KAKEHASHIプロジェクト / マリアナ高校 (サイパン)

2013年7月実施の招へい事業

高校生・第3陣
マリアナ高校 (サイパン)

日程 : 7月8日~7月18日
地方訪問先 : 大分県佐伯市
参加人数 : 25名

プログラム記録写真

江戸東京博物館(日本文化歴史体験)の写真
江戸東京博物館
(日本文化歴史体験)

全体オリエンテーションの写真
全体オリエンテーション

東京国立博物館での日本の歴史・文化研修の写真
東京国立博物館での日本の歴史・文化研修

浅草・浅草寺 仲見世(伝統文化理解)の写真
浅草・浅草寺 仲見世
(伝統文化理解)

別府市竹細工伝統産業会館(地方の自然・文化体験)の写真
別府市竹細工伝統産業会館
(地方の自然・文化体験)

大分県立佐伯鶴城高校 学校交流の写真
大分県立佐伯鶴城高校 学校交流

ホームスティ体験の写真
ホームスティ体験

豊後二見ヶ浦(地方の自然体験)の写真
豊後二見ヶ浦
(地方の自然体験)

臼杵石仏(地方の文化体験)の写真
臼杵石仏
(地方の文化体験)

明治神宮(伝統文化理解)の写真
明治神宮
(伝統文化理解)

東京おもちゃ美術館(日本文化体験)の写真
東京おもちゃ美術館
(日本文化体験)

秋葉原電気街(クールジャパン理解)の写真
秋葉原電気街
(クールジャパン理解)

国会議事堂(日本社会理解)の写真
国会議事堂
(日本社会理解)

トヨタ・メガウェブ(日本の最先端技術理解)の写真
トヨタ・メガウェブ
(日本の最先端技術理解)

お台場ダイバーシティ東京(クールジャパン理解)の写真
お台場ダイバーシティ東京
(クールジャパン理解)

日本科学未来館(日本の最先端技術理解)の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

全体報告会の写真
全体報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本の強み、魅力として、日本社会にある規律、効率性、技術、そして特にポップカルチャーが挙げられると思います。日本ではどこへ行っても、敬意と規律が大きな特徴として見受けられました。町の小さなコンビニでさえ、来店者一人一人に店員が挨拶をしていました。また竹やプラスチック、アルミなどを活用していることも挙げられます。
  • 日本の強みはその伝統であり、現代社会においてもその伝統を守る姿勢にあると思います。日本人は何でも大事に扱い、お互いへの尊敬の念を持っています。この点が誰をも惹きつける日本の特徴の一つとなっています。日本人の優しさや性質はとても魅力的です。また、神社仏閣や歴史的建造物なども興味深いものがあります。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • アニメとモダンテクノロジーが日本に対する第一印象でした。今回初めて日本を訪れて気付いたのは、私達を歓迎してくれた日本人のおもてなしの気持ちです。また、滞在中、日本人が宗教や国の成り立ちにも大きな関心を持っていることにも気が付きました。
  • 今までは、日本やその文化を過小評価していました。今回のこの素晴らしい国に訪問したことは衝撃でした。生活に対する考え方が変わりました。また生活を尊びより良いものにすべきと知りました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 日本語を上手にしゃべれるようになりたいです。そのためには帰国してからも勉強しなくてはなりません。江戸時代や、竹細工、そして今回は実際に目にすることは叶いませんでしたが、多くの旅行者を魅了する桜のことももっと知りたいです。また、盆栽がどのように育つのか興味があります。
  • 日本で大人として一人暮らしをするのはどんな感じなのか、どうやって生活をスタートさせるのか知りたいです。また、ポップカルチャー、伝統的な食べ物、宗教行事についても知りたいと思います。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 友達と家族全員に、今回の訪問がどんなに素晴らしかったか、そして皆も日本に行くべきだとなぜ私が考えているか、説明したいと思います。同時に日本で知り合った友達はもちろん、国際交流基金とも連絡を取り続けたいです。将来はアメリカ人が日本に来るよう働きかけることで、今回のようなプログラムのお手伝いがしたいです。
  • 日本のことを誰かに聞かれたら、日本に行くべきだと強く勧めます。日本の美、文化、伝統、魅力は言葉では語り尽くせません。経験して初めて知ることが出来るのです。言葉だけでは、日本を訪れることの本当の意味を知る手がかりも掴めないと思います。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • 初めての訪問だったので、素晴らしい経験になりました。日本に対する認識が広まりました。日本人が自国の文化と家族を大事にしていることを学びました。おもてなしの心にあふれる日本人が大好きになりました。日本人が勤勉であることも大変大事なことだと思いました。
  • 今回経験したことで人生が変わりました。こんなに美しい国だったのだと気が付きました。KAKEHASHIプロジェクトでは、私達参加者が必要とし望んだもの全てに、配慮がなされていました。このようなプロジェクト実施に政府が参画しているのは、素晴らしいことと思いました。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マーク に変更してください)

ページトップへ戻る