KAKEHASHIプロジェクト / ニューヨーク市立イースト・ウェスト・オブ・インターナショナル・スタディーズ (ニューヨーク州)

2013年7月実施の招へい事業

高校生・第3陣
ニューヨーク市立イースト・ウェスト・オブ・インターナショナル・スタディーズ (ニューヨーク州)

日程 : 7月8日~7月18日
地方訪問先 : 愛知県西尾市
参加人数 : 25名

プログラム記録写真

全体オリエンテーションの写真
全体オリエンテーション

東京国立博物館での日本の歴史・文化研修の写真
東京国立博物館での日本の歴史・文化研修

浅草・浅草寺仲見世(伝統文化理解)の写真
浅草・浅草寺 仲見世
(伝統文化理解)

新幹線で愛知へ移動(日本の最先端技術体験)の写真
新幹線で愛知へ移動
(日本の最先端技術体験)

愛知県西尾市表敬訪問の写真
愛知県西尾市 表敬訪問

株式会社葵製茶訪問の写真
株式会社葵製茶訪問

愛知県立西尾高等学校 学校交流(授業参加)の写真
愛知県立西尾高等学校 学校交流
(授業参加)

愛知県立西尾高等学校 学校交流(茶道体験)の写真
愛知県立西尾高等学校 学校交流
(茶道体験)

愛知県立西尾高等学校 学校交流(弓道体験)の写真
愛知県立西尾高等学校 学校交流
(弓道体験)

ホームステイ体験の写真
ホームステイ体験

トヨタテクノミュージアム産業技術記念館(日本の最先端技術理解)の写真
トヨタテクノミュージアム産業技術記念館
(日本の最先端技術理解)

明治神宮(伝統文化理解)の写真
明治神宮
(伝統文化理解)

もんじゃ焼き体験(日本の食文化理解)の写真
もんじゃ焼き体験
(日本の食文化理解)

東京おもちゃ美術館(日本文化体験)の写真
東京おもちゃ美術館
(日本文化体験)

国会議事堂(日本社会理解)の写真
国会議事堂
(日本社会理解)

トヨタ・メガウェブ(日本の最先端技術理解)の写真
トヨタ・メガウェブ
(日本の最先端技術理解)

日本科学未来館(日本の最先端技術理解)の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

全体報告会の写真
全体報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • KAKEHASHIプロジェクトに参加して日本の「強み」や「価値」は、日本のポップカルチャーと科学技術にあると思います。どちらも他の国や文化に対して非常にユニークで魅力的だと思います。
  • このプログラムにおいて経験したことから、日本は技術的に進んでいるだけでなく、伝統的な面もあると思います。技術は私たちを魅了するし、日本の皆さんが内に秘めている伝統的な優しさが、私達に喜んで受け入れられているという思いを抱かせるので、これが日本の最大の強みだと感じます。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 誰もが外国人に対してこんなに親切で、しかも英語を全く話せない日本の方々でもみんな優しく親切であるとは思っていませんでした。また、日本の歴史や教育方針は他の国々と非常に異なっていると感じました。
  • このプログラムにより私の日本についての見方が変わることはなかったです。むしろ自分の考えを強固にしました。私は、日本は技術において驚嘆すべきことに満ち溢れ、親切で思いやりを持った人々のいるすごい国だと常に思っていました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 日本の歴史、特に江戸時代についてもっと学びたいと思います。また、茶道や剣道についても学び、活動に参加したいと思います。
  • この旅で沢山の経験をし、多くのことを学びましたが、日本の他の街や場所、そして日本の大学についてもっと知りたいと思います。また、日本人の生活についても学び、実際の経験をしたいです。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 私は高校生の間、日本語の勉強を続けたいと思います。また、私達の学校は毎年中国、韓国、または日本への旅行を主催しているので、来年日本への旅行に応募したいと思っています。それから、今回のKAKEHASHIプロジェクトに参加した友達とともに日本語関連のクラブを始めようと考えています。
  • 帰国後、様々な場所と出会った人々についてプレゼンテーションをしようと思っています。特に、日本人の動作振る舞い、態度についてそしてより良い社会にするために日本人から何を学ぶべきかについて、私達の学校の学生達に話をしたいと思います。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • 私は、「KAKEHASHI」という名前はこのプログラムに最適の名前だと思います。私にとって大変面白く、私の人生を変えるような経験でした。ですから、日本文化に興味のある人は誰でも参加出来るようにすべきだと思います。
  • この経験は、多くのことに私の目を開かせてくれました。日本の人々はとても優しく親切です。沢山の日本の学生達や人々、そしてKAKEHASHIプロジェクトに係わった人達と友達になることも出来ました。日本を去るのが本当に悲しいです。このような機会を得たことに本当に感謝しています。日本について多くを学びましたし、この経験をいつまでも思い出すでしょう。私の人生で最高のことのように思います。全てのことに感謝します。そして、まだ無数の人々が日本を訪れたいと思っているので、ぜひこのプロジェクトを続けてください。日本は私を自宅にいるような寛いだ気持ちにさせてくれました。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マーク に変更してください)

ページトップへ戻る