたとともに、世界にもっと興味関心を抱き、目を向けて、アンテナを張っていく必要があると思いました。私自身、いままで自分の身の回りの半径数mの小さな世界で生きてきたので、自分がいかに世界に対して無関心だったのかを痛感しました。日本人がアメリカで活躍している様子は今回のKAKEHASHIプロジェクトがなければ私は知ることがなかったと思うので、これは周りに伝えていきたいです。また、日本語を学びたいと思ってくれている学生がアメリカにはいる、ということも伝えていきたいです。英語などと違い、日本語を公用語としている国は日本しかありません。限られた地域でしか通じない日本語を選んで学んでくれている学生の存在と、彼らのエネルギーになっている「日本を知りたい」という気持ちも大切にしていかなければならないと思います。外国人にとって日本が魅力的な国であり続けるために、自分たちができることも考えていきたいです。
  • 今の日本の大学生は内向き志向で、留学生が減少しているといわれています。景気の悪化や日本の大学の国際化など、わざわざ海外に行かなくても学習できるという意見もわかりますが、実際に肌で感じないとわからないこともあると思います。私は今回初めてアメリカの大学での講義を受けることができました。そこでは日本と全く異なったスタイルで、学生同士がある問題について意見を言い合っていました。日本の高校や大学での授業しか受けたことがなかったので、彼らの意欲的で躊躇せずに発言しあう様子を見て、日本のような受け身な授業は変えるべきだと感じました。

3 . 参加者の感想(自由記述)

  • 短期間でしたが、KAKEHASHIプロジェクトで得たものは大きかったと思います。今後経験することのないようなことを、経験させていただきました。大変なこともありましたが、研修が終わった今、すべてが楽しかったと感じられます。貴重な機会を与えてくださり、ありがとうございました。この経験を将来に活かし、何か社会貢献をしていきたいです。
  • アメリカ訪問が初めてだったが、北部と南部では雰囲気が異なる点が印象的であった。ニューヨーク・シカゴは忙しいイメージであったのに対し、アラバマは田舎ということもあり、ゆったりしていた。アラバマについて事前に調べたときに「フレンドリーな土地」との記述があったのだが、当時はその意味がよく分からなかった。しかし実際に人と接してみて、人懐こく親しみやすい人が多く、フレンドリーな土地という意味がよく分かった。アメリカは広く、北部と南部、東部と西部では全く時代背景や雰囲気も異なるので北部と南部の3都市を訪問できたことはアメリカを知るうえでもよかった。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る