KAKEHASHIプロジェクト / 東洋大学(東京都)

2014年11月実施の派遣事業

第6陣・大学生
東洋大学(東京都)

日程:2014年11月5日~11月15日
地方訪問先:西マサチューセッツ5大学連合(マサチューセッツ州)
参加人数:25名

プログラム記録写真

ニューヨーク市立大学リーマン・カレッジ 大学交流(プレゼンテーション)の写真
ニューヨーク市立大学スタテンアイランド校
大学交流
(プレゼンテーション)

在ニューヨーク日本国総領事公邸(合同レセプション)の写真
在ニューヨーク日本国総領事公邸
(合同レセプション)
 

在ニューヨーク日本国総領事公邸(合同レセプション)の写真
在ニューヨーク日本国総領事公邸
(合同レセプション)

エリス島訪問(米国の文化理解)の写真
エリス島訪問
(米国の文化理解)

日系アメリカ人市民同盟(JACL) ニューヨーク支部訪問の写真
日系アメリカ人市民同盟(JACL
ニューヨーク支部訪問

西マサチューセッツ5大学連合 大学交流(プレゼンテーション)の写真
西マサチューセッツ5大学連合 大学交流
(プレゼンテーション)

西マサチューセッツ5大学連合 大学交流(質疑応答)の写真
西マサチューセッツ5大学連合 大学交流
(質疑応答)

西マサチューセッツ5大学連合 大学交流(キャンパスツアー)の写真
西マサチューセッツ5大学連合 大学交流
(キャンパスツアー)

トーマス・ドゥーリー小学校訪問(米国の文化理解)の写真
トーマス・ドゥーリー小学校訪問
(米国の文化理解)

在シカゴ日本国総領事館(合同報告会)の写真
在シカゴ日本国総領事館
(合同報告会)

日系アメリカ人市民同盟(JACL)シカゴ支部訪問の写真
日系アメリカ人市民同盟(JACL)シカゴ支部訪問

成田空港に到着の写真
成田空港に到着

ピックアップ プログラム参加者の声

1. 今回の米国での日本の魅力発信を通じて、もっとも印象に残ったことについて意見を記入してください。

  • 日本について勉強したことがない人にとって、日本というのは非常に遠い存在であることを感じました。日本人と直接関わって初めて、日本に興味を持ってくれる人が増えるだろうと思いました。日米関係は国レベルでは非常に重要な国同士となっていますが、個人レベルで繋がろうと思えば、各々が自ら積極的に外に出なければアメリカ人の友達を作ることも、繋がることもできません。そうして積極的に繋がったからこそ個人間の繋がりというものは濃く、強いものになるはずです。そのような個人レベルでの結び付きを通して、日本の魅力を発信することで、よりインパクトを持った交流が可能になると感じました。
  • 日本語を勉強している学生に日本のサブカルチャーが好きな人が非常に多いと感じた。大人になればアニメなどから離れてしまう人も多いが、子供のころにそういったものに熱中したのはどの国でも共通であり、日本に興味を持ってもらうきっかけとして有効なものだと確信した。しかし同時に、それ以外に日本に関して知っている事は非常に限られていることに悲しさも感じた。

2. 帰国後、地域や学校等で伝えていきたいことについて意見を記入して下さい。

  • 伝えていきたいことは、自分の目で見て、聞いて、感じてほしいということです。今はインターネットやSNSなどで海外の情報も知ることができるし、海外にいる人たちと簡単につながることができます。それも良いかもしれませんが、実際に現地に行き、町を見て人と触れ合わなければわからないことがたくさんあるということを今回のプロジェクトで再認識しました。私は、カリフォルニア州にある大学に約1年間留学しており、正直、アメリカについて新たに発見できることがあるだろうかと思っていました。けれども、新しく出会った人たちとの交流や新しく訪れる場所を通して、自分がアメリカという広い国を狭い視野でしか見ることができていなかったと気付かされました。異文化理解、異文化交流に“ここまで”という終わりはなく、知れば知るほど知らないことがあると感じました。これで満足と思うのではなく、自分から発信し続けること、相手をもっと知ろうと思い続けることの大切さを多くの人に感じてほしいです。
  • 私が一番日本人の知り合いに伝えたい事は、日本人であることに誇りを持って欲しいということです。一度海外に出てみれば、毎日当たり前のように食べている日本食、寝る前に入る風呂が恋しくなるはずです。そうやって外から日本を見てからこそ、日本の良さに気付けると思います。そのため、友人には海外に行くことを強く勧めたいです。また、近年はグローバル化によって日本人も多様化に適応せざるを得ない状況になりつつあるので、多様性の代表格であるアメリカに行って学ぶことを勧めたいです。

3 . 参加者の感想(自由記述)

  • このたびは私たちにこのような素晴らしい機会を設けてくださり、本当にありがとうございました。スケジュールは毎日びっしりで、渡米前はもっと自由時間が欲しいと正直思っていました。しかし、実際にアメリカで過ごしているうちに、今この二度と経験できないであろう人との触れ合いや異文化交流を楽しもうと思うようになりました。そう考えるだけで、貴重なお話を聞くことができたり、日本に興味を持ってくれている現地学生と交流ができることに充実感を覚えました。本当に参加させていただき、ありがとうございました。自分にとってかけがえのない10日間となりました。
  • 今回KAKEHASHIプロジェクトに参加することができて、本当に貴重な体験をさせていただくことができました。プロジェクトに携わった関係者の皆様に御礼を申し上げます。今回参加させていただいたことにより、東洋大学の学生からはもちろん、他大学の学生や現地の学生からとてもいい刺激をもらいました。参加前と参加後では、勉強や将来などに対してかなり意識が変わった気がします。そこには、個人旅行だけでは得ることができない、集団で行くことの意義があると感じました。もし再びこのような事業があるならまた参加したいと思える程、密度の濃い10日間でした。本当にありがとうございました。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る