KAKEHASHIプロジェクト / ドクター・フィリップス高校 (フロリダ州)

2013年7月実施の招へい事業

高校生・第4陣
ドクター・フィリップス高校 (フロリダ州)

日程 : 7月15日~7月25日
地方訪問先 : 千葉県千葉市
参加人数 : 24名

プログラム記録写真

全体オリエンテーションの写真
全体オリエンテーション

東京国立博物館での日本の歴史・文化研修の写真
東京国立博物館での日本の歴史・文化研修

浅草・浅草寺 仲見世(伝統文化理解)の写真
浅草・浅草寺 仲見世
(伝統文化理解)

海ほたる(日本の最先端技術理解)の写真
海ほたる
(日本の最先端技術理解)

成田山新勝寺(地方の伝統文化理解)の写真
成田山新勝寺
(地方の伝統文化理解)

佐原の町並み(地方の伝統文化・歴史理解)の写真
佐原の町並み
(地方の伝統文化・歴史理解)

水郷佐原山車会館(地方の伝統文化・歴史理解)の写真
水郷佐原山車会館
(地方の伝統文化・歴史理解)

佐原の並木仲之助商店(地方の伝統文化・歴史理解)の写真
佐原の並木仲之助商店
(地方の伝統文化・歴史理解)

千葉市立稲毛高等学校 学校交流(太巻きずし作り体験)の写真
千葉市立稲毛高等学校 学校交流
(太巻きずし作り体験)

千葉市立稲毛高等学校 学校交流(交流会)の写真
千葉市立稲毛高等学校 学校交流
(交流会)

千葉市立稲毛高等学校 学校交流(箸作り体験)の写真
千葉市立稲毛高等学校 学校交流
(箸作り体験)

ホームステイ体験の写真
ホームステイ体験

浦安市役所 表敬訪問の写真
浦安市役所 表敬訪問

浦安市役所 表敬訪問(茶道体験)の写真
浦安市役所 表敬訪問
(茶道体験)

浦安市内散策 大蓮寺(地方の伝統文化理解)の写真
浦安市内散策 大蓮寺
(地方の伝統文化理解)

明治神宮(伝統文化理解)の写真
明治神宮
(伝統文化理解)

日本科学未来館(日本の最先端技術理解)の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

もんじゃ焼き体験(日本の食文化理解)の写真
もんじゃ焼き体験
(日本の食文化理解)

原宿(クールジャパン理解)の写真
原宿
(クールジャパン理解)

国会議事堂(日本社会理解)の写真
国会議事堂
(日本社会理解)

トヨタ・メガウェブ(日本の最先端技術理解)の写真
トヨタ・メガウェブ
(日本の最先端技術理解)

東京都現代美術館「マンガのちから」展覧会(クールジャパン理解)の写真
東京都現代美術館「マンガのちから」展覧会
(クールジャパン理解)

パックンとの対話セッションの写真
パックンとの対話セッション

全体報告会の写真
全体報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 効率:交通機関など。
    清潔:地面にゴミが落ちていることはないです。
    豊かな文化:歴史や文化が良く保存されています。
    正直:人々は誠実で正直です。
    安全:犯罪率が極めて低い。
    誠実:サービスはとても丁寧で、助かります。
    先進性:高度な技術。
  • 日本の強みは、人々の他人に対する誠実さと環境保護といった次世代への思いやりです。こうしたことに加え、文化と伝統が取り入れられていることが、人々をひとつにしていると思います。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 私の日本に対する見方は劇的に変化しました。日本人は皆厳しくて保守的であると思って来日しましたが、皆とても親切で優しく、また、アメリカ人とあまり違うところはないということを知りました。
  • 日本人とアメリカ人とは、かなり違うところもありますが、似ているところも多いことを知り驚きました。共通点を通じてすぐに友達を見つけることができました。しかし、ファッションやポップカルチャーなどの違いは、大変興味深かったです。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • これからも日本文化や日本語を母国語とする人々についてもっと深く学びたいと思います。日本で過ごした10日間は、授業で勉強した1年間に相当するように感じました。また、この10日間の滞在で学んだことで、日本の文化がどうしてこのようであるかを理解できるようになりました。
  • 基金のウェブサイトを利用して日本語学習を継続したいです。また、仏教や神道について研究し、日本人の宗教観というものを理解したいと思います。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 私の学校のインターナショナルスタディプログラムで、「ジャパン ナイト」を開催します。そこで、日本文化の興味深いさまざまな一面を皆と共有します。また、新しくできた友達やホストファミリーと連絡を取り合ったり、KAKEHASHI プロジェクトの話を広めたりしたいと思います。
  • フェイスブックなどのソーシャルメディアを通して、ホストファミリーと連絡を取り合うだけでなく、私自身が今回学んだ日本のポジティブな面を広めていきたいです。また、私の学校では、私達が学んだ文化経験を地域に紹介するために「ジャパン ナイト」を開催する予定です。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • このプロジェクトで良かったことは、同年代の日本人の学生達と知り合うことができたこと、また、交流を通して私達がどれ程違うやり方で物事を行うかを知ることができたことです。たった1日一緒に過ごしただけで、多くの友人を作ることができましたが、できればもっとずっと一緒にいたかったです。私の友人たちを再訪するために、是非とも日本に戻ってきたいと思います。
  • 日本での経験は、他と比べようのないくらいのものでした。日本文化の伝統的な面と現代的な面の両方について多くを学ぶことができました。また、異なる文化で暮らす人々同士がこんなにも容易に強い友情で結ばれることできるのだということを知りました。私のホストファミリーは最高で、想像していた以上の経験をすることができました。KAKEHASHIプロジェクトは、本当に素晴らしかったです!

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マーク に変更してください)

ページトップへ戻る