KAKEHASHIプロジェクト / クラシカル高校 (ロードアイランド州)

2013年7月実施の招へい事業

高校生・第2陣
クラシカル高校 (ロードアイランド州)

日程 : 7月1日~7月11日
地方訪問先 : 千葉県茂原市
参加人数 : 25名

プログラム記録写真

全体オリエンテーションの写真
全体オリエンテーション

東京国立博物館での日本の歴史・文化研修の写真
東京国立博物館での日本の歴史・文化研修

浅草・浅草寺 仲見世(伝統文化理解)の写真
浅草・浅草寺 仲見世
(伝統文化理解)

海ほたる(日本の最先端技術理解)の写真
海ほたる
(日本の最先端技術理解)

技術資料館「うみめがね」(日本の最先端技術理解)の写真
技術資料館「うみめがね」
(日本の最先端技術理解)

千葉県立博物館大多喜城分館(地方の伝統文化理解)の写真1
千葉県立博物館大多喜城分館
(地方の伝統文化理解)

千葉県立博物館大多喜城分館(地方の伝統文化理解)の写真2
千葉県立博物館大多喜城分館
(地方の伝統文化理解)

大多喜城下町散策(地方の伝統文化理解)の写真1
大多喜城下町散策
(地方の伝統文化理解)

大多喜城下町散策(地方の伝統文化理解)の写真2
大多喜城下町散策
(地方の伝統文化理解)

千葉県立長生高等学校 学校交流の写真
千葉県立長生高等学校 学校交流

葉県立長生高等学校 学校交流(書道体験)の写真
千葉県立長生高等学校 学校交流
(書道体験)

千葉県立長生高等学校 学校交流(茶道体験)の写真
千葉県立長生高等学校 学校交流
(茶道体験)

千葉県立長生高等学校 学校交流(空手体験)の写真
千葉県立長生高等学校 学校交流
(空手体験)

千葉県立長生高等学校 学校交流(文化祭)の写真
千葉県立長生高等学校 学校交流
(文化祭)

ホームステイ体験(初めての対面)の写真
ホームステイ体験
(初めての対面)

ホームステイ体験の写真
ホームステイ体験

ホームステイ体験(お別れの場面)の写真
ホームステイ体験
(お別れの場面)

茂原市国際交流協会(地方の歴史・文化理解)の写真
茂原市国際交流協会
(地方の歴史・文化理解)

本納絵馬づくり体験(地方の伝統文化体験)の写真
本納絵馬づくり体験
(地方の伝統文化体験)

本納絵馬づくり体験(地方の伝統文化体験)の写真
本納絵馬づくり体験
(地方の伝統文化体験)

体験工房「よもぎ館」:房総太巻き寿司づくり体験(日本の食文化理解)の写真1
体験工房「よもぎ館」:
房総太巻き寿司づくり体験
(日本の食文化理解)

体験工房「よもぎ館」:房総太巻き寿司づくり体験(日本の食文化理解)の写真2
体験工房「よもぎ館」:
房総太巻き寿司づくり体験
(日本の食文化理解)

明治神宮(伝統文化理解)の写真
明治神宮
(伝統文化理解)

原宿(クールジャパン理解)の写真
原宿
(クールジャパン理解)

東京おもちゃ美術館(日本文化体験)の写真
東京おもちゃ美術館
(日本文化体験)

秋葉原(クールジャパン理解)の写真
秋葉原
(クールジャパン理解)

国会議事堂(日本社会理解)の写真
国会議事堂
(日本社会理解)

トヨタ・メガウェブ(日本の最先端技術理解)の写真
トヨタ・メガウェブ
(日本の最先端技術理解)

日本科学未来館(日本の最先端技術理解)の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

全体報告会の写真
全体報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本の最も大きな長所の中には魅力的な歴史と伝統文化があります。私は日本の伝統芸術や美意識が好きですし、とても美しいと思います。日本のポップカルチャーもまた、外国人にとって日本の大きな魅力の一つです。この二つの長所と魅力を合わせて味わう事は興味深い経験でした。日本のこの幅広い文化が、多種多様な外国人にとても魅力的な国であると感じさせるのではないかと思います。また、日本は米国より更に環境にやさしい国であり、リサイクルや省エネの考えが行きわたっています。本当に素晴らしいと思います。
  • 日本の長所は世代間の対話です。協力とチームワークが最大の強みであると思います。日本の魅力としては、第一に日本の国が安全であること、そしてとても清潔であること、また人々が熱心に伝統文化の保存に努めていることであると思います。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 日本の社会に対する私の見方は、今回日本を訪れたことで劇的に変わりました。以前は、日本人は総じて真面目な人々であると思っていました。しかし、今回の訪問を通して、日本人、特に若い世代はみんなとても面白く、そして生活に満足していることを知りました。
  • 今回の訪問では日本のいろいろな面を少しずつ見ることができたので、それぞれの場面で日本に対する見方が変わりました。東京が巨大都市であることは知っていましたが、バスで1時間かけて移動しても都内のある地域から別の地域へ移動しただけだと知って、改めて東京が途方もなく大きいということが分かりました。また、ビジネスマンやサラリーマンであふれる巨大都市(特に東京は世界の経済首都です)とは明らかに異なる延々と続く田園風景を見て、日本における農業の重要性、意義についても認識を新たにしました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 私は日本の古い芸術である絵馬についてもっと学びたいと考えています。絵馬を初めて作りましたが、それはとても素晴らしい経験でした。日本の芸術に関する知識についても勉強したいです。また、今後将来に向けて長く日本語の勉強を続けていくつもりです。
  • 宗教、特に宗教の重要性が都市部と地方の間でどのように変わるのか(或いは変わらないのか)について関心があります。また、日本の技術についても学びたいです。技術の進歩によって、200年前の日本がどのようにして現在のようなに全く異なる国に変貌を遂げたのかについて知りたいです。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 日本の学生が米国を訪問する際には、ホストファミリーとしてプログラムに参加します。また、日本でのすばらしい経験について家族や友人に話します。
  • 日本の文化や日本がどれほど美しいかをみんなに教えるつもりです。写真を共有し、日本での経験について話す予定です。また、お土産を渡しながら日本での出来事を説明し、みんなに日本を訪問するようにすすめたいです。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • 本当に素晴らしかったです。とても楽しかったです。日本の中で見てみたいところはまだ残っていますが、今回の訪問を通していろいろ見ることができ満足しています。日本のいろいろな面を少しずつ見ることができたので、このプロジェクトは、日本の様子を外国人に紹介する方法としてとてもよい方法だと思います。このような機会を与えていただき本当にありがとうございます! 私はきっといつかまた日本に戻ってきます!
  • KAKEHASHIプロジェクトに参加できてとても嬉しいです。私は、大学で日本語を専攻することをついに決断することができました。ホームステイは本当に楽しく、もっと長く続けられればいいのにと思いました。また、今回の受入が千葉であることも嬉しかったことです。千葉は素朴な地域ですが、ロードアイランド州にとても良く似たところでした。このプログラムにクラシカル高校を参加させていただきありがとうございました。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マーク に変更してください)

ページトップへ戻る