KAKEHASHIプロジェクト / リバティ高校 (ワシントン州)

2013年7月実施の招へい事業

高校生・第3陣
リバティ高校 (ワシントン州)

日程 : 7月8日~7月18日
地方訪問先 : 京都府舞鶴市
参加人数 : 25名

プログラム記録写真

全体オリエンテーションの写真
全体オリエンテーション

東京国立博物館での日本の歴史・文化研修の写真
東京国立博物館での日本の歴史・文化研修

京都府舞鶴市役所 表敬訪問の写真1
京都府舞鶴市役所 表敬訪問

京都府舞鶴市役所 表敬訪問の写真2
京都府舞鶴市役所 表敬訪問

京都府舞鶴市役所 表敬訪問の写真3
京都府舞鶴市役所 表敬訪問

五老スカイタワー(地方の自然文化体験)の写真1
五老スカイタワー
(地方の自然文化体験)

五老スカイタワー(地方の自然文化体験)の写真2
五老スカイタワー
(地方の自然文化体験)

五老スカイタワー(地方の自然文化体験)の写真3
五老スカイタワー
(地方の自然文化体験)

舞鶴赤れんがパーク(地方の歴史的建造物理解)の写真1
舞鶴赤れんがパーク
(地方の歴史的建造物理解)

舞鶴赤れんがパーク(地方の歴史的建造物理解)の写真2
舞鶴赤れんがパーク
(地方の歴史的建造物理解)

舞鶴赤れんがパーク(地方の歴史的建造物理解)の写真3
舞鶴赤れんがパーク
(地方の歴史的建造物理解)

京都府東舞鶴高等学校 学校交流(書道体験)の写真1
京都府東舞鶴高等学校 学校交流
(書道体験)

京都府東舞鶴高等学校 学校交流(書道体験)の写真2
京都府東舞鶴高等学校 学校交流
(書道体験)

京都府東舞鶴高等学校 学校交流の写真
京都府東舞鶴高等学校 学校交流

舞鶴引揚記念館(地方の歴史文化理解)の写真1
舞鶴引揚記念館
(地方の歴史文化理解)

舞鶴引揚記念館(地方の歴史文化理解)の写真2
舞鶴引揚記念館
(地方の歴史文化理解)

舞鶴引揚記念館(地方の歴史文化理解)の写真3
舞鶴引揚記念館
(地方の歴史文化理解)

舞鶴引揚桟橋(地方の歴史文化理解)の写真1
舞鶴引揚桟橋
(地方の歴史文化理解)

舞鶴引揚桟橋(地方の歴史文化理解)の写真2
舞鶴引揚桟橋
(地方の歴史文化理解)

舞鶴ふるるファーム(地方の自然文化体験)の写真1
舞鶴ふるるファーム
(地方の自然文化体験)

舞鶴ふるるファーム(地方の自然文化体験)の写真2
舞鶴ふるるファーム
(地方の自然文化体験)

ホストファミリー対面式の写真1
ホストファミリー対面式

ホストファミリー対面式の写真2
ホストファミリー対面式

ホームステイ体験の写真1
ホームステイ体験

ホームステイ体験の写真2
ホームステイ体験

ホームステイ体験の写真3
ホームステイ体験

明治神宮(伝統文化理解)の写真
明治神宮
(伝統文化理解)

東京おもちゃ美術館(日本文化体験)の写真
東京おもちゃ美術館
(日本文化体験)

日本科学未来館(日本の最先端技術理解)の写真1
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

日本科学未来館(日本の最先端技術理解)の写真2
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

全体報告会の写真1
全体報告会

全体報告会の写真2
全体報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本は伝統文化の価値観を保ち続けてきたと同時に、現代技術と西洋文化を受け入れています。今回の訪日で出会った人々は歓迎してくれ、友好的で外交的で、助けてくれました。また、日本は先進的でよく発達したインフラと公共交通機関を持っており、特に新幹線は素晴らしかったです。日本人は自分のコミュニティーに誇りを持っていると思いました。
  • 他者が何を必要としているかということへの配慮は、日本人の強さと同時に外国人にとって日本が魅力的な国である要素の一つだと思います。それは日本のイメージを強力なものにしています。日本人は他者への尊重を持って対応していることから、団結していると思います。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 子供の頃、日本は現代技術が溢れたきれいな街だと思っていました(仲の良い友達と日本を訪れたいというのが長い間の夢でした)。今回の訪問はそれを完全に裏付ける形になりました。同様に、伝統文化と共に田舎の自然がとてもよく保たれていることは、私の日本に対するイメージを更に良くしました。
  • 日本への見方は、期待通りのもので、変わることはありませんでした。それはすごいことです。私自身驚いたのは、その見方が更に素晴らしいものになり、更なる驚きになったことです(そうなるなんて、有り得ないと思っていました)。また技術が素晴らしいことだけでなく、通りがとても整備されており、何もかもがきれいであることは本当にすごいことだと思います。私の日本への見方は「素晴らしい!」から「最高!!!!」へと変わりました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • アメリカに帰国したら、高校で日本語の授業を選択し、日本への理解を心にとどめ、それを深めていきます。日本語がどのように機能するのか、そして日本文化を更によく理解したいと本当に思います。具体的に言うと、より現代的になっているポップカルチャーを理解したいです。
  • アメリカに戻ったら、日本経済について学びたいです。ビジネスを専攻したいです。日本経済は世界経済への影響力があるものの一つだと感じます。今回の訪日でも、顧客サービスの重要性を気づきました。この分野についての理解を深めたいです。日本について知りたいもう一つのことは、日本語です。次回、日本に来た時には、片言の文を使わずに日本人との会話を長くできるようにしたいです。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 日本と関係のある国際的な仕事につけるようにトライします。ボーイング社のエンジニアになり、日本人の同僚と働きたいです。いつか日本に戻ってきたいです。このプロジェクトでの話、日本について周りの人に話します。日本で会った人々と連絡を取り続けます。
  • 日本で英語教師として仕事に就くことに興味があります。そして、日本人の学生にアメリカで仕事を探してもらいたいです。日本に戻ってきて、時間をたっぷり使い日本について知識を身につけ、分かち合いたいです。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • この訪日は全体的な感想として、とても大きな感動を与えてくれました。世界を他の角度から見ることで、一人の人間として成長していると感じました。日本に来るということは人生を新たに始めるという感じがします。ことば、文化、食べ物、そして人々に適応しなければなりません。他の旅行では得られない国際感覚を身に付けた感じがします。この訪日は、これから先の人生で大切に持っていく新たな見識、体験そして思い出を与えてくれました。この世界での私という人間の大きさ、サイズについて気づかせてくれました。
  • 今回の交流プログラムは以前からの私の夢でした。この経験は一生涯残る経験です。明治神宮は都内にいることを思わせないきれいで静かな自然ある地域です。ホームステイは素晴らしかったです。神社やお祭りに行くと同様に、温泉に行ったことや花火をしたことなどで、日本文化の体験ができました。自分自身が日本人のハーフであることから、自分の文化背景を多く学びました。この思い出を永遠に大切にしていきたいです。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マーク に変更してください)

ページトップへ戻る