KAKEHASHIプロジェクト / Pacific Forum CSIS

2014年1月実施の招へい事業

若手研究者招へい
パシフィックフォーラム シー・エス・アイ・エス
Pacific Forum CSIS

日程 : 2014年1月12日~1月22日
地方訪問先 : 広島
参加人数 : 12名

プログラム記録写真

オリエンテーション(安全保障分野講義)の写真
オリエンテーション
(安全保障分野講義)

オリエンテーション(経済分野講義)の写真
オリエンテーション
(経済分野講義)

オリエンテーション(社会分野講義)の写真
オリエンテーション
(社会分野講義)

浅草(日本の歴史・文化理解)の写真
浅草
(日本の歴史・文化理解)

外務省の写真
外務省

外務省の写真
外務省

東京国立博物館(日本の歴史・文化理解)の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

東京国立博物館(日本の歴史・文化理解)の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

防衛省の写真
防衛省

内閣官房知的財産戦略推進室の写真
内閣官房知的財産戦略推進室

防衛省防衛研究所の写真
防衛省防衛研究所

日本国際問題研究の写真
日本国際問題研究

広島県庁の写真
広島県庁

広島市立大学広島平和研究所(平和構築理解)の写真
広島市立大学広島平和研究所
(平和構築理解)

広島平和記念資料館(平和構築理解)の写真
広島平和記念資料館
(平和構築理解)

原爆ドーム(平和構築理解)の写真
原爆ドーム
(平和構築理解)

被ばく語り部講話(平和構築理解)の写真
被ばく語り部講話
(平和構築理解)

賀茂泉酒造工房(地方の産業理解)の写真
賀茂泉酒造工房
(地方の産業理解)

厳島神社(日本の歴史・文化理解)の写真
厳島神社
(日本の歴史・文化理解)

宮島彫り(地方の伝統文化体験)の写真
宮島彫り
(地方の伝統文化体験)

自由研究(地球環境戦略研究機関)の写真
自由研究
(地球環境戦略研究機関)

宇宙航空研究開発機構 調布航空宇宙センターの写真
宇宙航空研究開発機構
調布航空宇宙センター

大和証券株式会社の写真
大和証券株式会社

報告会の写真
報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本は社会的に居心地の良い市民社会であり、米国と類似した問題に直面していると思いました。日米は政治的、戦略的にも地域の重要な同盟国です。ですから、日本を訪問し協働することはとても魅力的なことです。
  • 日本人はあらゆることに対してプロフェッショナルであると思います。食事の出し方、本プログラムの運営方法、物事を滞りなく進めていくことなど、生活の多くの面でこだわりを持っていることを体感しました。日本は文化と完璧さへの追求の中心地です。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 今回の訪問を通じて日本が現在直面している経済、社会、そして防衛政策における課題について理解を深めることができました。様々な機関での懇談は中立的かつ啓発的であり、日本の実態を広範囲に把握することができました。また、日本食の美味しさは知っているつもりでしたが、今回の訪問で様々な種類の日本食をいただくことができ、すばらしい経験をさせて頂きました。
  • KAKEHASHIプロジェクトを通して、大都会東京の景色から広島県宮島の静かで穏やかな佇まいの神社の鳥居まで、色んな地域の特徴を楽しむことができました。今回初めて東京以外の場所を訪問したことで、日本が多面的な特徴を持つ国である理由がわかりました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 日本の文化、特に日本語に以前よりも深い興味を持ちました。また、日本の「ソフトパワー」の役割と、日本が周辺地域における外交政策の目的を果たすためにその「ソフトパワー」をどのように活用することができるかということに興味を持っています。
  • 日本が海外に広めようとしている日本のイメージの政策努力に対するアメリカの反応を更に学びたいと思います。また、アメリカ人の日本文化、製品、影響等に対する反応にも興味をひかれています。日米両国の歴史をもっと深く学び、両国の関係の深化を学びたいと思います。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 今回の日本で学んだことを同僚、特に東アジアを専門に勉強している同僚と共有したいと思います。この訪問を通じて東アジア地域を取り巻く情勢を常に注視しようと思うようになりました。また、アメリカにいても日本食をいろいろと試し続けていきたいと思いますし、友人にも紹介していきたいと思います。
  • 現在、私は日米の防衛協力に関する取組みに携わっています。この訪日を通して、なぜ日本がアメリカにとってこんなに魅力的で信頼できる同盟国なのかを以前よりも深く理解することができました。私は日米関係をもっと深く学んで、他の人々にも両国の関係をより堅固なものとなるよう働きかけていきたいと思います。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • KAKEHASHIプロジェクトは大変素晴らしいプログラムであり、パシフィックフォーラムCSISからの参加者全員が日本について全般的に理解し、新たな研究テーマへの興味が深まり、新規プロジェクトへのアイデアを生み出すことができました。このような機会を与えてくださった関係者の皆様に感謝します。私は将来、日本と関わりのある仕事をしたいです。
  • KAKEHASHIプロジェクトは学生、若手研究者等、あらゆる年齢層にとって、日本の文化やライフスタイルといった様々な魅力を発見できるすばらしい機会です。このプロジェクトは、日本を訪問するのが初めての人にとっても、そうでない人にとっても、再び来日して日本をもっと知りたいという好奇心をもつきっかけとなるセグウェイのような乗り物です。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マーク に変更してください)

ページトップへ戻る