KAKEHASHIプロジェクト / ノーザン・ヴァリー学校区 (ニュージャージー州)

2013年7月実施の招へい事業

高校生・第3陣
ノーザン・ヴァリー学校区 (ニュージャージー州)

日程 : 7月8日~7月18日
地方訪問先 : 山口県下関市
参加人数 : 25名

プログラム記録写真

全体オリエンテーションの写真
全体オリエンテーション

東京国立博物館での日本の歴史・文化研修の写真
東京国立博物館での日本の歴史・文化研修

浅草・浅草寺 仲見世(伝統文化理解)の写真1
浅草・浅草寺 仲見世
(伝統文化理解)

浅草・浅草寺 仲見世(伝統文化理解)の写真2
浅草・浅草寺 仲見世
(伝統文化理解)

山口県下関市 海峡ゆめタワーの写真
山口県下関市 海峡ゆめタワー

山口県下関市赤間神宮(地方の伝統文化理解)の写真
山口県下関市赤間神宮
(地方の伝統文化理解)

山口県下関市役所 表敬訪問(日本語での挨拶)の写真
山口県下関市役所 表敬訪問
(日本語での挨拶)

山口県下関 中尾友昭市長 表敬訪問の写真
山口県下関 中尾友昭市長 表敬訪問

山口県しものせき水族館「海響館」(地方の海洋環境体験)の写真
山口県しものせき水族館「海響館」
(地方の海洋環境体験)

山口県立下関南高等学校 学校交流の写真1
山口県立下関南高等学校 学校交流

山口県立下関南高等学校 学校交流の写真2
山口県立下関南高等学校 学校交流

ホストファミリーとの対面式の写真
ホストファミリーとの対面式

ホームステイ体験の写真
ホームステイ体験

関門トンネル人道の写真
関門トンネル人道

山口県下関市火の山公園(地方の自然・文化体験)の写真
山口県下関市火の山公園
(地方の自然・文化体験)

長府毛利邸(地方の歴史文化体験)の写真
長府毛利邸
(地方の歴史文化体験)

明治神宮(伝統文化理解)の写真1
明治神宮
(伝統文化理解)

明治神宮(伝統文化理解)の写真2
明治神宮
(伝統文化理解)

お好み焼き体験(日本の食文化理解)の写真
お好み焼き体験
(日本の食文化理解)

東京おもちゃ美術館(日本文化体験)の写真
東京おもちゃ美術館
(日本文化体験)

秋葉原(クールジャパン理解)の写真
秋葉原
(クールジャパン理解)

夕食「乾杯!」(日本の食文化理解)の写真
夕食「乾杯!」
(日本の食文化理解)

国会議事堂(日本社会理解)の写真
国会議事堂
(日本社会理解)

トヨタ・メガウェブ(日本の最先端技術理解)の写真
トヨタ・メガウェブ
(日本の最先端技術理解)

日本科学未来館(日本の最先端技術理解)の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

全体報告会の写真
全体報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本では人々がとても団結しているということが分かりました。皆が一緒になって何かをやっています。学校では生徒達が教室を一緒に掃除します。また、温泉では皆が一緒になって寛いでいます。このような団結力があるから、日本人はお互いを強く信用しあっているのだと感じました。例えばお店に入る時、入口に傘を置いたままにしたり、自転車に鍵をかけない人がいることもその表れのように思えます。
  • 日本の強みは日本人の国民性と技術、日本の魅力は文化や歴史だと思います。ホームステイを体験したとき、私のホストファミリーは心からのおもてなしをしてくれました。それは私の予想をはるかに上回るものでした。日本の魅力であるゲームやアニメ、食べ物、経済面、ファッション、歴史などに強く惹きつけられました。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 日本に対してはアニメの中やマスコミで流れているような近代的で都会のイメージしか持っていませんでした。日本の地方を見たことで日本がもっと好きになりました。美術館、博物館、神社仏閣、展望台、その他の見所など、日本の全てが素晴らしいということに気付きました。
  • 日本は一見とても西洋化しているように思えましたが、すぐに文化的なところがあるのだと分かりました。訪問を通して素晴らしいと思うことばかりでした。帰りたくなかったです。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 今後もより高いレベルの日本語教育を受けていきたいと思っています。また日本の文化的側面を探求していきたいと思っています。
  • 日本語をもっと学習しようと思いました。今回の訪問ではほんの少しの日本語しか分かりませんでした。帰国したら、日本語を勉強して今度来た時はもっと分かるようになりたいです。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 今後も日本の勉強を続けるつもりです。日本留学プログラムがあるような大学に入学して日本語が活用できるような仕事につきたいです。できればアメリカの文化と日本の文化をつなぐような分野の仕事をしてみたいです。今後日本とどのように係わっていけるかはまだはっきりとは分かりませんが、考えてみます。
  • 日本語のクラスやクラブに入って日本についての知識を高めたいです。いつか家族を日本に連れてきたいと思っています。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • KAKEHASHIプロジェクトは私が体験した最も素晴らしいことのひとつです。小さい頃から行ってみたいと思っていたところに行く機会を頂いたということだけではありません。このプログラムを策定して頂いた日本政府にお礼を言いたいと思います。温かく迎えてくださったホストファミリーの皆さん、ありがとうございました。また、私達を受け入れて下さった下関南高校の皆さんにも感謝します。学校での活動はとても楽しかったです。日本に来ることが出来て、天国にいるような気分です。日本に戻ってきたい、住んでみたい!と思います。それ以上の言葉で私の体験したことを表すことはできません。KAKEHASHIの訪問を可能にして下さった皆さん、ありがとう!
  • 空港に足を踏み入れた時から、日本に歓迎されていると感じました。どこに行っても温かく迎えてくれて居心地が良かったです。特にホームステイを通して、僕の日本人に対する印象が大きく向上しました。ホストマザーは心から歓迎してくれて、僕が本当の息子のように接してくれ、気持ちよく過ごせるように最大限の気配りをしてくれました。また、子供達も僕がお兄さんであるかのように礼儀正しく接してくれました。お別れの時、ホストマザーは泣いていました。また、I love you! と言ってくれました。日本では素晴らしい体験をすることができました。今回の訪問、ホストファミリー、日本で出来た友達のことは決して忘れません。KAKEHASHIプロジェクトへ参加させて頂いてありがとうございました。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マーク に変更してください)

ページトップへ戻る