KAKEHASHIプロジェクト / ブルーミントン北高校 (インディアナ州)

2013年7月実施の招へい事業

高校生・第3陣
ブルーミントン北高校 (インディアナ州)

日程 : 7月8日~7月18日
地方訪問先 : 福島県いわき市
参加人数 : 25名

プログラム記録写真

全体オリエンテーションの写真
全体オリエンテーション

全体オリエンテーション(日本の生活文化についての講義)の写真
全体オリエンテーション
(日本の生活文化についての講義)

東京国立博物館での日本の歴史・文化研修の写真
東京国立博物館での日本の歴史・文化研修

浅草・浅草寺 仲見世(伝統文化理解)の写真
浅草・浅草寺 仲見世
(伝統文化理解)

福島県立いわき総合高等学校 学校交流(茶道体験)の写真
福島県立いわき総合高等学校 学校交流
(茶道体験)

福島県立いわき総合高等学校 学校交流(琴の体験)の写真
福島県立いわき総合高等学校 学校交流
(琴の体験)

福島県立いわき総合高等学校 学校交流の写真
福島県立いわき総合高等学校 学校交流

福島県立いわき総合高等学校 学校交流(日本の遊び体験)の写真
福島県立いわき総合高等学校 学校交流
(日本の遊び体験)

福島県いわき市役所 表敬訪問の写真
福島県いわき市役所 表敬訪問

日産自動車株式会社いわき工場(日本の最先端技術理解)の写真
日産自動車株式会社いわき工場
(日本の最先端技術理解)

有限会社トマトランドいわき訪問(地方の農業技術紹介)の写真
有限会社トマトランドいわき訪問
(地方の農業技術紹介)

ホームステイ対面式の写真
ホームステイ対面式

ホームステイ体験の写真
ホームステイ体験

ホームステイ体験の写真
ホームステイ体験

ホームステイ体験の写真
ホームステイ体験

いわき市中学校生徒会長サミットとの交流の写真1
いわき市中学校生徒会長サミットとの交流

いわき市中学校生徒会長サミットとの交流の写真2
いわき市中学校生徒会長サミットとの交流

いわき市中学校生徒会長サミットとの交流の写真3
いわき市中学校生徒会長サミットとの交流

明治神宮(伝統文化理解)の写真
明治神宮
(伝統文化理解)

東京おもちゃ美術館(日本文化体験)の写真
東京おもちゃ美術館
(日本文化体験)

もんじゃ焼き体験(日本の食文化理解)の写真
もんじゃ焼き体験
(日本の食文化理解)

秋葉原(クールジャパン理解)の写真
秋葉原
(クールジャパン理解)

国会議事堂(日本社会理解)の写真
国会議事堂
(日本社会理解)

トヨタ・メガウェブ(日本の最先端技術理解)の写真
トヨタ・メガウェブ
(日本の最先端技術理解)

日本科学未来館(日本の最先端技術理解)の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

全体報告会の写真
全体報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本の最大の強み・魅力は、自然美とハイテクな都市とのコントラストだと思います。明治神宮を散策しましたが、それが都内のビル群の数キロしか離れていない場所にあるというのは素晴らしいことです。また、日本人は信じがたいほど忍耐強く、地震の後に最善を尽くし、前へ進んできたように思います。日本の人々と文化は非常に寛容で力強く歓迎してくれていると感じました。全ての人が素晴らしいおもてなしをしてくださいました。
  • 日本は多くの「未来志向」の機械や設備があり、とても革新的な感覚に溢れた国です。しかし、それと同時に、私が訪れたことのあるどの国よりも遺産、文化や伝統が残っています。この両方が日本を非常に魅力的にしていますし、他国と比べ突出していると思います。私にとって、私が日本で体験した食べ物や人々、普段の日常生活といった文化や伝統は、とても魅力的でした。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 今は、日本はまじめで勤勉な場所で、アニメやマンガばかりの場所でないということが分かりました。日本の人は礼儀正しく尊敬の念を持っていることは知っていましたが、来日するまでここまですごいとは思いませんでした。アメリカで見られるように、信号無視をして道路を渡ったり、ゴミを散らかしたりする人はいませんでした。日本人が皆本当に良い人だということが分かりました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 日本の食べ物についてもっと学びたいと思います。食事はみなおいしかったですが、それらの食べ物の名前も知らなかったからです。
  • 日本文化のエチケットのニュアンスと、もちろん日本語です。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 私の街にあるアジア文化センターと行うプロジェクト、たとえば、地震や津波から復興するために人々を助けるなどのプロジェクトを考えています。もし、これが上手くいかない場合は将来小学校の教師になるつもりなので、その時に自分のクラスに日本の習慣を紹介する、もしくはジェットプログラムで日本に英語を教えに来たいと考えています。
  • 私が感じた日本の一番の強みや良いところを絶対に伝えたいと思います。友人や家族全員に体験談のみならず、素晴らしい日本文化についても話すつもりです。私は多くのアメリカ人は自国以外の国のことをよく知らないと思います。そして、うわさや正しくない情報をもとに間違った仮説を信じてしまうことが多いと思います。日本の本当の姿について周りの人々を教育出来るように頑張りたいと思います。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • 一番楽しかった時間はホストファミリーと過ごした時間です。全く見ず知らずの他人に我が家を喜んで開放してくださる家族の存在は、私にとって大きな意味がありました。前にも日本に来たことはありましたが、新たに日本の文化や伝統の重要性など知ることが出来て良かったです。
  • KAKEHASHIプロジェクトでの経験は本当に素晴らしいものでした。行程のどこをとっても完全に楽しめました。日本で英語教師をしたいとずっと思っていました。この機会に日本の日常生活についてさらに勉強することができました。このプロジェクトのお陰で自分の夢に向かってさらに進もうと思いました。特に、気に入ったのは神社です。KAKEHASHIプロジェクトで日本へさらに若者が来て、このような興味深い場所について学べると良いと思います。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マーク に変更してください)

ページトップへ戻る