KAKEHASHIプロジェクト / クリークビュー高校 (テキサス州)

2013年7月実施の招へい事業

高校生・第2陣
クリークビュー高校 (テキサス州)

日程 : 7月1日~7月11日
地方訪問先 : 茨城県行方市
参加人数 : 25名

プログラム記録写真

全体オリエンテーションの写真
全体オリエンテーション

東京国立博物館での日本の歴史・文化研修の写真
東京国立博物館での日本の歴史・文化研修

浅草・浅草寺 仲見世(伝統文化理解)の写真
浅草・浅草寺 仲見世
(伝統文化理解)

雷5656会館 日本食体験(日本の食文化理解)の写真
雷5656会館 日本食体験
(日本の食文化理解)

茨城県立鹿島サッカースタジアム(地方産業理解)の写真
茨城県立鹿島サッカースタジアム
(地方産業理解)

そば体験(日本の食文化理解)の写真
そば体験
(日本の食文化理解)

新日鉄住金 鹿島製鉄所 訪問(地方産業理解)の写真
新日鉄住金 鹿島製鉄所 訪問
(地方産業理解)

潮来市コミュニティーセンターでの講義(地方理解)の写真
潮来市コミュニティーセンターでの講義
(地方理解)

茨城県立麻生高等学校 学校交流(歓迎式)の写真
茨城県立麻生高等学校 学校交流
(歓迎式)

茨城県立麻生高等学校 学校交流(書道体験) の写真
茨城県立麻生高等学校 学校交流
(書道体験)

ホームステイ体験の写真
ホームステイ体験

ホームステイ体験(お別れの場面) の写真
ホームステイ体験
(お別れの場面)

ホームステイでの学びについてグループミーティングの写真
ホームステイでの学びについて
グループミーティング

七夕祭り・お囃子(伝統文化体験)の写真
七夕祭り・お囃子
(伝統文化体験)

鹿島神宮(地方の伝統文化理解)の写真
鹿島神宮
(地方の伝統文化理解)

海ほたる(日本の最先端技術理解)の写真
海ほたる
(日本の最先端技術理解)

明治神宮(伝統文化理解)の写真
明治神宮
(伝統文化理解)

原宿(クールジャパン理解)の写真
原宿
(クールジャパン理解)

もんじゃ焼き体験(日本の食文化理解)の写真
もんじゃ焼き体験
(日本の食文化理解)

東京おもちゃ美術館(日本文化体験)の写真
東京おもちゃ美術館
(日本文化体験)

秋葉原(クールジャパン理解)の写真
秋葉原
(クールジャパン理解)

国会議事堂(日本社会理解)の写真
国会議事堂
(日本社会理解)

トヨタ・メガウェブ(日本の最先端技術理解)の写真
トヨタ・メガウェブ
(日本の最先端技術理解)

ラーメン国技館(日本の食文化理解)の写真
ラーメン国技館
(日本の食文化理解)

日本科学未来館(日本の最先端技術理解)の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

全体報告会の写真1
全体報告会

全体報告会の写真2
全体報告会

しゃぶしゃぶ体験(日本の食文化理解)の写真
しゃぶしゃぶ体験
(日本の食文化理解)

ピックアップ プログラム参加者の声

1.KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 技術とポップカルチャーが日本の強さと魅力である思います。日本人のもてなしの心と謙遜さはとりわけ重要であると思います。また、日本の歴史には魅力を感じます。
  • 日本の強みは日本文化に刻まれたおもてなしの心であると思います。ホームステイ、高校訪問やレストランなどでの体験を通して、日本人は常にゲストが快適に過ごせるかどうかを第一に考えていると思いました。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 日本に関する知識はアニメ、漫画、ポップカルチャーからのものでしたが、日本でのホームステイ経験後は日本の家族にはポップカルチャーでは表せない、より深いなにかがあると感じました。
  • 最初、日本人は厳格で真面目な印象でしたが、ホームステイ後、日本人の素晴らしさを認識できました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • ホストファミリーとの生活で自分の日本語のレベルが分かったので、日本語をもう少し学びたいです。また、日本文化についても学びたいです。
  • もっとも大切なことは、日本語を一生懸命に学ぶことです。また、茶道や日本料理の作り方も学びたいです。近い将来、日本で英語を教えてみたいです。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 生涯を通じて繰り返し日本を訪問したいです。また、将来出会う人々、帰国後に会う人達に日本での経験を伝えます。ホストファミリーとも連絡を取り続けます。素晴らしい人たちでした。
  • 日本語の勉強を継続します。SNSにホストファミリーを登録しました。常にホストファミリーと会話することにより、さらに多くを学び、共有する事ができると思います。知人に日本での写真を見せ、皆が日本に来るようにしたいです。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • KAKEHASHIプロジェクトに参加できたことはこれ以上ない喜びです。ホストファミリーと過ごしたことや、日本の旅館に滞在できたことなど、実際に多くの素晴らしい日本を見て、体験する事が出来ました。日本人との触れ合い、また知らなかった国に来ることを通じて視野が広がりました。KAKEHASHIプロジェクトに参加できて大変嬉しく、誇らしさで一杯です。
  • KAKEHASHIプロジェクトに参加することができ、新しい事を見て、感じて、経験することができたことに感謝します。生涯の想い出です。ホストファミリーは言葉は通じなくても私にとって特別な存在になりました。とても勇気づけられました。学んだ多くの日本の習慣(例えばリサイクル、効率性、健康志向等)を米国に持ち帰り、家族と共有します。

クリークビュー高校から素敵なプレゼントをいただきました!

クリークビュー高校から素敵なプレゼントの写真1

クリークビュー高校から素敵なプレゼントの写真2

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マーク に変更してください)

ページトップへ戻る