KAKEHASHIプロジェクト / フェアファックス郡グループ(バージニア州)

2013年7月実施の招へい事業

高校生・第2陣
フェアファックス郡グループ (レイクブラドック高校、ヘイフィールド高校、サウスレイク高校の学生によるグループ) (バージニア州)

日程 : 7月1日~7月11日
地方訪問先 : 三重県三重郡川越町
参加人数 : 25名

プログラム記録写真

全体オリエンテーションの写真
全体オリエンテーション

東京国立博物館での日本の歴史・文化研修の写真
東京国立博物館での日本の歴史・文化研修

浅草・浅草寺 仲見世(伝統文化理解)の写真
浅草・浅草寺 仲見世
(伝統文化理解)

川越火力発電所「テラ46」(環境への取り組み理解)の写真
川越火力発電所「テラ46」
(環境への取り組み理解)

三重県立川越高等学校 学校交流の写真
三重県立川越高等学校 学校交流

ホームステイ体験の写真
ホームステイ体験

伊勢神宮(地方の伝統文化理解)の写真
伊勢神宮
(地方の伝統文化理解)

新幹線で東京へ移動(日本の最先端技術体験)の写真
新幹線で東京へ移動
(日本の最先端技術体験)

明治神宮(伝統文化理解)の写真
明治神宮
(伝統文化理解)

東京おもちゃ美術館(日本文化体験)の写真
東京おもちゃ美術館
(日本文化体験)

お好み焼き体験(日本の食文化理解)の写真
お好み焼き体験
(日本の食文化理解)

国会議事堂(日本社会理解)の写真
国会議事堂
(日本社会理解)

トヨタ・メガウェブ(日本の最先端技術理解)の写真
トヨタ・メガウェブ
(日本の最先端技術理解)

日本科学未来館(日本の最先端技術理解)の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

全体報告会の写真1
全体報告会

全体報告会の写真2
全体報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1.KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本はとても発展しつつも古くからの文化や伝統を守り続けています。環境に優しい社会作りに努めて続けていることも色々な場面で見ることができ、驚きでした。また、人々はとても気さくで友好的です。
  • 日本の強みは、人々の温かさ、クールな観光地、健康的な食事、そして興味深い活動にあると感じました。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 思っていたよりずっと日本人は英会話が上手でした。10日間の訪問で、日本の学生や大人はそれほど恥ずかしがり屋でも控え目ではないと知りました。
  • 日本に対する印象はよくなりました。私の期待を大きく上回る素晴らしい国でした。日本は伝統を重んじながら同時に斬新な創造性を持ち合わせた国だと思いました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 日本ではホームステイもありましたが、今後はもっと日本人の実生活を学びたいと思います(お客さんとしてではなく)。また、例えば地方と都市部ではきっと生活の様子に違いがあると思うので、日本各地の生活の違いを比較してみたいと思います。
  • もっと日本の歴史を知りたいと思います。そして将来日本をまた訪れた時には日本人とより深い会話ができるように、もっと日本語の力をつけたいです。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • より深い日本語理解のために、日本語と日本文化を学び続け、出来れば日本に留学したいと思います。もちろん、ホストファミリーとずっと連絡を取り合っていきたいです。
  • 日本語学習を続けながら、日本を紹介できる事業やボランティア活動の機会を探そうと思います。帰国後、国際交流活動に関わり、海外からの、特に日本からの学生の受け入れに積極的に関わろうと思います。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • ホームステイはとても楽しく、安らぎの時間でした。また、決して忘れることのできない友達を作ることができました!もっと長い時間、ホームステイや学校訪問をしていたかったです!KAKEHASHIプロジェクトは本当に素晴らしい機会を与えてくれました!
  • 本当に素晴らしい経験で、もっと長い時間滞在できたらと感じました。ホームステイは実はちょっと心配で、不安でした。でも、一番のお気に入りプログラムになりました。ホームステイをとおして日本文化への理解がとても深まりました。このプログラムが大好きになりました。たぶん、僕の人生の中で最高の思い出になります。もう少しホストファミリーとの時間があったらとは思いますが、プログラムは全てとても良かったです。そして、この事業に参加し将来も日本を専攻したい、できれば日本に住みたいと願うようになりました。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マーク に変更してください)

ページトップへ戻る