KAKEHASHIプロジェクト / グラント高校及びルーズベルト高校 (オレゴン州)

2013年7月実施の招へい事業

高校生・第4陣
グラント高校及びルーズベルト高校 (オレゴン州)

日程 : 7月15日~7月25日
地方訪問先 : 奈良県桜井市、高市郡
参加人数 : 25名

プログラム記録写真

全体オリエンテーションの写真
全体オリエンテーション

東京国立博物館での日本の歴史・文化研修の写真
東京国立博物館での日本の歴史・文化研修

浅草・浅草寺 仲見世(伝統文化理解)の写真
浅草・浅草寺 仲見世
(伝統文化理解)

奈良県庁 表敬訪問の写真
奈良県庁 表敬訪問

奈良県についての講義(地方理解)の写真
奈良県についての講義
(地方理解)

東大寺(地方の伝統文化・歴史理解)の写真
東大寺
(地方の伝統文化・歴史理解)

シャープ株式会社 シャープミュージアム(日本の最先端技術理解/地方の産業理解)の写真
シャープ株式会社 シャープミュージアム
(日本の最先端技術理解/地方の産業理解)

奈良県立高取国際高等学校 学校交流(茶道体験)の写真
奈良県立高取国際高等学校 学校交流
(茶道体験)

奈良県立高取国際高等学校 学校交流(歓迎会)の写真
奈良県立高取国際高等学校 学校交流
(歓迎会)

奈良県立桜井高等学校 学校交流(茶道体験)の写真
奈良県立桜井高等学校 学校交流
(茶道体験)

奈良県立桜井高等学校 学校交流(歓迎会)の写真
奈良県立桜井高等学校 学校交流
(歓迎会)

ホームステイ体験の写真1
ホームステイ体験

ホームステイ体験の写真2
ホームステイ体験

大和ハウス工業株式会社 工業総合技術研究所(日本の最先端技術理解/地方の産業理解)の写真
大和ハウス工業株式会社 工業総合技術研究所(日本の最先端技術理解/地方の産業理解)

明治神宮(伝統文化理解)の写真
明治神宮
(伝統文化理解)

日本科学未来館(日本の最先端技術理解)の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

国会議事堂(日本社会理解)の写真
国会議事堂
(日本社会理解)

トヨタ・メガウェブ(日本の最先端技術理解)の写真
トヨタ・メガウェブ
(日本の最先端技術理解)

東京都現代美術館「マンガのちから」展覧会(クールジャパン理解)の写真
東京都現代美術館「マンガのちから」展覧会
(クールジャパン理解)

パックンとの対話セッションの写真
パックンとの対話セッション

全体報告会の写真
全体報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1.KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本の大きな強みは、美しい建物と景色だけでなく、質の高いサービス、礼儀正しさ、清潔さであると思いました。また、高校生のレベルの高さや教育の価値観もとても魅力的な財産だと思いました。
  • 日本の強みは日本の人々だと思います。日本人はすべての社会層の人々と生活環境に対して最大の敬意を表しますが、米国ではこの2つの事を達成するのに苦労しています。また、日本の文化についてほとんど知らなかったのですが、日本の文化はとても魅力的だと感じました。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 日本の生活や文化、その他にも多くの事を実際に体験することができました。また、日本をより正しく理解でき、たくさんの日本の魅力を発見しました。
  • 日本に来る前は厳しい大人やアニメ・漫画やクローン(コピー)といったステレオタイプな情報ばかり持っていました。今回の訪問を通じて、日本は強く、とても知的で友好的な社会であり、また、日本人は美しい自国にとても愛着をもっていることがわかりました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 私はもっと日本語レベルを高めたいです。また、日本の環境維持および環境保全事業に焦点をあてて、地元企業やメーカー等の取り組みについて学びたいと考えています。
  • 私は日本の学校運営について学びたいと思っています。米国の学校には日本の学校が持つ地域社会との連携・調和が不足しています。日本の学校のよい面を私が通っている高校でも取り入れるようにしたいと希望しています。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 米国に帰ったら、今回の有意義な経験を友人や家族と共有し、また、海外留学や若者間のグローバルなネットワークを構築していきたいと思います。
    未来は若い世代にかかっていて、より強固な日米関係のために、今後もお互いの国に関心を持ち、教育に力をいれていかなくてはならないと考えます。
  • 私は日本語と日本の文化をこれからも学び続け、いつか日本で勉強し、日本で英語を教えてみたいです。日本での経験を地域社会に伝え、クラスメートに日本留学を勧めます。公立高校の日本語コースが充実するように努力したいと考えています。また、日本のメディアにもっと注意を向けていきたいと思います。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • 日本での経験は私の人生が変わるほど素晴らしいものでした。今後、(もっと健康的なものを食べ、)一生懸命に勉強して、また日本に戻ってきたいです。来年の夏は大学の日本留学枠に応募する予定です。
    このプロジェクトではホームステイが一番の思い出になりました。日本の家族と生活を共にして日本への理解が深まり、日本は私の第二の故郷になりました。大学卒業後は日本で英語を教え、私の教え子がいつか米国を訪問してくれたらという夢ができました。高校で日本語を勉強して本当によかったと思っています。
  • 訪問先の歴史的な建物や街並みはそこでしか見ることができないもので、とても感動しました。奈良県のシャープミュージアムでは日本の先進技術に驚き、日本でこの分野の仕事をしてみたいと感じました。そして、ホームステイは私にとって一番の思い出となりました。言葉の壁はありましたが、お互いに理解しあうことができました。ホストファミリーとは、生涯にわたり連絡を取り続けていきたいです。このような機会を与えてくれたKAKEHASHIプロジェクトにとても感謝しています。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マーク に変更してください)

ページトップへ戻る