KAKEHASHIプロジェクト / 米国平和研究所

2014年1月実施の招へい事業

若手研究者招へい
米国平和研究所
United States Institute of Peace

日程 : 2014年1月12日~1月22日
地方訪問先 : 広島
参加人数 : 11名

プログラム記録写真

オリエンテーション(日米教育委員会マット・サスマン事務局長挨拶)の写真
オリエンテーション
(日米教育委員会
マット・サスマン事務局長 挨拶)

オリエンテーション(安全保障分野講義)の写真
オリエンテーション
(安全保障分野講義)

オリエンテーション(経済分野講義)の写真
オリエンテーション
(経済分野講義)

オリエンテーション(社会分野講義)の写真
オリエンテーション
(社会分野講義)

浅草(日本の歴史・文化理解)の写真
浅草
(日本の歴史・文化理解)

外務省の写真
外務省

東京国立博物館(日本の歴史・文化理解)の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

秋葉原(クールジャパン理解)の写真
秋葉原
(クールジャパン理解)

防衛省の写真
防衛省

日本紛争予防センターの写真
日本紛争予防センター

防衛省防衛研究所の写真
防衛省防衛研究所

日本国際問題研究所の写真
日本国際問題研究所

広島県庁の写真
広島県庁

広島市立大学広島平和研究所(平和構築理解)の写真
広島市立大学広島平和研究所
(平和構築理解)

広島平和記念資料館(平和構築理解)の写真
広島平和記念資料館
(平和構築理解)

被ばく語り部講話(平和構築理解)の写真
被ばく語り部講話
(平和構築理解)

賀茂泉酒造工房(地方の産業理解)の写真
賀茂泉酒造工房
(地方の産業理解)

賀茂泉酒蔵株式会社(地方の産業理解)の写真
賀茂泉酒蔵株式会社
(地方の産業理解)

宮島彫り(地方の伝統文化体験)の写真
宮島彫り
(地方の伝統文化体験)

厳島神社(地方の歴史・文化理解)の写真
厳島神社
(地方の歴史・文化理解)

厳島神社(地方の歴史・文化理解)の写真
厳島神社
(地方の歴史・文化理解)

自由研究(渋谷教育学園渋谷中学高等学校)の写真
自由研究
(渋谷教育学園渋谷中学高等学校)

自由研究(国際協力機構(JICA))の写真
自由研究
(国際協力機構(JICA))

宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センターの写真
宇宙航空研究開発機構
調布航空宇宙センター

大和証券株式会社の写真
大和証券株式会社

報告会1の写真
報告会

報告会2の写真
報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本は、経済力を強化し、域内の関係および役割を強固にし、積極的平和の推進にグローバルな役割を果たすことに力を入れています。そのために日米関係のより一層の関係強化が重要であることは明らかです。
  • 「日本の国民性や価値観」:日本人は職種に関係なく、自分の仕事に対して懸命に取り組みます。その高い職業倫理と仕事に対する姿勢に加え、今後の政策や改革がうまくいけば、日本経済は必ずや力強い回復を見せると思います。「アイデンティティと文化」:日本の文化は外国人にとって非常にユニークで魅力的です。活気あふれるポップカルチャー、悠久の歴史、優れた芸術、そして美しい景色を持つ日本は人々の心をとらえて離さない魅力あふれる国です。宣伝に力を入れればさらに多くの観光客、留学生や芸術家の来日は間違いありません。「国としての経験」:日本は近代において、何度も大きな変革を遂げ、その経験から多くの教訓を学んできました。帝国主義の国として台頭し、第二次世界大戦で敗北を喫し、戦争の恐ろしさを熟知している国だからこそ、戦後は先頭に立って、世界平和のために尽力してきました。そんな日本だからこそ軍縮等の国際会議の場で、大変厚い信頼を受けていると思います。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 広島、そして平和記念資料館を訪問し、原爆投下による悲劇と苦悩を経験した広島市が、核兵器廃絶のためにいかに尽力しているかを教わって、大きな感銘を受けました。この度日本に来て初めてこの平和に対する強い決意を知りましたが、他の国々も見習うべきことです。また日本の女性には今でも社会・政治・経済面で乗り越えねばならない壁が沢山あるという事実も知りませんでした。しかし、戦後の日本女性の地位が大きく向上していっていることは注目に値すべきだと思います。
  • 来日する前から日本には良い印象を持っていましたが、実際に日本の方々にお会いして、その思いを一層強くしました。何よりも驚いたのは、日本人が戦後の米国に対して、憎しみの感情を抱いていないことです。日米関係の強い絆は理解しておりましたが、原爆を投下した米国に対して憤りを感じているに違いないと思っていました。しかし、そのような感情を目の当たりにすることはなく、大変に嬉しく、現在の良好な日米関係に改めて感謝しました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 今後は、日本の日々のニュースや出来事に対して、より興味と関心を持つと同時に、日本のプロ野球リーグにも、しっかりと注目していくつもりです。
  • 「自衛隊の活動範囲はどうあるべきか」という、今も盛んに行なわれている議論に対して、深い関心を寄せています。また過去および現在における日中関係についても、詳しい研究を始める予定です。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 私が日本の原子力問題に関する論文を書くことで、米国のエネルギー政策の参考になればと願っています。
  • 家族や友人達に、日本で撮った写真を見せ、日本での経験を語ったりします。また、今回お会いした日本の方々とは、今後も連絡を取り合って、日本人および日本人の考え方について、さらに理解を深めたいと思っています。また日本への関心を絶えず持ち続けながら、日本に関する論文も書いていく予定です。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • 来日した時、日本の文化や政治に関する私の理解は限られたものでした。今回のプログラムで多くの人々にお会いした結果、日本についての知識は格段に増え、今では自信を持って語れるまでになりました。特に文化体験は素晴らしく、忘れがたい思い出となりました。このような機会をいただけたことにとても感謝しています。
  • このたびの訪日では充実した日々を送る事が出来ました!様々な貴重な経験ができました。市民団体で活躍する日本の若い人達と夕食を共にしながら、あるいは夕食後に交流することができたら、さらに充実したプログラムになったものと思われますが、KAKEHASHIプロジェクトの訪日団員に選ばれ、様々な体験をさせてもらえ、大変光栄です。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マーク に変更してください)

ページトップへ戻る