KAKEHASHIプロジェクト / ランパート高校 (コロラド州)

2013年7月実施の招へい事業

高校生・第4陣
ランパート高校 (コロラド州)

日程 : 7月15日~7月25日
地方訪問先 : 和歌山県新宮市
参加人数 : 25名

プログラム記録写真

全体オリエンテーションの写真
全体オリエンテーション

東京国立博物館での日本の歴史・文化研修の写真
東京国立博物館での日本の歴史・文化研修

浅草・浅草寺 仲見世(伝統文化理解)の写真
浅草・浅草寺 仲見世
(伝統文化理解)

新宮市役所 田岡実千年市長 表敬訪問の写真
新宮市役所 田岡実千年市長 表敬訪問

和歌山県立新宮高等学校 学校交流の写真
和歌山県立新宮高等学校 学校交流

和歌山県立新宮高等学校 学校交流(習字体験)の写真
和歌山県立新宮高等学校 学校交流
(習字体験)

和歌山県立新宮高等学校 学校交流(弓道体験)の写真
和歌山県立新宮高等学校 学校交流
(弓道体験)

和歌山県立新宮高等学校 学校交流(平安時代の着物体験)の写真1
和歌山県立新宮高等学校 学校交流
(平安時代の着物体験)

和歌山県立新宮高等学校 学校交流(平安時代の着物体験)の写真2
和歌山県立新宮高等学校 学校交流
(平安時代の着物体験)

熊野古道(地方の自然文化体験)の写真
熊野古道
(地方の自然文化体験)

那智大滝(地方の自然文化体験)の写真
那智大滝
(地方の自然文化体験)

明治神宮(伝統文化理解)の写真
明治神宮
(伝統文化理解)

日本科学未来館(日本の最先端技術理解)の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

もんじゃ焼き体験(日本の食文化理解)の写真
もんじゃ焼き体験
(日本の食文化理解)

国会議事堂(日本社会理解)の写真
国会議事堂
(日本社会理解)

トヨタ・メガウエブ(日本の最先端技術理解)の写真
トヨタ・メガウエブ
(日本の最先端技術理解)

パックン(卒業生)との対話セッションの写真
パックン(卒業生)との対話セッション

全体報告会の写真
全体報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 素晴らしい日本の人々とその国民性が日本の魅力だと思います。日本人はみんなが親切です。日本は伝統文化と新しい考え方が結びついた素晴らしい国です。
  • 日本はとても美しい国です。人々は信じられないくらい誠実で、あたたかいおもてなしの心を持っています。また、日本は自然とビジネスがともに発展し、都会と田舎が見事に調和した国です。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 考え方が変わったところはありませんが、今回の訪問を通じて日本に対する思いが益々強くなりました。私は日本が大好きです。小さな町や東京のような大都会、日本はどこも素晴らしいところばかりです。
  • 日本の歴史に関する知識はありましたが、現代の日本についてのイメージはあまり持っていませんでした。しかしこのKAKEHASHIプロジェクトのおかげで、日本がいかに現代的であるかということと、毎日の生活に歴史や伝統がいかにうまく溶け込んでいるのかということの両方を知ることができました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 日本のファッションについてもっと学びたいと思います。日本のファッション界はとても進んでいて、日本の人々は(米国人と違って)とてもおしゃれでした。
  • また日本に来たいので、日本への留学プログラムや日本で働く方法などを調べたいと思います。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 私は大学に行ったら情報ビジネス管理を専攻するつもりですが、海外留学も視野に入れています。留学をするなら東京大学で学びたいと考えています。
  • 日本で経験したことや撮った写真すべて家族や友人と共有するつもりです。日本での滞在がどのようなものだったのか伝えます。またホストファミリーとも連絡を取り続けたいと思います。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • このプロジェクトは私に日本を訪れる機会を与えてくれた素晴らしいプロジェクトです。プログラムは見事に計画・運営され、訪問先はどこも素敵な場所ばかりでした。それぞれの場所で、日本の様々な魅力を体験することができました。このプロジェクトで私の日本へ対する情熱が高まり、日本に戻り、日本で暮らすという目標ができました。
  • 私はKAKEHASHIプロジェクトに参加するという機会を得て、素晴らしい経験をすることができ、とても感謝しています。お寺などで文化や伝統を学んだり、ホームステイを経験したり、いろいろな種類の日本食も体験することができました。その他にも日本のメディアや最先端技術、ファッションなどたくさん見学しました。また、新宮高校の訪問を通じて日本の高校生の授業や部活動等の学校生活や放課後の過ごし方など、同世代の学生の日常についても理解が深まりました。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
国際交流基金 青少年交流室
TEL:03-5369-6022 FAX:03-5369-6042
メールアドレス : infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マーク に変更してください)

ページトップへ戻る